まんぷく 最終週「行きましょう!二人で」月曜日

2019年03月25日(月) 10時35分
ついに最終週になっちゃいました。
寂しい気持ちもするけれど、まんぷくヌードルの売れ行きも気になるところ。

確かに手間暇をかけたものを安売りするのもどうかと思う。
けれど、現実的に売れないと困るし。
といっても予告や史実で、その解決策はわかっているのだけどね。
幸ちゃんの服装がヒントっぽい。

神部さんも困っちゃって。
珍しく感情的になってたし。

逆に世良さんは、ほんっとよく言うわ。
おばあちゃんの話を出してきて。
って、それって天道総司か。
おばあちゃんは言っていた。

世良さん、またいろいろと言っちゃってるけど、この先まんぷくヌードルが売れちゃうんだからね。可哀想に、また土下座を期待されちゃう。

可哀想といえば名木くん。
まんぷくヌードルが売れないのは、自分のデザインのせいと思い込んでしまって。これはガラスのハートの彼になんて状況。
だけど、その泣きキャラが悪いけど面白くって。

師匠の胸で泣きたいけれど、飛び込めないという。
忠彦さんも「怖い」て。
これ、ほんっと役者さんってすごいと思う。
よく笑わずにお芝居ができるよね。

ラーメンのときの忠彦さんの凹みは無駄ではなかったのね。
この伏線だと思えば。

今回は嬉しいことも。
加地谷さんや野呂さんが、まんぷくヌードルを食べて電話をかけてくれて。
福ちゃんも気を利かせて「加地谷」という名前は伏せて鈴さんに話したり。

野呂さんは、弟子もいるシェフなのにまだ缶詰にこだわっているのね。
なぜそこまでに缶詰愛が。
ここでさらっと福子のことが好きだったと言ったのに。
福ちゃんはスルーした?
それとも前から聞いていたっけ?

加地谷さんの方は、着ぐるみを着て。
社長になられたのですね。
よかった、人生をやり直して。
あのハンコで生き返ったみたいで。

と思いつつ、後ろにいた青いスーツの人が気になって仕方がなかった。
黄色い法被の人もいるし。
まるで戦隊。

舞台といえば、大ちゃんの大胆な発言も。
役者が地味って。
地味って。

この前、某番組で2.5次元舞台の盛況ぶりを紹介していたけれど。
大ちゃんが見た舞台は、どんなんだったのでしょう。
観客が半分って。
半分、空席。
寂しい。

まんぷくヌードルは、販売目標の3分の1。
なんていろんなことがてんこ盛りの中、また咲姉ちゃんが夢に。
鈴さんの夢枕に座ってた。
オシャレヘアで。
こちらの展開も気になるところ。

それにしてもほんの少しのシーンにそれぞれセットを作っているなんて、スタッフさんの仕事も本当に素晴らしいです。


ではでは、こちらはこの辺で
  • URL:https://yaplog.jp/odangotea/archive/8011
トラックバック
トラックバックURL 
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
クッキーに保存