小説 仮面ライダーアギト

2015年07月23日(木) 17時10分
アギトの小説を読みました。
これはテレビ本編のパラレルワールドのお話ですね。
設定がちょこちょこ違っていて、登場人物を絞っているけれど大筋ではあまり変わらない。同じようなシーンもあるし。

ここでは、翔一と真魚と涼がメイン。
そして、ゲストに翔一の彼女になりたかった雪紀という女性。

ここからは内容を含む感想になります。

アレンジについては、あかつき号のことがあかつき村になって、場所が海から陸になった。それと、あかつき村は直接真魚に関わっている。

そこでの記憶が誤解を生む。
すれ違いだったり。
定番のフラストレーション。
だけど、そんなにイライラしない展開。
そこはやはり井上さんが書いたからじゃないのかな。(えへ)

あかつき村で起きたことは、なんとなく横溝正史の世界を感じる。
とはいえ、そこに超能力を持って来たところでSFになっているけど。

これね、お話はわかりやすいし、夢中になって読めるんだけど、最後があっけないというか、インパクトがなかったというか。
オチ…ていないというか。

ハッピーエンドで拍子抜けっていうか。(オイオイ)

いいんだけど、それで。
途中までさらっと読めて面白かったから。
ただ、あえて別世界を書いたわりには、穏やかに終わっちゃったなーって印象。

一人、不幸だった人はいたけれど。
人知れずアンノウンに殺されて、翔一からも忘れ去られてしまった雪紀。
そこが狙いだったのかもしれないけれど、さらっと忘れられてしまった雪紀があまりにも可哀想。

翔一くん、雪紀のことはそれ以降はまーったく触れていないし。
仮に雪紀の死を引きずっていたら、ハッピーエンドにならないでしょうし、真魚ちゃんのことを気にかけなくなっちゃうでしょうけど。

涼も人知れず、地味にアンノウンを倒しているいい人で。
それはそれでよいのでしょうけど。
ハッピーエンドに混ざれるキャラじゃないでしょうし。

涼は老化しちゃうなんて。
なんてひどい。
著者に悪意があるわー。
あれか、イケメンが憎いのか。(悪ノリです、ごめんなさい)

よく思うんだけど、葦原涼と相川始って、私の中ではキャラがかぶるんだよね、変身後の見た目も似ているからか。
孤独さとかも。

この小説では特にそう感じた。
ただし、涼は若いままではなくて老けていくという。
早く老けてしまうのと永遠に若いのとでは、どちらがよいのかしら。

それに比べて、何事もなかったように平和に生活している翔一くんって、幸せだね。ある意味、根っからの超人的な人なのかも。


ではでは、こちらはこの辺で
  • URL:https://yaplog.jp/odangotea/archive/4804
トラックバック
トラックバックURL 
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
クッキーに保存
むらちぃさん、こんにちは (о´∀`о)
コメントありがとうございます。

毎日暑いですね。
むらちぃさんは夏バテしてませんか?
むらちぃさんのコメントは、とても思いが詰まっていますね。
読んでいて興味深いです。^^
私への応援もありがとうございます

小説での真魚は、確かに少女漫画のヒロインみたいですね。
二人のライダーに恋心を持っているなんて。
しかもどちらもイケメンの(笑)。

あ…いけない、私はキバの小説のことを忘れてた。
むらちぃさんに言われて、なんとなく思い出しました。
静香ちゃんが真魚に似ているかも。

雪紀というキャラは、翔一と接しているうちに恋しちゃった女子大生です。
でも、雪紀の家でのデートの日に人知れず泡となって、亡くなってしまうという。
そして、むらちぃさんの記憶からもなくなってしまったという…。

そうなんですよね、小説には太一がいないんですよね。
小説ではキャラを絞っている感じですよね。
翔一はあのまんまのキャラで。
読んでいて賀集さんの顔が頭に浮かびましたよ。

ね、やっぱり涼と始って似てますよね。
役者さんのタイプも似ているし、寡黙だけど男気が強い性格とかも。
ギルスもカリスもわりと怪人側に近い存在だし。
よく倒れるし(笑)。

仮面ライダー出身の俳優さんが活躍していると嬉しいですよね。
特撮は若手俳優の登竜門になっているし、仮面ライダーは一年間続くドラマなので、認知度も高くなるでしょうね。
特撮は世界観も独特だし、ファンも子供から大人まで世代が広いですからね。
彼等をキャスティングする方もそこを狙っていると思えるし。

なにより一年間、早朝からハードな現場に立っていろんなことを吸収したことが、俳優にとってかなりの財産になるのかもしれませんね。
本当に彼等にはこれからも頑張って欲しいですね。^^

はい、またぜひいらしてください♪
2015年07月25日(土)15時26分
むらちぃ
りょうさん、おはようございます(о´∀`о)
この間は、私の長いコメントを読んで頂き…、返信もしていただいて有り難うございます(о´∀`о)
まさか、あそこまで話が長くなるとは、思わなかったので…私自身も、びっくりでしたが…
聞いて貰えて嬉しかったです(ToT)
私も、りょうさんに直接何かすることは、出来ないけど…。陰ながら応援してます(>_<)
話は、変わって…小説版「アギト」の読破おめでとうございます(о´∀`о)
私も、発売してから…購入して、すぐ読みましたが…。
私の印象では、「真魚」が中心の「少女漫画」チック(?)な作品だなぁ〜と思いました(>_<)ハッピーエンドでしたよね?
(「小説版キバ」も似たような感じが、しましたが。そういえば…このキバの小説で、「アギト」とリンクしたシーンが、あったんですよねぇ☆)
雪妃(?)って、キャラいましたっけ!?(◎-◎;)
私も、もう一度読み返さないといけませんねぇ…( ̄▽ ̄;)
確かに、所々…「設定」が、変わってました!
「あかつき号」が、「あかつき村」に、変わってたり。確か…真魚の弟(?)が、この小説には、居なかった様な気がしますが、間違ってたら…すみません!
でも、翔一を初め…他のキャラ達は、あまり変わってなかったので、ホッとしたかなぁ。
本当、もう一度読み返さないといけませんねぇ(苦笑)
私も、「涼さんと始さん」は、似てると思います(о´∀`о)
ギルスとカリスって、似てますもんね。
またまた、話は、変わって…。
最近、元ライダー出身の俳優・女優さんが、ドラマやニュース番組で、番宣してたり。
特番物で、ゲストで、出てたりと…。知らない人から見れば気付かないかも知れませんが、TVで見る度に…嬉しい気持ちに、なります(^-^)
野上良太郎役の佐藤健君を初め…。フィリップ・弦太朗・城島ゆうき…ちょっと寂しいけど、やっぱり嬉しいです☆
彼らには、頑張って欲しいですね(о´∀`о)
長くなりましたが、このへんで☆
また、コメント書き込みに来ますね♪
2015年07月25日(土)10時06分