「イチゴマン」第34話

2019年03月22日(金) 18時40分
「イチゴマン」の第34が配信されました。
掲載はこちら

ここにきてイチゴマンがフリーズ隊員に。
フリーズ隊員イチゴマンが爆誕!!
って、氷イチゴみたい。

ダジュラの方はフンドシマンに。
なぜその暑苦しいマッチョさを全面に出すかな。
サメと戦うなんて。

「ダブル・マグナム・ジェロ・ボアム」なんて必殺技まで出しちゃって。
なにそのヒーロー感。
漁師には神様と呼ばれちゃって。
そんな漁師を容赦なく瓶詰しちゃうなんて。

ひどい。
善良な漁師をそんなんって。
なんのためにサメと戦ったのか。

見せたいためか…。
フンドシマンの勇姿を。
イチゴマンには全く関係ない所でだけど。

イチゴマンは「荒波背に受け…」ってポーズをしちゃってたり。
まるで演歌の歌詞のよう。
ピューロランドにはない世界観。

そのピューロランドの地下にはフリーズの秘密基地が。
そこでイチゴマンの歓迎会が。
イチゴマンはエリート集団の一員になったそうで。
一番の新入りだけど。

なもんで、マコっちには「先輩」を付け。
マコちっ先輩って、逆にナメているような。
そちらは先輩と呼ばれても喜ばなかったね。

でも、ヒラは「リーダーさん」と呼ばれて素直に喜ぶ。
三つ編みも跳ねちゃって。
そんなに嬉しいなんて。
日頃、いいことないみたいね。(勝手に同情)

今更だけど、ゆりさんって「美山」という苗字だったのね。
気にしてなかった私。

一方、なぜかグランドピアノで演奏するオンジが(違)。
真っ白いヒゲなのでサンタさんみたい。
どうやらいい人ではなさそうだけど。
土偶が張り付いているし。

そのゴージャスな音楽やハイソサエティな世界観。
ワインとかも。
ほんっと井上大先生の脚本らしい。
やっぱり悪役はズーズー弁とかで話さないよね。

魚臭いアクションじゃ、ヒーローの相手としてはどうかと思うし。
ところで、ダジュラって洋装でもフンドシなのかしら。
弱点はそこかも。(どんな弱点よ)


ではでは、こちらはこの辺で
  • URL:https://yaplog.jp/odangotea/archive/8003
トラックバック
トラックバックURL 
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
クッキーに保存