大阪 四天王寺 その他の見どころと穴場スポット

August 13 [Wed], 2014, 16:50

2014年7月、前回ブログの続きです。
今回は、大阪、穴場パワースポットの四天王寺の中で…、
その中でも穴場だなぁ〜と、思うスポットと…、
その他の見どころを紹介します。




ズバリ言って…、
四天王寺庭園は、穴場中の穴場です…!
NYANNにとって、心癒されるパワースポット…。
こんなすてきな場所があったなんて、知らなかった…。
オススメです…!

この暑い夏に…、
涼しい水しぶきを感じる滝が流れ…、
ハスの花が美しく咲き、極楽浄土を思わせる庭園が広がる…。
由緒ある建物が残され…、
涼しいお茶室で、お抹茶もいただける…!
こんな魅力的な場所があったのです。





四天王寺境内の露店の賑わいや…、
お参りに集まる人々の喧騒とは、別世界のような静けさです。
四天王寺は、多くの建物が太平洋戦争で焼失しましたが…、
この庭園のゾーンには、古い建物が残っていました。

木立の奥にひっそり佇む、湯屋方丈の建物…。
古くて、なにやら風格ある建物発見…!、と思えば…、
江戸初期の建物、重要文化財なのでした。
徳川秀忠公による再建です。





方丈とは、住職さんの住居です。
この四天王寺の方丈は…、
徳川幕府に大きな影響力を持ったという天海僧正が…、
四天王寺執務の際、在住されたとか…。

五智光院の建物も、古くて由緒ありそう…。
江戸初期に再建されたものでした。

近年、傷みが激しいので…、
堂内拝観を中止しているのが残念です。
「今後とも文化財保護のため、
ご協力お願いします。」
…と、ありました。納得…。





滝の水音が涼しげ…。
広いお庭をぐるっと回ります。
ちょうど、この季節…、
ハスの花が、美しい花を咲かせていました。

庭園の片隅に、雰囲気あるお茶席を発見…!
お茶席で、抹茶ブレイクです。
お抹茶は、400円…。
お抹茶に添えるお菓子は…、
四天王寺のお土産で有名な、”つりがね饅頭”でした。





あ…、それから…、庭園はこのように素晴らしいのですが…、
年中、いつでも公開しているのではなくて、
公開期間が決まっているそうです。
調べてから出かけたほうがいいかも…。


庭園の次は…、
四天王寺太子殿、伝説の”猫の門”へ…。
聖霊院の前の門には、「猫の門」の石碑が立っています。
門を見上げると、何やら猫の彫刻らしきものが…。





この彫刻の猫が、大みそかになると門を抜け出し…、
ニャーニャー、鳴くとか…。
いや、元旦の朝になると、ニャンと3回鳴くとか…。
昔から、語り継がれているそうです。

残念ながら、伝説の”猫の門”は、焼失し…、
今あるのは、再建されたものです。
では…、
再建された門の猫も、ニャンと鳴くのだろうか…?





また、四天王寺には、他にも”伝説の○○”があるようです。
例えば、龍の井戸…。
この井戸には龍が住む…と言われています。
ホントかなぁ〜?
井戸を覗くと、龍の影が映るとか…。

確かに…。
井戸の天井には、龍の絵が描かれていて…、
井戸を覗くと、水面に龍の絵が映ります。
水面に映る龍に…、
厄除け祈願するとよい…、と言われていました。





また、今回は公開期間ではなかったのですが…、
宝物館もお勧めです。
四天王寺は、何回も焼けているのに、多くの寺宝が伝えられています。
5月に行った時は、舞楽装束や舞楽面など…、
舞楽関係の展示が充実していました。

広い境内は、他にも見どころがいっぱい…。
亀井堂の”経木流し”は、印象に残りました。
お堂のそばの井戸のような場所で…、
先祖の戒名を書いた経木を浸し、
お寺の人が、ひしゃくでかき回している…。

何しているんだろうか…?、と、思えば…、
先祖の極楽往生を祈願しているのでした。
こんな供養の仕方が、昔から伝わっているのですね。
この場所は、写真撮影はご遠慮下さい…と、ありました。





境内の片隅に…、
諸願成就の布袋様の像を見つけました。

おなかの福は、福を呼び…、
背中の黄金袋は、財を呼び…、
手に持つひょうたんは、無病息災…、
めでたい布袋様を撫でてお参り下さい…と、ありました。

そういえば…四天王寺はお寺なのに…、
境内に、物部守屋を祀るお社がある…、と聞きました。

崇仏派の蘇我氏&聖徳太子と…、
廃仏派の物部守屋は、激しく争ったそうです。
攻め滅ぼした敵を祀るお社が…、
四天王寺に存在する…!

敵を祀るとは…!
でも…、ある意味、太子さまらしいかも…。
いろいろ歩き回りましたが、お社は、見つかりませんでした。
非公開なのかもしれません。

ところで…、
ちょっと前に、聖徳太子が書いた”予言の書”がある…!
…と、話題になったことがありました。
その本を、ちょっと立ち読みした記憶が…。

「これは…! 過去のこと、みんな当たっている…!
スゴイものが隠されていた…!」
でも…、2016年、日本に危機が訪れるとは…?
インパクト強くなるよう、大げさに書いてあるのかも…。

その”聖徳太子の大予言”は…!
四天王寺に伝わるものだそうです。
原本は、お寺に残されていないそうですが…、
写しが存在するようです。それは、ホンモノ…?

どちらにしても、2016年の日本の危機が的中しないよう…、
四天王寺で、太子さまに祈りを捧げなくては…。

でも大丈夫…。
悪い内容の予言は、世間に公開されると、的中しなくなるみたいです。
1999年にも何も起こらなかったし…。
それは、予言が的中しないよう、みんなが祈りを捧げるから…、
…、と、書いた本を読んだことがあります。
太子さまも、予言が的中しないことを望んでおられることでしょう。





謎も、見どころも、いっぱいの四天王寺…。
歴史散歩の方にも…、
パワースポットめぐりの方にも…、
お参りマニアの方にもお勧めです…!



  • URL:https://yaplog.jp/nyannmama/archive/84
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Daniele
Nyannmama、返事本当にありがとうございます。
分かりました。行った時、庭が閉まっていたかもしれません。大阪に帰ると、すぐに行くつもりですよ。またありがとう。楽しみにしていますね。^_^


October 29 [Wed], 2014, 2:51
Danieleさんコメントありがとうございます。
四天王寺の庭園の入口は、ちょっとわかりにくいところかも…。
中心伽藍の区域を出て、宝物館を通り過ぎ、亀井堂の奥を本坊のほうへ行きます。
本坊の手前に庭園入口があります。
今度、行ってみて下さい。
October 28 [Tue], 2014, 12:39
Daniele
四天王寺本坊庭園ですか。私は5月に行くつもりでしたが、入り口が見つけりませんでした。
October 26 [Sun], 2014, 22:10
2014年08月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nyannmama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる