交渉の際に

May 10 [Sat], 2014, 22:23
転職などの場では面接などを行うケースっていうのが
多々あるかと思いますが、
そういった転職などの面接では賃金の交渉っていうのを
行うケースっていうのがあるかと思います。

その場合っていうのは、以前はいくらぐらい貰っていたのだとかとか、
今の能力はどの程度のものなのかっていうのを加味して
賃金が決まることになっていくわけではありますが、
こういった賃金が決まる時っていうのは、
その交渉にはいろんなやり方っていうのがあるようです。

特に大事だと思われているのが希望の額を先に言うのかどうかっていうことで、
これはその後にどういった期待をするのかっていうことで
大事なことになってくるようです。

例えばアンカリング効果っていうのがあるようですが、
これを期待するのであれば、先に言ってしまうっていうのは手になるのだそうです。

しかし、必ずしもアンカリング効果で上手くいくかというと
そういったことでもないようで、
大事なのは状況に応じて手を変えていくっていうことになるようです。

簡単にはいかないところだとは思いますが、
交渉において大事なのはウインウインの関係を目指すっていうことになるようで、
一方的に得をするっていうような交渉では、
どうしてもその後にしこりが残ってしまうっていうことになるようです。

賃金の交渉の際はその点にだけは注意しておいたほうが良いっていうことになるのかもしれません。

後は自分の希望をしっかり伝えるということになるのでしょうか。
  • URL:https://yaplog.jp/oc0u52n5xrbf/archive/25