ドラマ「アルジャーノンに花束を」 Last Story

2015年06月13日(土) 00時05分
感無量です。
いい終わり方でしたね。

友達、家族、恋人、優越感や劣等感ってどういうことなのか、それを白鳥咲人という人を通して問いかけたお話。

そして、やはりラストを起点にして逆算しまくったお話。
そこに関係する人を絡ませて。

感動の感想はたぶん大勢の方が書かれるでしょうから、私は主に構成について感じたことを書こうと思います。

ドラマ「アルジャーノンに花束を」 Story 9

2015年06月06日(土) 00時10分
ラストから逆算して作ったお話。
回を追う毎にそれがとてもよくわかる。
もちろん原作がある話だから、その逆算やプロットは作りやすいでしょう。

とはいえ、その緻密さは感心する。
要するにこのドラマは最終回を起点としている。

ドラマ「アルジャーノンに花束を」 Story 8

2015年05月29日(金) 23時55分
ここに来て動きが緩やかになったような。
やはり遥香と咲人の恋愛については、急いだ展開だったのかも。
急いだというか、本題に早く移るために。

ドラマ「アルジャーノンに花束を」を見て思うこと

2015年05月23日(土) 18時15分
本当は、今日は映画「ハッピーランディング」の公開記念番組について、ここで書こうと思っていたけれど、その番組は既にネット配信されているドラマがほとんどだったので、改めて書くこともないかな。
もちろん映画の公開はとても楽しみにしています。

ということで、今日は現在放送中のドラマ「アルジャーノンに花束を」を見て感じたことを書いてみようかなと。

というのも番組の公式サイトのファンメッセージに寄せられたものが、とても興味深いので。

ドラマ「アルジャーノンに花束を」 Story 7

2015年05月22日(金) 23時58分
このドラマはとことん温かい。
原作で私が「こうだったらいいのに」と思ったことが、うまく行っている。
それと、とても丁寧にいろいろと配慮し、作品を作っているとつくづく感じます。

緻密に練り上げられた展開は、もはや原作以上。
もちろん原作者に敬意を払っていることが伺えます。