仮面ライダーウィザード 第20話 近づく真相

2013年01月28日(月) 12時22分
ここに来て、ユウゴの過去がわかって来るというのは、ちょっと不安材料だったり。

そろそろ半袖がきつくなったから、退場とか?
それとも中の人のお仕事の都合とか?
まあでも、ユウゴは不死鳥だもんね。
お願い、そうだと言って。

それはそうと、のっけからものすごい豪雨。
水落ちとはまた違った意地悪な撮影(笑)。
仁藤もそんなときに無理して傘をささなくても。
心平くんのwindy な日を思い出した。(なんのこと)

その暴風はガチだったのかしら。
それとも仁藤の中の人の一人演技なのか。
そんな中、屋台がやっているってのもすごいけど。
またラーメンにかけるマヨネーズがハンパないっ!

マヨが暴風で飛びそー

晴人くんもお茶こぼし。
お茶碗になりたかったワタシ。

と、そこに輪島さん。
アンクばりにかっこよく指輪を投げて!
戦闘シーンじゃないのに無駄にかっこいい。

で、その指輪。
ドレスアップって、マジシャンのよう。
鳩でも出してくれればよかったのに。
ホント何に使うんだろう。

妄想シーンではピアノを弾いていたけど。
そのときのウィザードが着けていた蝶ネクタイ、どこかで見た気が。

なんだかなぁ、石田監督だとこんなにやりたい放題になるんだ!
とにんまりしたところで、気を抜いていた。
不意をつかれた!

エキサイトにやられた(笑)。
いや〜〜〜〜っ!
晴人くんがマッチョォォォッ!
やだやだやだ腹筋割れ過ぎぃ!

めちゃくちゃ笑った。
だけどなんでエキサイト。
そこも個人的にちょいツボ。
excite だけにちょーEねー!

ていうか、ここで爆笑したのは自分で描いたこれを思い出したのもあって。

嗚呼、晴人くんの初脱ぎがこれとは。
伊達さんもビックリ!

一方、ワイズマンとフィリックス。
白と赤でめでたい組み合わせのよう。
って、フィリックスじゃなくて、フェニックス。
いえね、この前、うちの息子が床屋さんに行ったら、フィリックスのガムをもらったので、つい。

で、フェニックスさん。
ファントム態のままで出歩けばいいのに、雨の日にわざわざ人間態の半袖。
どんだけ意地悪な撮影なんだ(笑)。
凛子ちゃんもずぶ濡れ。

にしても、今回のゲートは濃いな。
旦那にお弁当を渡すシーンくらいまでは、まあ…と思っていたら。
ていうか、なんでそんなにピンクちゃん!
家中、ピンクだらけって!
林家さんもびっくり!

ごめん、私もピンク好きだよ。
あんなんじゃないけど。

一方、今回のファントムの地味なこと。
グールに混じっていたら、あまり目立たなかった。
晴人が駆けつけてくれなかったら、ファントムだって気がつかなかったくらいの地味な色。

まあ、ゲートがうざ…いからいいんだけど。
その志保さん、晴人がウィザードに変身したら、またいいリアクション。
そうだよね、変身とかってフツー驚くよね。

今回のファントムは、自分で手を汚さずに遠隔操作。
ブラームスのハンガリー舞曲はなぜ。
ハンガリアン…。

そんなベルゼバブさん、ショウワノート(ワンピース)のCMみたいな能力があるようで。そんな能力があるのに一旦退却。

その後、晴人達が志保と入ったお店が賑やかしー。
クラッシックとの対比だったのかもしれんけど。
今回、ロケに気合いが入っているような。

そこでの晴人の砂糖の量がすごくないかぁ。
こういうの別のライダーでも見た気が。
誰だっけ、うーん。(思い出し中)

そんなお茶目な晴人よりも友達の方がいい志保さん。
私なら、晴人に「俺が必ず守って…」って言われたら、もー。
ま、瞬平に泣きつくのもいいか。

一方、ユウゴは今回のファントムにも馬鹿にされ。
そんなユウゴが可哀相になってきちゃう。
それはそうと「ベルゼバブ」って言いにくいよね。

しっかし、今回めっちゃ濃いわ。
志保のキャラもすごいけど、なんなのこの濃さ。
石田監督のせいなのかしらん。

まあね、確かに誰かと一緒にいないと不安になる人っているけど。
私はそうでもない。女って団体でつるむとメンドクサイじゃん。
志保には、きっと何か孤独になりたくない理由があるような。
結婚していても子供がいないし。

ところで、ファントムになる前のユウゴさん。
なんでそんなにキャラが違うの。
お花が好きなキャラ。

撮影の都合のようだけど、そのキャラでヒゲはどうかと思うけど。
あのヒゲで牛乳を飲んで欲しいよね。

今週の瞬平はわりとお役立ち。
いい感じでゲートをフォロー。
志保に「今も目の前に僕がいるじゃないですか。」ってのには笑ったけど。
背後からだったから(笑)。

そんな和み系の瞬平が…
志保をどつくとは!
やっぱその程度か。

そこはもうちょっとどついても。
まあでも、瞬平みたいな人にどつかれたらかなり凹むかも。
今週のスパヒロは、獣のように叫ぶ悪役と目の色が変わる善人ってか。

ウィザードのアクションは相変わらずめっちゃかっちょいい。
いつもより多く回っていたし。
も、ぐるんぐるん。
と思ってたら…

エキサイト(笑)。
うっわ、そうなるんだ!
やだ、ライダーもマッチョって。
声まで低くなるって、なんてこと。

こうなってくるとマヨネーズくんが濃く見えないから不思議。
マヨネーズくん、緊迫した場面でも「みなまで言うな」って言わなくても。
その台詞を言っている方がメンドーのような。
ま、それはお約束ってことで。

今回、演出もキャラも濃かったけど、お話自体も濃くなって来ましたね。
晴人がゲートを追いつつ、ユウゴと凛子についても同時進行で。
あれ、ユウゴって凛子がゲートだって知っているんだっけ?
まあでも、凛子にはもうファントムはいないけど。
そちらはスリリングな展開。

そちらの演出と志保のはっちゃけたキャラが対比になっていたのもお見事。
次回は、ウィザードがカラフル展開になるようだけど。
フェニックスの出番かしら。
若干、やな予感。


ではでは、こちらはまた来週
  • URL:https://yaplog.jp/odangotea/archive/3405
トラックバック
トラックバックURL 
嵐の中、数日ファントム喰ってないんだ?と
愚痴ってるマヨネーズ。その恨みの向かう先は晴人?

面影堂でそれを感じ取ったのか、
晴人クンってばコッチに向かって盛大なくしゃみw
新しい指輪が完成。ド...
あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪   2013年2月1日(金) 12時35分
『近づく真相』  脚本:香村純子 監督:石田秀範
大門凜子が暴れていた青年フジタユウゴ(フェニックス)の謎を追う中、
ファントムベルゼバブの策略で周囲の人々から嫌われ、
絶望する女性新井志保を操真晴人(ウィザード)らは守ろうとしたと。

周囲の人々が志保を嫌ってたのはベルゼバブの魔力によるものだったようですが、
本当に嫌ってるんじゃないかと思うくらい、志保はウザかったなあ
あれだけ嫌われてもヒビ一つ入らないタフさも相当なもんだ。
ベルゼバブの造型、素晴らしかったな。光沢や毒々しい色もよかった。
二話で退場は惜しいのう。人間体を演じてたのはIZAMでしたか。懐かしい。

一方、ゲートだった頃のフェニックスさんがちらっと映ってましたね
おとなしくて真面目な花屋さんでしたか。
『カブト』のワームは化けた人間の性格もコピーしてましたが、
ファントムの人格はゲートの影響は受けないということか。
だとすると、人間とファントムが心を通わせるみたいな展開はないのかな。
凜子はユウゴの過去を知ることで何を感じるのでしょうか。後編が楽しみです

★今までの感想★
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話...
まっつーのTV観覧日誌(*´д`*)   2013年1月29日(火) 01時17分
仮面ライダーウィザード 第20話「近づく真相」
Hybrid-Hills   2013年1月28日(月) 23時56分
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
クッキーに保存