2018納会&天皇杯@ 

2018年12月10日(月) 8時53分
週末は,4年生最後のグラウンドトレーニング&納会
久々にグラウンドに顔を出した4年生達は,1ヶ月前の勇ましい姿では無く・・・純粋に仲間達とサッカーを楽しむ青年の姿でした。
これが最後の日大サッカー部としてのトレーニング
いろいろな回想がされたことでしょう・・・4年生,お疲れ様でした



会場を移して『2018シーズン納会』を開催。
多くの・・・とはなりませんでしたが,OB・保護者・関係者に出席を賜り,楽しく有意義な時間となりました。
会に出席出来なかった方々もいらっしゃると思いますので,この場を借りて御礼申し上げます。

選手の皆さん・・・昇格おめでとうございます。
4年生・・・お疲れ様でした。
OBの皆さん,ご父兄の皆さん・・・良い時も悪い時も,変わらない応援・ご支援ありがとうございました。

 『かかわるすべての人が誇れるチームに・・・』が,チームのコンセプトです。
納会において,選手・スタッフ・OB・ご父兄・関係者の皆様が集える場所・時間は,本当に有意義で素晴らしいことだと思います。

決定戦で勝利が決まったあの瞬間・・・会場にいたチームにかかわるすべての人がこのチームを誇らしく感じたことえでしょう。
私もその一人で,勝ったことはもちろん嬉しいことでしたが,グラウンドに立つ選手,ベンチの選手・スタッフ,スタンドの選手,OB,ご父兄,関係者の一体感は,本当に素晴らしい光景でした。
 
あの空気をもう一度味わうためには,結果を残すしかありません。関東の舞台は,そんなに甘くありませんが,しっかりと目標を設定して努力を続けて参ります。

引き続き,応援よろしくお願いいたします。



そして翌日は,2019天皇杯が早々にスタート
新チーム最初の公式戦となりました。

準備期間の少ない中で結果を求める・・・非常に難しいことですが,強いチームが勝ち残る。
4月のリーグ戦に向けて,この天皇杯で結果を残すことの意味は非常に大きなものです。
そんな言葉を掛けて送り出しましたが,予想通り・・・そんなに甘いものではなく,先制したものの追いつかれ終了。
PK戦を制しましたが,課題の多い内容となりました。
そんな課題を突きつけられた中でも,次の試合に進めると言うチャンスをしっかりと生かしましょう。

天皇杯予選@ vs慶應義塾大学 1(1−0/0−1)1 PK5−3 勝





納会の夜は・・・
各学年の忘年会を開催してもらおうと昨年から事前に打ち合わせ
30代グループと・・・40代グループで開催されました
このOBの中には,元日本代表・・・元Jリーガー・・・高校教員・・・社長・・・人事担当・・・営業担当・・・多くの社会人成功者がいます。こんな人たちが何年経ってもつながっているのも,日大サッカー部での4年間があったから
現役選手が結果を残し・・・もっと多くのOBが集える場所・時間を提供したいものです。
OBの皆様,遅くまでありがとうございました。



継続・・・ 

2018年12月01日(土) 9時21分
新チームとなって早くも2週間が経とうとしている。

心機一転・・・新たな覚悟でピッチに立つ者。
なんとなく・・・周りに合わせてピッチに立つ者。
とりあえず・・・抜けられないからピッチに立つ者。

自分を変えるのも・・・チームの方向性を合わせるのも・・・シーズン終了までの残り3週間が勝負となるでしょう。

面談をして,一人ひとりに問いたいと思います。
・今シーズンを振り返り,チームのために何が出来たか?
・人として,選手として成長出来たか?
・来シーズン,チームのために何が出来るか?
・やるか,やめるか?

今シーズン味わった歓喜を関東2部リーグで味わうためには,ワンランク上の努力をしなければなりません。
その覚悟はありますか?

来シーズンへの準備期間・・・残り3週間。
有意義に使いましょう。



週末は,土日と新人戦の予選リーグvs帝京大,vs亜細亜大
新人戦も優勝して今シーズンを終えたいですね。
1・2年生,頼みますよ!

TOPチームは,練習試合vs國學院大学
来週末に控えた2019天皇杯予選の予選に向けた最終選考とります。
新たなメンバーを加え,新チーム躍動となるでしょうか?

Bチームは,練習試合vs明治学院大学
先を見据えた努力の継続をしましょう。
Bだから・・・と下を向いたら,そこでおしまい。
決定戦でピッチに立ったメンバーは,Bチーム出身者が多いのでは・・・チームのために戦う姿勢を養ってください。

私は土日と,年度末に開催される関東選抜DENSOカップメンバーの選考会
候補に挙がったギラギラした選手達をじっくりチェックしてきます。
日大からは,金子拓郎(3年)がピックアップ
関東の選手達に割って入れるか・・・楽しみです。

それぞれが良い週末になることを願います。

今やれることとを全力で・・・すべては目標達成のために・・・

まだまだ・・・ 

2018年11月26日(月) 14時19分
2018シーズン・・・
まだまだ試合は続きます。

1・2年生対象の新人戦が開幕。
vs学習院大学は,3−0で勝利
新チーム初の公式戦は,白星スタートとなりました。

来週末は,TOPチームの2019天皇杯予選が早々にスタート。
休んでいる暇などありません。
サッカー人生の集大成・・・大学生活もっともっとサッカーに没頭しましょう。


都県選抜選考会が,まだまだ興奮してしまいそうな埼スタサブグラウンドで開催。

長谷川・舘・金子 3年
太田 2年
大森・山内 1年

リーグ戦での戦いが評価されて選考会に選出



関東技術スタッフとして選考してきました。
関東選抜A・Bに入るためにチャンスを掴んだのは誰でしょう??
しっかりと目標を設定して努力を続けて欲しい。
目標がしっかりと定まっていないと,あっという間に4年間が終わってしまいますよ。

今やれることを全力で・・・すべては目標達成のために・・・

祝!昇格!! 

2018年11月20日(火) 12時51分
2018シーズン・・・目標達成!!
選手一人ひとりの想いがピッチに立つ11人を最後まで諦めずにファイトさせ・・・拓郎のラストプレーに・・・康太のシュートストップに・・・大輔の最後のPKに・・・そして歓喜の瞬間につながりました。
本当に本当におめでとう。皆の成長を嬉しく思うとともに,頼もしく誇らしく思います。

学校関係者の皆様,保護者の皆様,OB・OGの皆様・・・良い時も悪い時も,変わらぬご支援・ご声援ありがとうございました。チーム一同,心から感謝申し上げます。

ユウサクのブログには『輝ける集団』と記されていました。
ヒロシは『夢』
ムラコは『感謝』
澤口は『サッカーとは仲間と熱くなれるもの』
大輔は『仲間の励みに』
ヨコは『恩返し』
ツジ・トキト・串間は『仲間』
トウカイは『成長』
タクマ・小池は『本気』
ヤブは『最後の最後まで』

クニのブログには,昨シーズンの最終戦でのことが記されていました。あの瞬間から多くの選手が覚悟を決め,色々なものを背負い戦ったと思います。

タケのブログには,『継続は力なり』と記されていました。何回竹ボウキを握ったことでしょう。何km走ったことでしょう。色々なことを継続することで身に付き,個人の力・チームの力に変わったのでしょう。

修平のブログには『チームのために』と記されていました。チーム内で一番多く発した言葉かも知れません。皆が認める誇れるキャプテンでした。

4年生の覚悟,そして言動でチームの文化が変わろうとしています。
3・2・1年生がそれを継承し,より高い志を持って強い集団を作り上げましょう。

4年生のみんな・・・
4年間お疲れ様でした。最高の結果を残してくれて,ありがとう。

いよいよ後期開幕・・・ 

2017年09月15日(金) 11時18分
草津フェスティバルの審判&運営から始まった夏休み
TOPチームは,初の北海道釧路阿寒合宿〜練習試合の連戦〜東海遠征・・・
Bチームは,追い込みの稲城合宿〜サバイバルの御殿場合宿・・・
日大大会の審判&運営を経て,いよいよ後期リーグ開幕となります。

それぞれが目標を持ち,この夏を過ごしたことでしょう。
その成果は,これから出てくることでしょう。
急がず,焦らず,コツコツと努力を継続しましょう。

TOPチームは,合宿から選手主導のトレーニングを試み,あと1週間・・・あと1週間・・・と言いながら,後期開幕まで,選手主導で仕上げてきました。
東海遠征〜先週末の栃木SCと,まずまずの出来栄えだと思います。

残すは,最後の詰め・・・ここが大きなポイントとなることでしょう。
11人ではなく,18人でもなく。
TOPチームだけでもなく,部員全員が『残留』と言う目標に対し,どうアプローチして行くか?

ピッチで表現する者・・・ベンチで表現する者・・・スタンドで表現する者・・・
それぞれの立ち位置は,毎試合前日に決まります。
一喜一憂はありますが,全てはチームの勝利のため。
来シーズンのチームの起ち位置があるからこそ,また個人でもチャレンジ出来るのです。

目標と言うと・・・チームの目標に偏りがちですが,個人の目標も重要となってきます。
モチベーションを上げるのは,個人が目標を達成したい・・・勝ちたい・・・と言った,強い想いからしか湧き出てきません。
まずは,明日のvs立正大学に向けて,それぞれがモチベーション高く,会場に乗り込んでください。

開幕から,昇格組の天王山
全員の力で乗り越えましょう

今やれることを全力で・・・すべては目標達成のために・・・
































北海道釧路合宿2… 

2017年08月05日(土) 21時02分
空港で歓迎を受け、宿舎でセレモニー

選手たちも、ポッカーン⁉ですが(笑)
多くの方々が、この合宿を支えてくれているのです。

感謝の想いを忘れずに…

この続きは、通信の問題もあり
Facebookで、お楽しみください。

北海道釧路合宿1… 

2017年08月05日(土) 9時01分
久々の投稿は、こちらから〜

色々な方々の想いが一つになって、現実のモノとなった今回の北海道釧路合宿

チームの再出発と…再確認…
そして、地元の方々との交流&恩返し

では、いってきます。

チャレンジ・・・ 

2017年07月17日(月) 12時22分
積極的な選手間のミーティングで望んだ総理大臣杯関東予選・・・

1週間,選手だけでのトレーニングから,選手選考〜選手交代まで行った朝鮮大学との定期戦・・・

いずれも結果を受け入れなければならないが,見えないものが見えてきたのではないでしょうか?
現場にいる選手とスタッフにしかわからない空気感・・・
間違いなく,変化していると思います。

次は,継続することと・・・高いレベルを追求すること・・・結果に拘ること・・・



選手たちによる選手選考で,選手間の温度差も見え隠れ・・・
ピッチに立つ選手・・・ベンチで控える選手・・・応援組に回る選手・・・
それぞれが,お互いの立場を理解し,サポートし合うことも大切だし,厳しく求めることも大切です。

今日から自主トレ期間
誰が自らを追い込み・・・1歩も2歩もリードして,後期シーズンを迎えることが出来るか?

考え方も・・・プレーも・・・言動も・・・
前向きに,前向きに。



Tリーグ組は,遠方の上武大学での戦い
しっかりと結果を残して来てくれました。
ここからの積み上げと・・・突き上げが・・・チームを大きく変えることでしょう。




定期戦後は,国際交流
『日本大学サッカー部』と『朝鮮大学サッカー部』が,サッカーを通して,明るい未来の架け橋となることを願います。







成長・・・ 

2017年07月15日(土) 14時00分
いつの日からか・・・
グラウンドに小さなホワイトボードが掲げられるようになった。

そこには,日替わりで,『自主性』・『成長』・『内省』・『謙虚』・『主体性』・『感謝』・『追及』・・・
と言った言葉が並び,最初の円陣でコメントを発する。

頭では理解していても,行動に移すのは難しい。
難しいから,チャレンジをし・・・追求する。
その先に,また新しい壁が現れ・・・また,チャレンジをする。
そんなチャレンジの連続が,それぞれの成長を支え・・・チームが成長していくのだと考える。

成長のヒントは,話題の筑波大の快進撃にあるかも知れない。

他の大学にも負けない何かを追求し,No1まで上り詰めよう。
時間が掛かるかも知れない・・・それでも,チャレンジを続けることの方が大切だと言うことを皆,知っていることでしょう。

必ず成し遂げる!
強い意志を持って,熱い熱い夏を迎えましょう

目標・・・ 

2017年07月05日(水) 18時38分
君の目標は何ですか?君たちの目標は何ですか??

その期限は,いつですか?

どうなりたいですか?そうなれそうですか??

そのために努力をしていますか?それで十分ですか??

限界ですか?それとも,もう少し出来ますか??




2ヵ月半の中断期間・・・
目標を見失いがちですが,ブレることなく,流されることなく,人の目を気にせず,自分を追い込んで欲しい・・・成長させて欲しい。

他からじゃなく・・・自分で自分を追い込んだ選手のみが,この中断期間に成長することでしょう。
グラウンド内外問わず,自分を高めましょう。

プレーも・・・考え方も・・・声掛けも・・・前向きに。
今やれることを全力で。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nusc
読者になる
『日本一』 『関東チャンピオン』を目標に掲げる監督から選手達へのメッセージ・・・
2018年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31