実は隠れパワースポットかも…?滋賀県、湖東三山&石山寺

December 11 [Sun], 2016, 9:00

2016年11月22日、滋賀県の湖東三山(西明寺、金剛輪寺、百済寺)に行きました。
湖東三山の紅葉は、本当に久しぶりです。

さて、高校1年の時、2学期の期末テストの直前の休日のことでした。
両親に、「テスト週間中は、部活ないよね〜。
こんな時じゃないと、家族みんなで出歩けないじゃない…?

滋賀県に”湖東三山”って呼ばれる、3つのお寺があって…、
今の季節、ちょうど紅葉シーズンだから、それを見に行こう…。」
…と、誘われました。





 「え〜っ?普段あまり勉強してないから…、
テスト前ぐらい勉強に集中したいよ〜。
期末テスト終わってからじゃだめ…?」

 「期末テストが終わってからじゃ、もみじも散っちゃうよ〜。
さ、気分転換に行こう、行こう…!
キレイなもみじがNYANNが来るのを待っているよ…!」
そうか…。テスト終了したら、もみじも終了か〜。
しぶしぶお付き合いしました。


西明寺、金剛輪寺、百済寺と回り、オマケに醒ヶ井養鱒場へ…。
赤いもみじが日の光に映えて輝くよう…、
最盛期のすばらしい紅葉に出会えました…!
今でも忘れることはできません。






 「そうだ、もみじの最盛期は2学期、期末テストのテスト直前だった…!」
…と、思い出し、湖東三山に出かけました。
そして、33年ぶりのご本尊御開扉の石山寺へ…。


結局、今回久しぶりに行って、気が付いたことがあります。
それは…、今回巡ったお寺は…!
もしかしたら”隠れパワースポット”かも…?

3つのお寺はどれも山裾にあって、紅葉が素晴らしく…、
入口付近にきれい庭園があって…、
石垣にかこまれた情緒のある参道を登ると…、
本堂には秘仏がおいでです…!

一見、よ〜く似ているような3つのお寺ですが…、
じっくり見て回ると…、
それぞれ違った魅力があります。





3つのお寺は、北から西明寺、金剛輪寺、百済寺です。
少し前に、3つのお寺とも揃って…、
秘仏ご本尊の御開扉がありました。
普段、ご本尊は公開されていません。

ご本尊のお姿を拝見することはできませんが…、
3つのお寺とも揃って、紅葉の期間限定…、
本堂などの秘仏が公開されていました。


まず、一番北にある西明寺へ。
うわ〜!もみじがキレイ…!一番盛りかも…。
入ってすぐのお庭を巡ります。





そして、参道を上がって本堂へ…。
本堂の前で、「今から三重塔の公開があります。
拝観される方はお集まり下さい。」
…の声が…。
そこで、本堂参詣の前に、まず三重塔へ…。

持ち物を全部預けて、三重塔内に入ります。
入って驚きの別世界…!
板壁、柱一面に華麗な壁画がびっしりと描かれています。
ス…、スゴイです…!

鎌倉時代の絵がこれほど鮮やかに残されているとは…!
特に天井の部分は修理復元されたのか…?
と、思うほど色鮮やかでした。
もちろん、何も手を加えていないそうです。





そして中央には、大日如来さまが荘厳な雰囲気の中に…。
その存在感に圧倒されました。
ここ、パワースポットかも…!

次は本堂へ。本堂も国宝です。
戦国時代、織田信長の焼き打ちをかろうじて免れ…、
三重塔、二天門とともに、残された鎌倉時代の建物です。

本堂でもお寺のスタッフさんの説明がありました。
 「本堂の干支の顔の付いた十二神将さまにご注目下さい。
宝くじ、ギャンブル以外のお願いなら…、
何でも聞き届けて下さる有難い仏さんです。」





 「でも、この十二神将さまは…、
”その干支の方のみ”を守護する仏さまなんです。

他の干支の方がお参りされると…、
お願いはスルーされますので…、
必ず、”自分の干支の十二神将さま”にお参り下さい。」

…とのことでした。
「ギャンブル以外何でもOK…!」というところがスゴイですね。
よ〜く聞いて下さるそうです。

ご本尊の薬師さまは秘仏です。
ご住職の任期中に1回ぐらいの割でご開帳があるそうです。
前のご開帳は、2014年春だったそうです。
次にお目に書かれるのは遠い先のことのようです…。






次に車で10分ほど南に行き、金剛輪寺へ。
ここも紅葉の季節で大変な賑わいでした。
まず、下にある庭園から拝観します。

お庭は桃山期、江戸初期、江戸中期に作られた3つの庭園があります。
奥の庭園の池のところ…、
舟型の石の周辺の紅葉がひときわ美しく…、
とても心に残りました。






次にお地蔵さまの並ぶ長い参道を上がって本堂へ。
本堂は鎌倉〜南北朝時代のものです。
行基菩薩の創建で聖武天皇の勅願寺だそうです。

ここも戦国時代の戦火を免れ…、
貴重な文化財が残されています。
本堂には秘仏、本尊聖観音さまが祀られています。

ご本尊は、”生身の観音様”と呼ばれています。
行基菩薩がこの観音さまを彫っていると、
あるとき、木肌から赤い血が一筋流れたそうです。





それが仏さまに魂が宿った印と考え…、
粗彫りのまま本尊として安置されたという伝説のある…、
不思議な観音さまです。
こちらも秘仏なので、今回はお目にかかれませんでした。

さて、ここで注目したいのは…!
特別公開中の大黒天さまです。
本堂裏側には大黒さまが祀られていますが…、
それとは別の、日本最古の大黒さまが公開されていました。





なんでも、甲冑をまとい武器を持って…、
ちょっと怖いお顔です。
よくある大きな袋を持って、にっこりしている…、
大黒様のイメージとはちょっと違った感じでした。

ところが、この大黒天さま、パワーは強力だそうです。
宝くじのお願いもOKだとか…。
この大黒さまにお願いすれば、年末ジャンボ当たるかも…!





次に一番南にある百済寺へ。
ここは、百済からの渡来人のために…、
聖徳太子が建てたお寺と伝えられています。

ここも石垣に囲まれた長い参道があり…、
紅葉が素晴らしいところです。
鎌倉時代から天台宗の巨大寺院として繁栄したそうです。

ここだけは残念ながら、織田信長に焼かれ…、
鎌倉時代のものは残されておりません。
ただ当時の面影は参道の石垣など、ところどころに残されています。








大きな池のある庭園の紅葉が見事…。
池の鯉にエサをやることができました。
エサを撒くと、すごい勢いで鯉がたくさん集まってきます。
生存競争の厳しさを感じてしまいました。

紅葉のお庭をめぐって、展望台へ上がります。
いい眺めです。
広々とした湖東平野を見渡すことができました。

さらに参道を上がって本堂へ。
江戸時代に復興されたものです。
本堂には、秘仏十一面観音さまが祀られています。





ご本尊の扉は閉ざされていましたが…、
ここでもその他の秘仏が公開されていました。
色鮮やかな聖徳太子像…、
美しい如意輪観音さま…。
ここも紅葉の時期だけの特別公開でした。

湖東三山では、どのお寺も…、
お参りしていると遠くから、ごお〜んと鐘の音が聞こえてきます。
穏やかな音色に、なんとも言えない情緒を感じます。

百済寺では美しいもみじに囲まれて鐘楼がありました。
誰でも自由に鐘を撞くことができました。
NYANNも鐘を撞いてみました。
「ぼぉ〜ん」と、穏やかで深い余韻が響き渡りました。





次に石山寺へ。
ご本尊如意輪観音菩薩が33年ぶりの御開扉です。
御開扉期間はあとわずかとなり、立ち寄りました。

拝観料と別に500円お納めすると…、
観音さまのすぐそばで参詣できます。
観音さまの手元から、参詣者の手元まで…、
”ご縁の綱”が結ばれていました。

外国人さんが、 「このロープは何…?」と聞いてきました。
”ご縁”という言葉が英語に変換できなくて…、
 「”観音さまとお友達になれる”ロープです。」と、答えました。

33年ぶりにお姿を現した観音さま…。
”ご縁の綱”に触れると、観音さまとお友達になれ…、
観音様のパワーをいただけるかも…。
この荘厳な雰囲気…。パワースポットに違いないです。






そして、境内の硅灰石の大きな岩も…、
金運を呼び込む隠れパワースポットと…、
マニアの間では噂されています。

そんなわけで、いろいろパワースポットかも…?
…と、いう場所をいろいろ見つけてしまった…、
湖東三山と石山寺でした。

もう紅葉は終わっちゃいましたが…、
これからは、年末詣&初詣シーズンです。
では、皆様も楽しいお参りを…!


  • URL:https://yaplog.jp/nyannmama/archive/170
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2016年12月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nyannmama
読者になる
Yapme!一覧
読者になる