真のプリースト
2002.09.30 [Mon] 06:11



オークDにて戦うこと数時間。

運がよかったのか、いきなりエンペリウムをゲット。

これはギルド開設用にとっておくことにし、今度は一攫千金のためのエンペゲットに精進することにした。

BOTの出現でオークDの治安が乱れる。

出口上だと名前がわからないことをいいことに、横殴りをしまくる奴のことだ。

男アーチャーで名前はRobot、頭に花。

こいつはかなり最悪な野郎なので名前を載せておく。横殴りしかやっていなかった馬鹿だ。

その後、通りすがりの人から壁になってくれと頼まれる。

見知らぬ人に頼まれたのは初めてだ。

その人が落ちるまでLV上げを手伝う。

混戦の中、ばたばたと死んでゆく人々。

私の前でアコが倒れた。

私「なむ」

男プリ様が現れ声をかける。

プリ様「生きる意志はあるか?」

死体の人「ある!」

リザでその人は復活。

この人こそ真のプリーストだ。

かっこよすぎ。

そのお方はその後も人々に支援やリザをかけ続けていた。

串柿もあーゆう感じになってもらいたいものだ。





 

眠い
2002.09.29 [Sun] 06:09



騎士になり、ゲフェンDでキノコを倒しまくる。

一晩でJOBLV20まで上げる。

念願のペコ乗りになり嬉しさのあまり部屋の中を跳ね回る。

金もあったので、ランスを購入。

STRが低いため、まだまだコスプレ騎士だ。

なつ蜜柑、串柿とともにオークDへ向かう。

途中、最強の敵(オークヒーロー)が後ろに出現。

いきなり全滅か。私は恐怖した。

しかし、通りすがりの騎士様がオートカウンター連発で激破。

凄すぎる。

これが噂の超兄貴か。

わらわらと集まる人々。

もし遭遇したらAC連発でいこう。

SPが切れて死ぬだろうが。

オークD内で、迷子になる。

なつと合流。

串柿は変わり果てた姿に。

親切なプリ様がリザをかけてくれる。

復活した串柿、ものの数秒で死体に。

何やってるんだアンタは。

その後なつも昇天。

なつ「エンペ取るまで帰ってきちゃ駄目だよ」

朱咲さんと合流、再度突貫。

速攻で帰還。

朱咲さんが落ちた後、入り口付近で一体ずつ激破。



 

騎士降臨
2002.09.28 [Sat] 06:07



ゲフェンDで敵を倒しまくる事三日。

最後の追い込みにはここが一番適している。

いいポイントさえ確保できれば、サクサク上がる。

ゲフェンD入りたての頃はそんなにAGIを上げていなかったため、敵の攻撃をかわせずに苦しい思いをしたが。

てなわけで、AGIを45くらいまで上げた今、ほとんどの攻撃をかわせるようになった。

アイテムを拾う暇もないほど忙しい狩場なら、お金もさくさく貯まる。

一度の出撃で1万は固いだろう。

今朝方、鯖缶で巻き戻り現象が起こったときは少々焦ったが、気合でLV上げを続行。

巻き戻り直後など、接続人数が1000人以下で、逆に敵の増殖に恐怖した。

流石に10匹以上かかってこられては、対応できない。

何とかJOBLV39の98%くらいまで貯まったので、プロンテラを目指すことに。

道中ついに40になり、祝福を受ける。

LVUP以外でもエフェクトが出ているのか。

プロでナイトに転職。

その場にいた皆様から祝福を受ける。

ペコ騎士6人の2HQやプリの支援魔法を浴び、歓喜に包まれる。



 

その者弱きヒールを手にダンジョンの奥におりたつ
2002.09.27 [Fri] 06:05



初めてフェイヨンDで戦った。

ゾンビはそんなに怖くないが、B2の目玉焼きが堅くて死の危険を感じる。

串柿の突貫となつの魔法と私のバッシュでなんとか激破。

通りすがりの人曰く「目玉はアクティブじゃないから大丈夫」を信じてトイレにいった。

帰ってくるとPTMが右往左往しているではないか。

串柿「なつの魔法がなかったら死んでたよ」

通りすがりの親切な方が目玉を撃退してくれていた。

串柿が目玉を追いかけていくと、奥から骨剣士がでてきた。

これがまた強い。

なんとか激破、エルニュム原石をゲット。

圭一「ぷう」

串柿「ぷうはやめろ。圭一のイメージが崩れる」

最後に記念のSSを撮ることになり、目玉に突貫しにゆく。

三人並んで死んでいると、往来のど真ん中ということもあり、嫌に目立った。

人がわらわらと集まる。

花やバケモノのエサを供えてもらい、記念SSを撮影。

串柿「パトラッシュ・・ぼくはもうつかれたよ」

皆様「W」





 

耳打ちファーストコンタクト
2002.09.26 [Thu] 06:03




カズっぽさんと耳打ちでお話した。

シーフということで、シルエラとも出会う事もあるかもしれない。

是非ともPTに入れたいところだ。

PTだが、シルエラ作成にあたり、今のPTをなくし新たにPTを作成。

「ドリル戦隊!!」

PTMで話し合った結果である。

最近ゲフェンDでレベル上げだ。

好奇心でB2Fへ行ってみると危うく死にそうになったので蝶を使い離脱。

ナイトになってからだな。

気分転換にゴーレムに突貫。

バッシュ連発(SPなくなるまで)して何発か殴っていたら激破可能。

エルニュウム原石をゲット。

調べるとエルニュウムに精錬するのに5個必要とのこと。

遠いな。

鋼鉄20個でオペラ仮面(防2)を目指そう。

歌う草は偶然拾ったし、作成金5000なんてすぐ貯まる。

木屑120個&1万で笠も捨てがたい。

アルデバランに到達できたらその時に作成してもらおう。





 

仮面ライダークーガー
2002.09.24 [Tue] 06:01




PTM全員が初めて集合。

リーダーである私「佐久間圭一」

ブルーの「なつ蜜柑」

軍師Tさんの「串柿」

緋椿さんの「朱咲」

記念撮影を取り、集合茶会のはじまりだ。

「変態ライダー集合茶会w」

通り過ぎる人が、思わず立ち止まってしまう怪しいタイトルだ。

そして、次々と明らかになるメンバーの素顔。

チャイドリについて語り合う。

どうやら私が第1話を書かなくてはいけないらしい。

さて話は変わるが、昨日久々に兄が帰省しており、兄とでかける事に。

兄の運転で高野山へ。

奥の院前でUターンし、岩出のニノミヤへ。

メモリを買い、猛スピードで帰還。

飛行機の時刻も迫っておりハードだ。

兄にメモリを付けてもらい、快適な状態にしてもらう。

流石エンジニア、見たことのない画面だ。

その後駅へ送る。

ラグナを再開、アカウントを取り、「 シルエラ」を作成。

シルエラの名前が使われておりワンスペース空けることに。

初心者修練場でLV10に。

女キャラだと声をかけられまくりだ。



 

伝説
2002.09.23 [Mon] 05:59



昨日、夕方からボウリングに行った。

そこで伝説が生まれた。

9月22日はホワイトの誕生日。

事あるごとに「今日は誕生日やからな」を連発。

トータルスコアもトップでストライク連発だ。

ブルーが衝撃の発言「薔薇の花嫁いてるな」

まさか自分から言うとは。私とイエローは顔を見合わせた。

遂に克服したのか。アクト1からアクト2へ!

ブルーの恐るべき追撃に人類は恐怖した。

イエロー「彼は暴走している!」

私「暴走!?」

イエロー「妄想じゃないで!」

私「モウ!モウ!」

イエロー「ソウ!ソウ!」

ブルー「何?全然意味わからんで」

私「魂の会話だ!!」

まさに投球しようとしていたイエローのツボに入る。

イエロー「投げる時に笑かすな!」

その後、牛太へ。

牛肉半額で超混んでいたが、たらふく食べ盛り上がる。

ホワイトがマーシャルビート2を購入。

ブルーの家でオープニングを見ることに。

その衝撃に、我々は打ちのめされた。

こんな面白いゲームが出ていたとは。





 

耳打ち事件
2002.09.22 [Sun] 05:56



シールドを購入。

再び、ホルン狩りに赴く。

お次はマントだ。

それまで装備していたバックラーを朱咲さんに渡しにいく。

お返しにカードをいただく。

その後朱咲さんのレベル上げを手伝う。

私が敵に先制の一撃をいれると敵は私に攻撃をくりかえす。

あとは朱咲さんが止めをさす。

壁役をやったのは初めてなので妙に嬉しくなる。

朱咲さんと記念撮影(スクリーンショット)。

まったりしていていい気分だ。

朱咲さんが朝の4時に落ち、その後ホルン狩りへ。

マウスを持ったまま寝ていたことに気付くのが7時。

なつ蜜柑「寝ているの?」の耳打ちに、「寝ていました」と打つ。

耳打ちになっておらず、普通に表示される。

周りにいた人が一斉に「!」「?」を出したのですこし恥ずかしかった。

ホワイトの「〜お芋〜」から耳打ち「今日は投げにいくんか?」

一瞬何のことかわからず途方にくれる。

しばらくして、ボウリングの事と気付き、返事を返す。

ホワイトは最高だ。






 

遂に!感動のファーストコンタクト!!
2002.09.21 [Sat] 05:54



早朝、なつ蜜柑とゴーレムを狩りにいった。

なつ蜜柑が引きつけてる間に、私が攻撃。タゲが私に移ったら、なつ蜜柑のファイアボルトが炸裂。

2回目のファイアボルトでゴーレム激破。

その2回目まで耐えるのがかなりぎりぎりだ。

この戦法、上級者にはピンチな状態に見えるらしく、助けに入ってくれる方続出。

酒場の目撃情報から、耳打ちで緋椿さんの「朱咲」に呼びかける。

返事があり、感動。

串柿さんも入ってきたので会う事に。

朱咲さんは「カタツムリのいる場所」にいるという事で、私の独断で間違った場所に串柿さんを誘導してしまう。

てっきりカタツムリ海岸と思ってしまいました。

プロ西にて朱咲さんを待つ事に。

変態1号、2号ということで二人で頭にリボン装着。

V3は朱咲さんらしい。串柿さんによると。

感動の対面に酔いしれる。

友達、PT登録後チャットで盛り上がる。

ラグナでこんなにマッタリしたのは初めてだ。

その後なつ蜜柑も来るが朱咲さんと串柿さんが鯖落ち。

残念です。



 

ラグナ 5日目
2002.09.20 [Fri] 05:52



白ヒゲを購入した。

現在、ヘルム、眼帯、白ヒゲとなっている。

リボンは同志と会う時につける。戦闘で防御低くなるから。

白ヒゲ装備で、見た目はターンA。

見知らぬ人「おひげさん」

私「ホワイトドール出現。そんなにヒゲが好きかぁー!」

19日の深夜にまさかの意識喪失で貴重な時間を無駄にしてしまった。

私も歳を取ったということか。

今日は、接続者数が増えようが、落ちない方法で丸一日お金稼ぎに費やす。

最近MJ07でホルン狩りをしているのだが、一定地点に立って敵出現を待つという方法。

接続者数1万越えでも落ちずに安定な稼ぎ。

MAP移動をすると間違いなく落ちるためだ。

拾ったアイテム各種が300個を越え(赤ポ使いきりの重量オーバー)、槍(ギサルム、6500zで売れる)5本ゲット。

売却後、念願のプレート(8万z)をゲット。

さてお次はシールド(5万6千z)だ。

再びホルン狩りへ。


ラグナSS掲示板発見
http://mayuneko.sohoworks.net/ragnarok/