東日本大震災のトモダチ作戦は、計画されていたのか、偶然なのか?

October 18 [Tue], 2016, 20:18
東日本大震災のトモダチ作戦で、空母ロナルド・レーガンが、すぐにやってきたのはおかしいと思った人は多いです

それには、多くの根拠があったからで、計画されていたと思うわけです

それは、ワッペンと横断幕であり、米軍からの請求書にあります

「制服に“トモダチ作戦”ワッペン」



「オペレーション・トモダチ」は311震災前から準備されていたのです

*********************************************************

翁の独り言さんに、ちょっといい話として記事が載っているのですが
http://ameblo.jp/bluenewt/entry-12210658573.html

歴史は影の政府によって都合よく作られるが、こういう真実もある。トモダチ作戦で空母ロナルド・レーガンがすぐにやってきたのはおかしいと思ったのは間違いだった。韓国に行く途中に3.11が起こり、急遽予定を変更して救助した。詳細は次の動画を見るとよくわかる。文字だけだが、感動する。

http://bit.ly/2dIpIVr

*********************************************************

アメリカ軍艦隊が待ち受けていたのは、東日本大震災とスマトラ沖地震の共通点でもあります

そして、トモダチ作戦は、無料ではありませんでした

米軍トモダチ作戦、予算は最大で68億円であり

2011年の年度末には、民主、自民などの賛成多数で「思いやり予算の特別協定」が可決された

有効期限は従来の3年から5年に延長され、今後5年間、日本は米軍に現行水準(約1880億円)を支払い続けることを決めています

その5年も過ぎた今、次なる、お金に直結するテロが起こされても、何ら不思議ではありません


「一輪の花から始まった絆」嫌日家から親日家へ アーレイ・バーク そして東日本大震災 トモダチ作戦へ


こんな良い話に作り上げて、親日家になりましたと言われてもね


ちなみに、空母ロナルドレーガンは、1月10日にサンディエゴ港を出て、偶然三陸沖に居たそうですが、韓国に行く途中だったというのは初耳です

トモダチ作戦で、不可思議な事実は、日本語で作られていた、ワッペンです

そして、トモダチ作戦横断幕を準備していました

更に、トモダチ作戦のワッペンが、311の前から準備されていたのは事実です

トモダチ作戦の参加者はトモダチ作戦と刺繍されたワッペンを制服につけていました

この手のワッペンの企画から製造まで半年くらいかかるという

事前に用意していたとする以外、考えられないのです



アメリカには震災後翌日から、「トモダチ作戦」と称して災害救助に当たっていただきました

最大の救助活動を、最速で駆けつけて行動してくれました

ここまで尽くした同盟国が震災を起こしたとは一見思えませんが。。。

請求書付きですから、善意では無いように思えます

トモダチ作戦は、米国の利益になっただけです


  • URL:https://yaplog.jp/ocaltpon/archive/1042
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぺーちゃん
読者になる
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる