メリークリスマス

December 24 [Sun], 2006, 23:24
今日はクリスマスイブ

昨日、に伝えたい気持ちをぶつけた。
すると、は、泣いた
は焦ってあたふたした

考えたら、今年で3回目のクリスマス
前までは、ちゃんと計画を立ててしなかったなぁ...
と、思い、今年はがんばった と思う(笑)

来年も、を驚かそう
昨日は色々と付き合ってくれて、ありがとな

心の整理

December 13 [Wed], 2006, 22:03
あれから、と会って、考えた。
これからの付き合い方。


「イチからやり直したい」


これが、今一番のお互いを考えた答えではないかと思う。
仕事・プライベートとお互い忙しい。
しかし、今までは必ず、週末は会う。

うさぎに怒られるかもしれないが、
無理して会う日もたまにあった。
それはそれで、自分に中では納得して会おうとしていた。

しかし、無意識に、しんどい雰囲気も出していた。
これが返って逆効果でもあった。

「オレは無理してまで会っているから、会ってくれ。」的な
日もあったかもしれない。

本当に申し訳なかった。
会いたい気持ちが、皮肉にも迷惑をかけてしまう。。。


正直、お互い、日ごろ言いたいこともあり、
そして謝りたいところもあるのかなと、先週会って感じた。

そこで、お互い、そのお互いの心にあるものを
整理して、イチからやり直したらいいのでは?と思った。

簡単に言うかもしれないが、逆を言うと、どうしても
納得できず、変に頭によぎってこだわってしまう部分は
もう一度最初に戻して、イチから考え直すことでもある。

怒りたいところを抑えて、白紙にする。
それに伴い、謝りたいところも許してもらう。


気持ちをリセットするのだ。
後ろめたい気持ちも、失敗してしまったという気持ちも、
過去にとらわれずに、やり直す。

どうだろう...


お互い、ときめきも感じなおし、もちろん過去を忘れるのではなく、
過去は過去で頭に入れておきながら、初心に返るのだ。

言い方を代えれば、お互いを良く知った上での
イチから心の中を探りなおすことでもないのかな。

良いところも、悪いところも、癖のあるところを見る。
見るというより、見つけ出して、ものにする。
お互いそれを共有して、レベルアップしていく...


まだ、先週の今頃は、がたがたしていたから、すぐには
この気持ちに切り替えるのは難しいと思うけど、
せっかくの、の縁ある関係だから、
再スタートをかけたいと、願っています。


いつも気が短く、すぐ怒ってしまうでごめんな

好きになること

December 09 [Sat], 2006, 3:21
「恋」
 ・特定の異性に強くひかれること。また、切ないまでに深く思いを寄せること。

「愛」
 ・異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。

「恋愛」
 ・特定の異性に特別の愛情を感じて恋い慕うこと。
  また、男女が互いにそのような感情をもつこと。

「好き」
 ・心がひかれること。


ずっと、考えている。
恋愛とはなんだろう...


恥ずかしながら、どこが好きなのか?と説明しろといわれると、
できなくなる。

説明できないけど、「切ないまでに深く思いを寄せる」という
気持ちが一番強かった。


「切ないまでに深く思いを寄せる。」


すごく、しっくりとくる言葉だ。分かりやすい。
何か分からないけど、好きな人のためにと思い、
今まで、一生懸命になれた。

遠いところでも、夜遅くなっても、一生懸命になれた。

ずぼらな姿は見せたくない。
一生懸命したかったのだ。

一生懸命するという気持ちになれることとは、
自分という人間の、心の底から尽くせる時である。

心の底から尽くせる、尽くしても良いと思える。
不思議なことだ。


正直、ここまで異性のことを気にしたことは、初めてだ。
一体、なぜ、切ないまでに深く思いを寄せたのか。

見返りを求めるため?単なるこだわり?
どれも当てはまらない。
本当に、分からないのだ。

分からないからといって、不安にはならなかった。
分からないことが答えなのかな?とも感じた。
それに、答えを出す必要もない。

別に、好きな異性から特にやってほしい事というのも無かった。
しかし、自分のことだけを見て欲しい気持ちが、非常に強かった。

自分を見てくれていないというのが、不安でたまらない。
自分に興味を抱かれていないのも辛い。

相手にされず、ほっとかれるのが嫌だったから、なりふり構わず
何でもしてあげようとする。
自分の行動に自信が無いのだ。
自信が無いから、おもしろおかしいことを考えて、行動する。


そう。喜んでもらえることが、一番嬉しかった。


異性を好きになるのって、難しい。
好きでいつづけるための努力もいる。

しかし、

恋愛って、お互いが成り立たないと、できないものなのだ。
片方が熱くなっても、相手が冷めていれば、意味をなさない。

熱い人間は、冷たい人間に無理やり熱さを分けようとする。
冷たい人間は嫌がる。
それでもずっと、暖かくなるまで注ぐ。

冷たい人間を暖かくさせようとしても、押しかけ感情では
どうすることもできないという、厳しい現実も知った。


お互いが肝心。


熱い気持ちは、いつかは受け止めてくれると信じていた。
しかし、人も、時間と共に、飽きも生じる。

好きか嫌いかは、ふとした環境・気分次第というのが、はっきりいって悔しい。
突然、起こってしまうので、本当に、本当に悔しい。


今、どう考えても、取り返しがつかない局面に迫られている。

自分にとっては、ささいな事だと不注意に思っていた。

言い訳かもしれないが、切羽詰ったとき、頭の中が整理できなくなり、
混乱してしまう。混乱しているときのイライラはたまらない。

あの時、我慢して会わなければ...
あの時、我慢して電話しなければ...


これだけは言いたい。
「好きでもない人に一生懸命になれない」という言葉は誤解だ。
本音なんかじゃない。

恋愛に投げやりというのも、正直驚いた。
そう感じられていたのが、本当にショックだった。

しかし、好きかどうかわからないと、曖昧な気持ちを
数ヶ月引っ張られてきて、正直苦しかった。

今も、苦しさを感じる。
苦しさというより、未練が残っている。


切なさがこみ上げてきて、何としてでも何かしてあげようと、
あふれんばかりに情を注いだのが、返って逆効果だったのかな...


もう、恋愛はしない。いや、できなくなるだろう...
ときめきも、感動も、感じることが恐ろしくなる。


しかし、この約三年間は、良かった。
本当に良かった。



今、涙が止まらない。


楽しいこと、嬉しいこと、嫌なこと、困らせたこと...
本当にいろんなことがあった。

忘れたくもない、捨てたくもない、素敵な思い出たち。



だんだんと、寂しくなってきた...



まだ、涙が止まらないや。



どうしていいのか、分からない。

分かりたいのに、答えが出ないのが、辛い。

はぁ

December 07 [Thu], 2006, 22:18
仕事の宿題が多い
製図面の嵐

時間をかけても終わらんわぁ

あたらしい部署

December 05 [Tue], 2006, 21:07
先日、会社を辞めるという話になりましたが、
それから、色々と経て、結局、残ることになりました

新しい部署。
それは「品質管理」を行う部署です。

この前も載せた、情熱き先輩が引き止めていただいた
部署のことです。

内容は思い描いた「理想」に近い
ところでもあるのではとひそかに感じています。

そこでは、会社が扱っている商品をネジ一本の長さまでみる
相当細やかな業務が多いところです。
 ※商品は全部で3万種

イーっってなるのも事実。
はっきりいって、前の部署より、業務に束縛されて、
最終防衛ライン的な仕事を任されている気分だ(苦)

・細かい
・めんどい
・難しい
・専門的
・数字と物理の世界
・商品の質問攻め
・クレーム窓口
・取り扱い説明書を作る
・海外工場とのやりとり ← 中国人は、なかなか言うこと聞かない
・商品の改善(検品および仕様書作成)
・いつかは中国出張

はっきりいって、こんなの出来んわ

でも、部署のみなさまは、優しい方ばかり
優しいというか、適当な判断をせず、
プロ意識をもって業務を遂行するって感じなのだ。

かっこいい


今思うに、仕事が楽しく感じられるのは、
業務内容ではなくて、誰と一緒にやっていくかではないかと感じた。
前の部署では、仲は良かったが、全く相性が合わなかった。
というか、合わすことができなかった...

とにかく、初心に戻っては精進します。

人のきもちとは。

December 04 [Mon], 2006, 23:07
人は機械と違って正確でもなければ、効率のいいものではない。
また、コンピュータと違ってよく忘れるし、はき間違えることも多々ある。

しかし、なんで、人は悩んで、効率も求めて考え込んでしまうのだろう...
楽をしたいから?その悩みから脱出したいから?悩むことによる自己満足?
そもそも思うに、機械やコンピュータのように
人は効率さや正確さを追求していいのか。

仕事のため、福祉のために効率さや正確さを追及するのはいいと思う。
自分も、そのつもりで仕事の効率をもとめて、日々精進している。

しかし、普段の生活はどうだろう...

正直、何も悩まず考えずに楽をしたい。
適当に好きなことして、だらだらとして、
友達と意味無くどこか出かけたい。
適当に思ったこと軽く口にしたいし、あっさりと行動したい。
たまたまイライラしてまったから、相手気にせずイライラしたい。
そうすることで、失敗を恐れずに行動に移して、
とりあえずスカッと発散したいと思ってる。

生きている人間として何が一番したいか?
それは、「楽」・「欲求」の追求。これが極論であると考えている。


もちろん、逆に困っている友人や知り合いが自分に
相談しにきたら、何でも受け止めてやる。愚痴も聞いてあげる。
意味も無く八つ当たりされてみる。
スカッと発散させられる立場になる。

なぜ相談されても、嫌気が出ずに受け止めてやろうかと思えるのか。

それは、受け止めるための判断材料がありそうで、
まったく備えていないから。備えがないから、白紙のままで
受け止めてあげられるから、すんなりと受け取ることが
できるからだと思う。

逆に、自分が経験してきたことを照らし合わせて
相談に受けると、個人的干渉が出てしまい、お互い、
あんまり良い気持ちになれないと思う。
偏見的にもなるし、過剰に相手の意見も聞いてしまうし...

決して、「分からない」を理由に逃げる気は、これっぽっちも無い。
受身になっても迷惑とは思わない。

普通に、話を聞いて、その言葉から「痛い」「辛い」気持ちだけを
感じてあげて、痛いところを「痛い!」と共感してあげ、
「なんとかなるもんやて」とスカッと返してあげる。明日もあるから、
適度に考えて、なるようになるさ精神を
たよりに生活して行けよと言う。

そんな器用な人間なんて、地球上にいないよ。
分からなくて当たり前。

相談されても、誰も答えなんて出ない。出なくて当然。
「相談されてもオレ、よく分からんけど、話聞いちゃる」っていうのは
答えではなさそうで、実は立派な答えやと思う。

相談なんて、正確な悩みの答えを導くのではなく、
いかに親身な気持ちになって、気持ちを込めて「よしよし」と
頭をなでてあげらるのかが、最高の答えではないかと思う。
もちろん、そのやり方は十人十色でもある。

分からないなりに、いかに勇気を出して、行動に移せるか?

その時が一番、人として他人を幸せにして、
自分を幸せにしてくれる行動でだなぁと、
ふと頭の中によぎった。


人が唯一機械やコンピュータより優れているところ。


それは、どんな局面でも、「融通」できる能力が備わっていること。
その融通とは、損得考えずに、
適当にコミュニケーションすることによって
生まれてくる感覚。

融通を利かせられる人は、人らしくて、本当に素敵ですばらしいと思う。
世の中、そんな人たちばかりになればいいなぁ...

オレも、小さなことでもいいから、
融通が利いて「幸せ」を運べるになりたい。



2006年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像iwfragfrqk
» 年金問題 (2008年05月09日)
アイコン画像nyanya23
» へたなりに (2008年04月13日)
アイコン画像さっち
» へたなりに (2008年04月11日)
アイコン画像さっち
» 夜桜 (2008年04月09日)
アイコン画像poko
» 夜桜 (2008年04月07日)
アイコン画像はるな
» 検定試験を自己採点! (2008年03月29日)
アイコン画像うさぎ
» ミッションインポシブル (2007年07月23日)
アイコン画像山田
» 年金問題 (2007年06月18日)
アイコン画像うさぎ
» 年金問題 (2007年06月02日)
アイコン画像うさぎ
» イライラ〜 (2007年05月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nyanya23
  • アイコン画像 趣味:
    ・自動車
    ・旅行
    ・ショッピング
読者になる
HONDA好きの 適当ブログ 適当に、読んでください