まさしく「Kの法則」、朝日新聞も逃げられなかった、絶対法則!そして「Jの法則」

October 05 [Wed], 2016, 21:30
ある恐ろしい法則がある、これは絶対法則であり、必ずや発動してしまうという呪いです

それが「Kの国の法則」」「檀君の呪い」とも呼ばれる法則である

あの国のあの法則です

国や人が例外無く、確実に不幸になる【絶対法則】です

特に、日本人には【よく発動する】ようです

一応、参考にどうぞ
   ↓
*******************************************************

韓国と組んだ芸能人、企業にKの法則が発動した事例まとめ!
http://stone-roses.org/matome/1993

東方神起をCMに起用した、粒状菓子「ピンキー」に異物
東方神起とコラボした倖田來未の「羊水が腐る」と発言で謝罪
TBSが韓流ドラマをゴールデンダイムにゴリ押しして惨敗
韓国大好きをアピールした草なぎ剛、公然わいせつ容疑で逮捕
高岡蒼甫、韓流ドラマをゴリ押し批判、ツイッター炎上事件と事務所を解雇、フジテレビの凋落
フジテレビに対する批判を超えスポンサーにも飛び火で花王が減収減益
韓国好きをアピールしゴリ押し加担した河本準一、生ポ不正受給で
韓国大好き・武井咲、「韓国で暮らしたい」「東方神起に癒された」で、新「低視聴率女王」襲名
天海祐希が、K-POPグループ・2PM韓国人にメロメロ、その後、心筋梗塞を発症

*******************************************************

国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負けるのが「Kの法則」の怖い所です

韓国とスワップを提携した、インドネシア
韓国のポスコが、インドネシアで高炉一貫製鉄所を稼働しましたが、稼働して2日後に故障、操業停止です
高炉決壊に続き大爆発、操業再開は未知数へと続きました

ウクライナでは、現代ロテムが輸出したウクライナ高速鉄道、全面運行停止です

ドイツの市民公園が「韓国広場」と命名したばかりに、ドイツ銀行が破綻の危機です
しかも、ギリシャにも賠償金請求されてしまいましたよね

ベトナムでも、サムスン物産で大規模な足場崩落事故があって、死傷者は全員ベトナム人

UAE(アラブ首長国連邦)が韓国製の原子力発電所を導入する契約を結んだそうですが、何時までも工事が頓挫したままです

パラオでは、韓国製の橋が崩壊、その後日本がODAでかけ直しています


ローマ法王ですら、韓国訪問直後に、おい一家が事故死してしまいました

あのルイ・ヴィトンでも
【ルイヴィトン】 Kの法則確定か?

本家なのに、バッタもんのロゴになってしまいました。。。

今や、東京都にも、法則が押し寄せていますよね
東京都は、ふるさと納税で、税収が減り続けていますよね
更に、豊洲市場、五輪設備の3兆円問題ですよ

怖すぎますね

*******************************************************

朝日新聞をウリナラの同胞ニダ!と擁護しつづけるのが南朝鮮です

そして、本命の朝日新聞の終落っぷりは、加速度的に進んでいるようです

通名報道、韓国中国に不利な報道は、極力しない、願望報道ばかりを流す

主筆だった若宮氏ですら、法則からは逃げられなかったようで。。。


慰安婦問題を捏造し広めた「植村隆」さん、日本軍慰安婦報道にかかわった元朝日新聞記者です


北星学園大(札幌市厚別区)非常勤講師時代には、大学に脅迫電話が相次ぎ、昨年解雇になり、韓国の私立カトリック大学に客員教授として採用されましたが
この北星大学は、自民党の義家さんの母校なんですが、出身高校がも存続の危機に陥っていたり、大学も志願者数が減っているらしいです
直接、Kの法則と無関係でも、関係者を受け入れただけで、このザマです

植村隆氏は、現在、訴訟で忙しいようです

*******************************************************

朝日の若手記者もガックリ…慰安婦誤報・植村隆氏が訴訟会見で見せた“論理のすり替え”
http://www.dailyshincho.jp/article/2016/05180405/?all=1

元朝日新聞記者の植村隆氏(57)が、ジャーナリストの櫻井よしこさんと、その記事を掲載した新潮社ら3社に対し損害賠償を請求した訴訟。第1回の口頭弁論が4月22日に札幌地裁で開かれたが、この裁判の焦点は、植村氏が朝日在籍時代の1991年8月11日に書いた〈思い出すと今も涙〉という記事である。慰安婦の支援団体から元慰安婦・金学順さんの証言テープを入手し、彼女が「『女子挺身隊』の名で戦場に連行され」たと記したこの報道については、金さん自身の発言や訴訟に出た時の書面によって、養父によって慰安所に売られたとの実態が明らかになっている。これを櫻井さんが「捏造」などと論評したことに対し、植村氏は「名誉毀損」とし、それが自らへの脅迫を煽ったと提訴したわけである。

■「軍関与」報道を導いた大きな存在

 件の記事について、1989年から94年までソウル支局勤務だった元毎日新聞論説委員の下川正晴氏は、“植村さんの記事が出る前に慰安婦の支援団体から取材協力を持ちかけられたが、日韓を揉めさせようとしているだけに見え、断った”“植村さんは特ダネが取れるとの意識で記事を書いたのではないか。テープを聞いただけで記事を書いてしまったが、本当に慰安婦問題に関心があるのなら、もっとディープな取材をするはず”と断じた。

 これが「暇ネタ」ならまだしも、こと慰安婦問題となれば、結果は重大であると言わざるを得まい。

 朝日の慰安婦報道について、「独立検証委員会」を作り、委員長として誤報の影響を調べた、京都大学の中西輝政名誉教授によれば、

「80年から2014年までの、NYタイムズなど米3紙の慰安婦に関する記事を探したところ、まとまった記事を出し始めたのは、1992年に朝日が『慰安婦に軍の関与があった』という記事を報じて以降でした。植村さんの記事はその5カ月前。80年代に加害者側から強制連行を証言した『吉田証言』に続き、被害者の立場からそれを裏付け、『軍関与』の報道を導いた大きな存在でした」

 これによって、アメリカで慰安婦強制連行は事実として受け止められ、国際社会へと広がっていった。植村氏が自らの被害者としての立場ばかり強調するのが、如何に都合の良い論理であるかがわかるであろう。

■朝日の若い記者もガックリ

 植村氏は、閉廷後に行った会見でこう述べている。

「櫻井さんは(脅迫の)あおり行為をしている」

「『植村バッシング』は、私だけの問題ではない。リベラルなジャーナリズムに対する不当な攻撃である。未来の記者たちがいわれのない攻撃を受けないための戦いです」

 しかし、前者について、早稲田大学名誉教授の重村智計氏が言う。

「言論の世界で生きているのであれば、言論には言論で答えれば良い。もし脅迫を受けたのであれば、警察や司法に対応を求めるべきであって、公権力で相手の主張を封じ込めようとするのは、ジャーナリストとしての役割をわかっていないと言わざるをえません」

 そもそも、植村氏は訴訟提起から1年余り、ニューヨークや韓国なども含めて講演活動に出ずっぱり。とても脅迫に萎縮しているお方とは見えないのである。

 後者についても、元朝日新聞ソウル特派員の前川惠司氏が言う。

「古巣から漏れ聞いたところによると、朝日の心ある若い記者は、植村さんが表でこのような主張をする度にガックリきているそうです。間違いをおかしたのであれば、反省する。これは子どもでもわかること。若い記者が植村さんの態度を真似て、間違っても開き直ればいいんだ、と思ってしまったら、それこそジャーナリズムの自滅です」

 彼がそのために戦っているという「未来の記者」からはソッポを向かれてしまいそうということだ。これではまるでピエロである。

■論理のすり替え

 その道化師、もとい植村氏は、

「私が『捏造記者』でないことを、法廷でも、証明していきたいと思っています」

 とのみコメント。

 しかし、前出の重村氏は喝破する。

「植村君の取材が甘かった、というのがこの問題の本質なのです。そんなごく単純な問題を、櫻井さんなどの保守の論客から非難されたことで、“正しいことを言っているのに、右派にとっては、都合が悪いから攻撃されている”と、左対右の構図にしてしまった。要は、問題の本質を認識することなく、論理をすり替えているだけなのです」

*********************************************************

植村氏本人は、自分が災いをまき散らしている事には、気が付いていないようですね



これらを回避する方法としては「非韓3原則」があります

助けない
教えない
関わらない


そして、「Jの法則」というのも存在します

日本が味方した国、日本と組んだ国は成功し栄えるという法則です

日本が相手にせず、無視して、距離を取り始めると外交でも経済でもドンドン勝手にガタガタになって行くのです

これまでは、韓国も中国も、その恩恵で技術を盗んだり、成りすましたりして成功していたはずです


日本は「座敷わらし」なのです、国外では「ブラウニー」と呼ばれる存在です

いるだけで国家が発展してインフラや教育まで勝手に整備してくれるし、それらの維持のしかたも全部教えてくれる

水も道路も在留日本人が暮らしやすいように改造していくから、黙ってても日本並みの暮らしが手に入る

でもいったん日本人を追い出そうとすると「座敷わらし」はさっさと引っ越して、他所の家に憑いてしまい元の家の繁栄はそこで止まって没落が始まる

ブラウニーは、邪険に扱うともちろんのこと、面と向かって褒めちぎっても照れていなくなる、結構面倒くさい妖精

やんわりと感謝されてるのが一番好きだそうです


朝日新聞も、左翼を装い、日本を卑しめて、いったんは成功したのかも知れません

でも、もう振り返っても、そこには日本人はもう居ないんです

さようなら、朝日新聞。。。


  • URL:https://yaplog.jp/ocaltpon/archive/1012
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Kの法則など嘘ですよ
私の記事を読めばわかります
July 11 [Wed], 2018, 9:45
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぺーちゃん
読者になる
2016年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Yapme!一覧
読者になる