理人と剣人のお絵描き 第10話

2009年03月19日(木) 18時56分
「メイちゃんの執事」終っちゃいましたね。

来週から放送がないと思うとちょっと寂しいです。
毎回、結構じーんと来ていましたからね。

個人的には、もう少し「暗」な面があってもよかったかなと思いました。
というのも、例えばリカ様があまりにもあっさりとメイちゃんを敵対しなくなってしまったのが不自然だったもので…。
そういったことは、時間的な問題だったのでしょうか。

物語の「暗」が深いほど「明」になったときに、輝きが増しますよね。
別に私、陰湿なのとか悲劇とかが趣味ではなくて、ただその方が良かったのではと思いました。

個人的には、「美しいもの」「良いもの」ばかりで、「汚いもの」「悪いもの」を避ける物語は、嘘くさく思えるのです。「暗」な部分を極力避ける物語には、腹立しくさえ思うときもあります。

そんな私が、このドラマがハッピーエンドで良かったと思ったのは、やはりその直前に極端な「暗」な部分があったからです。だから、本当にハッピーエンドで良かったと思います。

それって、できすぎなくらいのハッピーエンドだったけれどね。
そもそも、このドラマはあり得ない非日常な世界ですから。

まあ、柴田兄弟とメイちゃんの三角関係に答えが出た訳ではないので、完璧なハッピーエンドではなかったのかも。
でも、答が出たらハッピーじゃなかったし。

このドラマを語るのも、この記事で終わりにします。
では、最後に一言。
このドラマで一番印的だったのは、みるくちゃんと大門さんのお話でした。そこには、やはり「暗」部分がありましたから。


ではでは、最後の理人と剣人のお絵描きに参ります。

右近と左近のお絵描き 総集編

2009年03月18日(水) 23時30分
右近さんと左近さんのお絵描きも、今回でおしまい。

ちょっぴり寂しいけど…

こちらの双子執事さん達は、金太郎様にお仕えしていたおかげなのか、わりと大きく映っていたので、その点では良い役柄だったと思います。

まあね…。
全10話中、2話出なかったけど。(軽く嫌味)

右近さんも左近さんも、最初は全くの無表情だったけれど、夏美ちゃん家でお茶を飲んだときと、最終話に感情を出してくれて嬉しかったです。


しかし、この2人…。
毎回、一人ずつ話していましたね。
右近さんの次に、左近さんといった感じで。
ってことは、こちらは…


ペアで雇わなくてはいけない執事なんでしょうか。



ある意味、面倒な人達。
仮に右近さんだけを雇ったら、お話が途中で切れちゃったりしてね。


ではでは、本日は今までの2人のお絵描きをまとめたものから参ります。

メイちゃんの執事 第10話の感想

2009年03月17日(火) 23時55分
終っちゃいましたね。

ふうぅぅ…。
良かったです、はい…

しかし、冒頭があまりにもイタソーで。
見るのに気合いを入れすぎちゃって、正直疲れちゃった。

メイちゃんの執事 ありがとう

2009年03月17日(火) 21時55分





「メイちゃんの執事」終っちゃいましたね。
今は感謝の気持ちを表してみました。

本当は、全てのキャストのみなさんも載せたかったのですが、それは難しいのでメインの方々に登場していただきました。

そして、私にとってメインの方々にも登場していただきます。

詩織と忍のお絵描き 第9話

2009年03月14日(土) 23時55分
今日は、「メイちゃんの執事」の総集編が放送されていましたね。

私はそれを全部は見ていないんだけど、わりと双子執事さん達が出ていたので嬉しかったりしました。

と、ついつい全くメインじゃない人達のことを語ってしまいます。

メインといえば、こちらのお2人方のお絵描きをしていませんでした。
ということで、ルチア様と忍さんのお絵描きです。