2019関東大学サッカーリーグ第1節 

2019年04月07日(日) 20時28分
2019関東大学サッカーリーグ 第1節
vs東京国際大学 2(2−0/0−0)0 勝




2年ぶりの関東の舞台へ…高まる気持ちを抑えつつチームが求めていることをミーティングにて確認。

・チームのために・・・と言う想いを忘れないこと
・タフにフェアに戦うこと
・持っているチカラを出すためにメンタルコントロールをすること
・90分×22試合を成長の場とすること
・それぞれの立ち位置で,日大サッカー部の価値を上げること

どこまで伝わったかはわかりませんが、ベースを大切にすることで積み上げが成り立つのです。
内容はまだまだ発展途上ですが、そんな中でも勝点3が取れたことは大きな収穫だと思います。
しかしながら、この舞台はそんなに甘くありません…引き続き努力を続けましょう。

メンバーの決まる前日まではチーム内で切磋琢磨する
発表後は自分の立ち位置でチームのブランド力を高めるべく全力を尽くす
全力で戦う…全力で応援する…全力で運営する…
115人で成長しましょう。

ピッチ内のパフォーマンスも…応援のクオリティも…まだまだ伸びしろはありそうです。
次節のvs東海大学に向けて皆で作り上げて行きましょう。

今やれることを全力で…すべては目標達成のために…

砂上の楼閣・・・ 

2019年03月16日(土) 10時23分
砂上の楼閣・・・見かけは立派であるが,基礎がしっかりしていないために長く維持できない物事のたとえ。

今週末をもって2週間の強化トレーニング終了
この期間で何を感じ・・・何を考え・・・どう行動したか?

大きく考え方が変わり成長の一歩を踏み出した選手。
考え方は変わったものの行動に移せない選手。
自分が強すぎて聞く耳の持てない選手。
何も変化しない選手。

チームとしては,TOPチーム・Iリーグチーム・社会人チームと,それぞれのカテゴリーにおいて,確固たる日大サッカーを展開してもらいたい・・・と言う想いがあります。
そのためには,チームとしての考え方を理解することが必要不可欠となります。その中で,個のストロングな部分を発揮して欲しいのです。

個の集団がチームなのですが・・・チームとして結果を求めるのであれば,決まりごとがあるのは当然のこと。
その考え方を早く理解をして,チームの中で輝く存在になって欲しいと思います。

しかし,その前に・・・
もっともっと固めなくてはならないベースがあります。
ピッチ外の細々としたこと。

先週の雨風でメイン階段〜グラウンドへの通路には枯葉が多く・・・誰がアクションを起こすかと1週間観察しておりましたが,誰一人アクションを起こす選手はおりませんでした。
週明け・・・練習を見るに値しないと思い自ら清掃をしましたが,選手が何を感じたか?が問題です。

卒業し就職すれば,会社の周辺を清掃することがあると思います。
何のためにするのか・・・と言うことがわからなければ長続きしないし身に付かず習慣化されないでしょう。
数名に質問しましたが,気持ち良く仕事をするため・・・自分を律するため・・・との答えが返ってきました。
どちらも正解だと思いますが・・・それは個人の話。

綺麗な店構え・・・丁寧な応対・・・気持ちの良い挨拶・・・
そんな所に顧客は集まるのだと思います。
会社の価値を上げるため・・・利益を生むため・・・ではないでしょうか。

外から来た人をメイン階段を降りるときに,どんな想いにすることが出来るか?
レベルは違えど・・・サッカーは夢や希望・感動を与えるスポーツです。
スタジアムに行ったときのような空間を作り出したいものです。
そして自らも,あのメイン階段を降りたとき・・・気持ちが切り替わるような空間にして欲しいと思います。

まだまだ土台作り・・・チームの価値をあげべく努力することで必ず自分達に素晴らしい何かが待っています。
引き続き,その何かを追求しましょう。

強化習慣・・・ 

2019年03月07日(木) 18時46分
今週〜来週と強化週間と位置付け,OFF無しの2部練習

何を意図して・・・何を要求されているのか?
トレーニングの意味は?
設定・・・環境・・・人数・・・さまざまな要素の中で,何を感じ〜何を考え〜どう行動に移すのか??
じっくりと観察したいと思います。

グラウンドでも話をしたように,常に頑張る・・・と言う文化は先輩達が積み上げてきたもの。
新チームでは,それをベースに『100パーセント出し切る思考』と『高い質を求める思考』を積み上げてもらいたい。

そのためにも感じ〜考え〜行動することが大切になってきます。
頑張っているだけでは出来ないことが多くあります。
だからこそ,その裏づけとなるものが必要となります。

強いキックを早いテンポでおこなうためには,それなりの筋力がなければ出来ません。
強いヘティングを要求されるならば,それなりの筋力がなければ出来ません。
筋トレだけで良いですか?
量と質を伴う良い食事が必要です・・・良い休息も必要となります。
すべてがつながっていると言うことを感じ取ってください。

週末はゲームが入ってきます。
そこでのパフォーマンスは平日のトレーニングでやったことしか出てきません。
すべてつながっているのです。

すべては日々の積み上げ・・・
目標を達成するために必要な要素です。
皆の目標は何ですか??

やりましょう

あなたは日々・・・何を感じていますか

考え〜行動に移しましょう

DENSO CUP 

2019年03月04日(月) 13時29分
不慣れな関西方面の電車を乗り継ぎ・・・何とか目的地に到着
関東A・Bスタッフ陣と最終日前日の決起集会

翌日は,DENSO CUP最終日
それぞれチームの結果と己のアピールのラストチャンス

関東Avs九州
1(1−1/0−1) 負

2試合スタメン起用のタクロウはサブからのスタート。
アップ時も荷物運びや盛り上げの声など・・・サブとしての役割を全うしておりました。
そんな姿にプレーよりも大切な彼の成長を感じることが出来ました。
途中からの出場は中央でのプレー・・・何度か見せ場を作るもタイムアップとなりました。

関東B・北信越vs全日本
0(0−0/0−1)1 負

こちらも良い戦いをしておりましたが敗戦
一番の差は基本
ボールを蹴る,止めるはもちろんのこと・・・原理原則,優先順位が整理されている選手がピックアップされていると実感。
得点を取った上田アヤセは90分間CBと駆け引き・・・背後を取り続けた結果1本成功〜GKと1対1の場面を作り出しました。

やはり見せ掛けだけじゃないサッカーへの探究心が必要です。
時間だけ使う自主トレではなく,何をすべきか考えながらコツコツと努力を続けましょう。

本日より強化週間
2週間の2部練習となります。
心技体・・・己と戦ってください

6週目週末・・・ 

2019年03月02日(土) 9時54分
6週目末・・・何か気付きはありましたか?
本日もGAME三昧・・・スタッフが全カテゴリーをチェックしています

色々な役割を選手に振られていることで成長している選手
指示で動く・・・今まで通りで変わらない選手
スタッフが見ていないからとマイナスオーラを発している選手

サッカーが上手い下手ではなく・・・
練習の意図,ABC振り分けの意図,言葉掛けに気付けたか?気付けないか??

ある高校サッカー監督の言葉
選手のためにサッカー部があるのではないということ。チームの理想を追求するために選手がいて,私はその理想を追求するためにチームのプレーモデルをより高いレベルで実行できる選手を選ぶわけです。そこで「いや,オレの理想はこうだから」と選手から言われても,私にはどうすることもできません。

感じ・・・考え・・・行動してください。
まず,感じることが大切です。
人の言っていること・・・場の空気・・・等々,感じられず自分の主張ばかりする人は社会では通用しません。
『サッカーを通して社会に出ても通用する人間を目指す』
その言葉通り,色々なことを感じて欲しいものです。

来週からはOFFなし・・・2部練習・・・2週間の強化期間
心身ともに鍛え上げましょう


2019DENSO CUP 1回戦
関東選抜A vs 北海道・東北選抜
3(3−0/0−1)1 勝



タクロウ2発でブレイクしてますね
今日はvs全日本選抜
しっかりとアピールできれば下克上があるのでは・・・と期待し,選抜スタッフへの後押しと応援を兼ねて急遽Jグリーンへ向かう決断
では・・・行って来ます。


感謝・・・ 

2019年02月28日(木) 12時40分
昨日は金子タクロウ(法3)の北海道コンサドーレ札幌加入記者会見

会見でも述べたように・・・
大学サッカー界において,まだまだ無名の選手に対し評価を頂き,早々にオファーを頂けた事に感謝
この出会いのキッカケを作ってくださった北海道合宿を企画してくださっている『釧路市阿寒町』関係者の皆様に感謝

ようやくスタートラインです。
長生き出来る選手になるために・・・人として,選手として,まだまだ積み上げなければならない課題は多くあります。
ウチでしか身に付かないもの・・・コンサでしか身に付かないもの・・・自分次第で大きな存在になれると思います。
残された1年で成長しましょう


忘れてはならないのは,昨日の会見開催に際し尽力を頂いた方々です。
本部競技スポーツ部の方々・・・本部広報部の方々・・・
西田寮長・・・八幡山から駆けつけてくださった佐伯寮長・・・
少ない時間の中で段取り〜設営〜本番まで裏方で支えて頂きました。
心より感謝申し上げます。

そして,黒木総務を中心としたお手伝いメンバー5名と・・・梅木広報部長を中心とした広報部のメンバーに感謝です
もちろんタクロウの会見は嬉しいものでしたが,それを支える裏方の仕事を全うする仲間の姿にも嬉しさを感じました。



他大の選手会見よりも露出が多かったように感じます。
自分達のチカラで・・・自分達の活動を発信し・・・自分達の価値を高めて行きましょう
広報部の皆さん,引き続き宜しく頼みます

5週目週末・・・ 

2019年02月25日(月) 9時11分
2019シーズン始動から5週目終了。
何を感じ・・・何を考え・・・どんな行動をしたか・・・

金曜休みを貰い
金曜は関東大学選抜の流通経済大学キャンプのお手伝いに朝から出発
AMのトレーニング〜PMの紅白戦を見届けてきました。
我らが金子タクロウもスタメン奪取のために猛アピールしておりました。
選抜でいつも感じることは,目標を持つことの大切さ・・・そこに向かう意識の高さ・・・自分の見せ方・・・諸々上につながる要素
タクロウが戻ってきて,こう言った要素をチームに発信してくれることが選抜活動の意義であり,選出された選手達の使命だと思います。



土曜は朝練習〜昼休憩を挟みvs平成国際大学
今までのコンディション作りとは違い,90分の戦い方・・・内容・・・結果・・・色々な要素が必要になってきます。
4月の開幕まで試合が続きます。
チームとして,個人として有意義な時間として欲しいと思います。
強い北風の中での2試合観戦は罰ゲームのような寒さでした

日曜日は朝練習〜vs日立ビル〜vs日大文理〜vs横河武蔵野ユースと前日に続きグラウンド12時間コース
私は合間を縫って関東選抜AvsFC東京へ
タクロウ選手は,一先ず1本目に出場
後半は交代したので,トンボ帰りで稲城へ

全カテゴリーの試合を観ることが出来てスタッフ陣は充実しております。
チャンスはたくさん転がっています
それを掴むか・・・掴まないかは日々の努力の現われです。
結果に対して目を向けるのは,他人ではなく自分です・・・そしてしっかりと向き合いましょう。


甲子園で春夏連覇した監督さんの言葉です
『小手先の技術より,強い精神力をつくることのほうが大切で難しいんです。指導者は嫌われていい。生徒のためと思ったら徹底的に厳しく教える。起床・洗面・身支度・朝の散歩・体操・食事・整理整頓・清掃の生活指導を続けるうちに少しずつ変わった。小さい約束事を守れないものに限ってミスをする。どんなに技術があっても,ルールを守れないものは試合には出しません。』

同感です。
人として成長することが選手として成長するための第一歩

4週目・・・ 

2019年02月15日(金) 13時43分
1月のシーズンインから早1ヶ月が経とうとしている
新チームとしてのフレッシュ感は例年通り・・・良い意味で期待を裏切る選手は無く,想定通りのA・B・Cチーム割り振り・・・

学校がなく,どっぷりとサッカーに集中できて,自分と向き合える・・・この2月・3月で,誰が気付き?誰が行動を起こすのか??

毎日のコメントやトレーニングメニューに対し,感じ・・・考え・・・行動する。
日々成長・・・日々サバイバル

普通に頑張っていても想定通りの評価だと思います。
自分の特徴をより多く発揮すること・・・自分の武器で目立つこと・・・自分自身と戦うこと。

すべては取り組む姿勢
新入生も合流し大所帯となる。
大勢の中に埋もれることなく,個々の輝きを求めて欲しいと思います

新入生は,まだまだお客様
この期間で日大サッカー部を感じ・・・良い4年間を送るべく準備をしてください。


2019東京都社会人サッカーチャンピオンシップ(天皇杯東京予選)第3回戦
社会人チーム FC N. vs 富士ゼロックスFC 3-1 (村山2.関) 勝



こちらは順調に駒を進めていますね。
週末も期待しています

組織作り・・・ 

2019年02月04日(月) 13時46分
強いチームを作る前に強い組織作りを・・・
コツコツと積み上げてきたものが昨シーズン形となり,今シーズン更にレベルアップしそうな予感です。

自分達が所属する組織の価値を上げるために,それぞれの役割の中で最高のパフォーマンスを発揮してください。

まずは,オフィス部門@広報部が今後の活動についてプレゼンをしてくれました。
学生目線・大人目線・・・色々な目線で日大サッカー部の魅力を発信してくれることでしょう
楽しみにしています。

2月・3月の体力強化・・・筋力増量・・・体重アップ・・・
パフォーマンス部門@トレーニング班,フィットネス班,ニュートリション班の腕の見せ所
自ら追い込むことが出来るか

3月にはスクール活動を実施予定
こちらは,オフィス部門@企画・広報部が担当します。
子供達に夢を・・・楽しい時間をお願いします。

外にも試合分析担当のパフォーマンス部門@アナライズ班
審判割り振り・ウェア管理のオフィス部門@審判部
各施設・設備の管理をおこなうメンテナンス部門の各班

グラウンド以外の取り組みをすることで,多くの気付きがあることでしょう。
その気付きをプレーに生かすことが出来るようになると選手としてレベルアップするのだと思います。

『サッカーを通して社会に出ても通用する人間に・・・』
組織の中でどう生きるか?組織のためにどう動くか??
何はともあれ,自分達の力で価値を上げていきましょう。


Official Facebook/Official Twitterに続き・・・

Official YouTube/Official Instagram

をホームページ上から発信する予定です。
広報部の活動を楽しみにお待ちください

徹底・・・ 

2019年01月31日(木) 13時13分
今シーズン始動から2週間目・・・
3月までの準備期が最も重要であり,チームの方向性などのベース作りとなる期間である。
この2週間は選手達に任せ,スタッフはじっくりと観察をさせてもらっています。
新シーズン・・・心新たに良くやっているなぁと感じるところはありますが,諸々の徹底のなさが気になります。

挨拶
人の顔を見ても,見て見ぬふり・・・挨拶できない。

清掃
汚れていても,ゴミが落ちていても,見て見ぬふり・・・指示されないとやらない。

整理整頓
自分良ければそれでOK・・・見栄えなんて気にしない。

グループでのランニング
常に自分のペース・・・人のことなんて気にしない。

パスを浮かさない
こなしているだけ・・・ゲームのイメージが出来ていない。


指摘されないからやらない・・・と言う意識の低い文化が変わらない限り,このチームの成長はないでしょう。

我々は,プロではありません。
サッカー選手である前に学生です。
社会に出るために身に付けなければならないことが多くあります。
それを無くしてサッカーの上達はないと言うことを忘れてはなりません。
まずはチームでの決め事・・・選手間の決め事・・・世の中のルール・・・の遵守を徹底しましょう。

新4年生,引き続き・・・よろしくお願いします