メリー副社長のSMAP潰しから始まる、ジャニーズ事務所の行く末

December 27 [Tue], 2016, 21:59
SMAPの解散の原因は、たった一人の横暴な行動から始まっています

その人とは、株式を10%持つに過ぎない、筆頭株主でもなく、社長でもない、ジャニーズの副社長のメリー氏です

100万人のSMAPファンを裏切って、何故に、まだまだ稼ぎ頭であった「国民的アイドルグループ」を意図的に解散に追い込んだのかです

当初、週刊文春が、メリー氏に聞きたかったのは、有名女優とジャニーズタレントの食事会の話であったのです

この話を聞くためにに、メリー氏を取材したわけです


メリー副社長の発狂の様子は、「週刊文春」2015年1月29日号に載っています

-----------------------------------------------------------

(抜粋)

インタビューのきっかけは、ある会合を小誌が突きとめたことにあった。昨年十二月中旬、西麻布のイタリアン「Margotto e Baciare」で、メリー氏と、娘で同社代表取締役副社長の藤島ジュリー景子氏が、女優の大地真央(58)とデザイナーの森田恭通(47)夫妻、黒木瞳(54)らと食事を楽しんでいた。二人は、ジャニーズのタレントとたびたび共演している。そこには嵐の松本潤(31)の姿もあった。

レストランの前で一行が女優たちを見送る際、メリー氏の横では松本をはじめ、俳優として人気急上昇中の生田斗真(30)とNEWSの増田貴久(28)の三人が帽子を取り直立不動で佇み、最後には深々と頭を下げる。その光景はジャニーズ事務所という組織の厳しい規律と統制を物語っていた。これがどんな目的で行われた会合だったのか。奇しくもその数日後はメリー氏の誕生日であった。

後日、小誌がジャニーズ事務所宛てに質問状を送ったところ、顧問弁護士を通じてメリー氏から取材に応じる旨の連絡を受けたのだ。

インタビュー当日、二十畳はあろうかという大きな会議室には、白波瀬傑専務取締役と男性スタッフ、そして同社の顧問弁護士二名が記者を待ち構えていた。

そこへ、派手やかな真紅の洋服に身を包んだメリー氏が颯爽と現れたのは、アポイントの時刻を十分ほど過ぎた頃。一瞬、記者に柔和な笑顔を向けつつも、黒縁眼鏡の奥の眼光は鋭い。

言うまでもなく、小誌とジャニーズの因縁は浅からぬものがある。メリー氏は立腹していた。

真っ先に指摘されたのは、小誌が一月一日・八日号で報じた近藤真彦(50)の三十五周年イベントに関する記事のことだ(「中森明菜との因縁再び!? 近藤真彦ライブに黒幕登場」)。イベントの会場外で、メリー氏が来客と写真を撮っていたことや、ブーツを履いて飛び回る元気な姿が目立っていたという目撃者の証言を伝えたのだが、メリー氏は記事は誤りだらけであると憤慨していた。小誌が事務所に直接聞かなかったことも指摘した。たしかに確認取材をしなかったことは反省点である。

(中略)

そして小誌が目撃したのは、まさにメリー氏とジュリー氏が、松本や生田らジュリー派と呼ばれるタレントと行動を共にしていた現場であった。だが、その真意を聞こうと切り出すと、メリー氏は色をなしてこう反論するのだ。

「今ここではっきり言っておきますけれど、どんな派閥関係があるというのですか? 私、SMAPの誰とは言いませんけど、今でもお家へ遊びに行くし、食事に行ったり、美味しいものがあったら届けていますよ」

――(会合に参加した)松本さんや生田さんに対し、特に目をかけられているということでは。

「私はうちのタレントは全部『うちの子』と呼びます! 病気をしたらちゃんと見舞いをするし、親御さんが亡くなったら全部面倒を見ます。マッチだけじゃなくて、岡本健一(45・元男闘呼組)も、アッくん(佐藤アツヒロ・41・元光GENJI)も。それって、当たり前のことでしょう。もうひとつ言うと、私はSMAPだけじゃなく、誰のコンサートにも行きませんよ。ひとつ行ったら全部行かなきゃならないから。映画なんてもっと見ません。だから(タレントに)『僕の映画です』と言われてもわからないの。映画を見てたらシイさん(白波瀬専務)の仕事を手伝えないもの。私、あなたたちみたいにターゲット決めて、それだけの取材をするほど暇じゃないの」

メリー氏はそう言うが、ジャニーズのタレントが出演する舞台の会場などでは、頻繁にその姿が目撃されている。今年一月初旬には所属タレントによるミュージカル「PLAYZONE」(青山劇場)の現場にもメリー氏は姿を見せた。八六年に初演されたこの舞台は、〇八年までは少年隊が毎年出演し、以降は後輩に引き継がれた。これまでTOKIOやV6らが出演。近年ではマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」の振付師・Travis Payneが振付を担当することでも知られている。

「だって(自分以外に)英語を喋る人がいないじゃない。うちの振付師は外国人です。うちの事務所で他の誰が英語を喋るというんですか。あまりにも私しんどいから、女の子を一人入れて、いま通訳やっているから私すごい楽ですけれども、その子でさえ自分だけではやっていられないと言って、その子の通訳をまた入れてますもの。私は行かなきゃならない。ご挨拶するのが当たり前です。そんなこともわからないの?」

戦前に米国で生まれ、戦後も一時期、ロサンゼルスで過ごしていたメリー氏は、流暢な英語を話すことで有名だ。

だが、先頭に立って我が子たちを切り盛りしてきた“大御所姉弟”も八十歳を越え、世代交代が囁かれているのも事実。天性の感覚でアイドルの原石を発掘するジャニー氏と、幅広い人脈を持ち、経営に手腕を発揮するメリー氏の後を誰が継ぐのか。

小誌は単刀直入に核心を突くため、敢えて質問状に「派閥」といった言葉を使った。だが、メリー氏はその言い回しに対し、怒気を孕んだ声で言い返す。

「私が失礼だと言っているのはね、(文春の)質問状のこと。『小誌の取材では“次期社長候補”である藤島ジュリー景子が……』って書いてあるけど、当たり前じゃない。何がおかしいんですか? 私の娘が(会社を)継いで何がおかしいの? “次期社長候補”って失礼な。“次期社長”ですよ。シイさん、うちのジュリーは“候補”なの?」

「いや、違います」
白波瀬氏が即答する。
ジュリー氏を正式な“後継者”として認めた初めての公式発言だった。

もっとも、現時点で社長ではないために「候補」という表現になったことを伝えると、メリー氏はいっそう声を荒らげる。

「当たり前じゃない! ジャニーや私がいるのに、なんで(ジュリー氏が)社長なんですか。私が病気にでもなったら社長になってください。悪いけど私はシイさんより元気なつもりです。今これだけタレントがいて、うちの娘がどれだけ大変か。あなたたちはうちのタレントを全部取材できます? できないでしょう。私でさえ(多忙で)コンサートに行けないんです。だから、ジュリーはいま私のことを手伝っていて、それで精一杯。

(所属タレントが)少なかった時期は私が全部マネジメントをやりましたよ。ジャニーは演出をやっていたから。(コンサート会場で)テキヤさんが海賊版を売っているのを見つけたら、私、車の中から伊勢丹か何かの袋を出して、(海賊版のグッズを取り上げて)全部バーッと入れてましたからね。『ババア何するんだ!』って言われたら、『文句あるんだったらうちへおいで』と言って。どれだけ喧嘩したかわからない。でも、ヤクザの人だって上の方は話が分かるから、喧嘩してもうまくおさめていますよ。

ジュリー以外に(誰かが)派閥を作っているという話は耳に入っていません。もし、うちの事務所に派閥があるなら、それは私の管理不足です。事実なら許せないことですし、あなた方にそう思わせたとしたら、飯島を注意します。今日、(飯島氏を)辞めさせますよ。仕事の大事なことって、そういうことだから」

メリー氏は思い立ったように男性スタッフを手招きし、記者も予想外の行動に出たのだった。

「ちょっと飯島呼んでくれない。いま飯島呼んで。どこにいるのか知らない?」

(後略)

--------------------------------------------------------------------

ここを読んだだけで、全てが把握出来ます

ジャニーさんにオキニがいるように、メリー氏にもオキニがいますよね

所属タレントの滝沢英明のメリー氏を庇う発言を見て、大いなる失望を覚えましたがw

SMAPの5人の中にもオキニがいるようですが、キムタクでしょうねw

メリー氏は、SMAPを潰すということが、次に何が起こるのかを想像できていない、感情的な行動をとっています


この取材の内容で、隠したいのは、有名女優とジャニーズタレントの食事会であり密会です

そこで、情報スピンをSMAPに押し付けました

派閥があるという、以前からの噂を流すわけです

それを否定するように見せかけて、SMAPのマネージャーへのパワハラ恫喝へとなだれ込んでしまいました

それが、SMAP解散にまで至る分岐点となりました


これからは、SMAP潰しが、トリガーとなって、次々とドミノ倒しが始まります


メリー氏のオキニの「嵐」が、事務所の稼ぎの1/4を担っていたSMAPの収益を肩代わりできるはずもありません

嵐は、選ばれたエリート集団であって、一度も挫折したことがありませんし、意外性も無いのです

嵐は、ポストSMAPにはなれない、エリートすぎる優等生であって、ファンの期待通りにしか行動できないです

そして、嵐は、メリーのSMAP潰しに使われてしまった被害者なのです

嵐のメンバーは、SMAPをリスペクトしても、とって変わるライバルだなんて思ってもいないのにです

嵐にとっては、かなりのプレッシャーであり、精神的ダメージは意外と大きいと思います

数字が落ちれば、叩かれ、常にSMAPと並べて比べられ続けて行くのです

エリートにとって、屈辱でしかありません

----------------------------------------------------------------

ジャニーズ事務所は、一応、株式会社ですが、株式非公開企業なので、売り上げや収益を公開しなくても良いのです

株主構成は、登記簿で見られるようです

ジャニー喜多川;代表取締役社長;60%

藤島メリー泰子;代表取締役副社長;10%

伊豆喜久恵;取締役兼社長秘書;10%

藤島ジュリー景子;代表取締役;10%

(2010年のデータらしいです)

完全なる、同族会社です

納税額から推定する、年間売上高が最低700億円を超えている株式会社なのに、ジャニーズ商店のままの体質です


2013年度の、各アイドルユニット別の事務所への貢献度

順位 ユニット名 売上(億円) ファンクラブ人数 売り上げの事務所の総売り上げに占めるシェア

1 嵐      195    130万人    27.8%

2 SMAP   177     98万人    25.2%

3 関ジャニ    85     26万人    12.1%

4 Kinki   39     46万人     5.5%

5 KAT−TUN 37     12万人     5.2%

6 Kis−My  24     10万人     3.4%

7 Hey Say 23     15万人     3.2%

8 タッキー&翼  15     11万人     2.1%

9 山下智久    13      6万人     1.8%

10 News   10      8万人     1.4%

11 V6      9      23万人     1.2%

12 Sexy−Zo 8     不明        1.1%

?? TOKIO  24              3.4%

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小計       659億円

その他       41億円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

合計事務所売上  700億円ですが、但し納税額から逆算した推計であり、最低予想値です


売り上げの25%が、SMAPで、ファンクラブは100万人です

経営者の側の中心人物がですよ、個人商店とも言えない規模の株式会社の株主が

実の娘のジュリーの邪魔になるからと言うだけの理由で、

中心人物の飯島女史を退社に追い込み、想定される結果としてSMAPを解散させたのです


本来なら、社長である、ジャニー氏が、決定権があるわけなのですが、人事権すら持っていなかった

たかが、株式所有10%の副社長のメリーが、飯島女史を退職に追い込んでしまいました

メリー氏にとって、社員すら使い捨ての駒であって私物だったのです

ファンとファンクラブあっての「ジャニーズ事務所」と所属タレントなのに、タレントですら私物扱いなのです

しかし、メリーズ王国は、すでに崩壊したのです

SMAP解散と一緒に消えたのです


ドミノ倒しが始まる前に、飯島女史に戻ってもらって、新SMAP(キムタクは独立)を作るしか、ジャニーズ事務所再生の方法はありません

まぁ、無理だろうけど。。。


さよなら、ジャニーズ事務所。。。

  • URL:https://yaplog.jp/ocaltpon/archive/1194
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぺーちゃん
読者になる
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる