抜け毛といってもいろいろな原因があります。原因がちがえばシャンプーなど予防法も変わります。 一日の抜け毛が平均値は? 抜け毛の毛根から見る正常な場合とそうでない場合、抜け毛のからむ病気・・・等々、抜け毛の原因から予防・対策についておつたえします。

Main | ヘアサイクル »
髪の毛の構造 
抜け毛が増えてきたので、その予防のケアを行おうと思った場合に、シャンプーや育毛剤の広告ひとつとっても、いろいろな言葉が出てきます。髪にかんする基礎知識を知っておいたほうが、何かと便利です。


■髪の毛の成分

そもそも髪の毛は何からできているかというと、その成分はタンパク質であるケラチンからできています。


■髪の毛の構造

髪の毛の構造は、頭皮の上と下の2つに分けることができます。
頭皮の上の部分に生えている部分、いわゆる髪の毛の目に見える部分を「毛幹」といいます。逆に頭皮の下、髪の毛の目に見える部分を支える目に見えない部分を「毛根」といいます。


■毛幹の構造

「毛幹」は、三つの層で成りたっています。内側から、メデュラ(毛髄質)、コルテックス(毛皮質)、キューティクル(毛小皮)といいます。

メデュラ:毛幹の中心部分です。栄養を吸上げる役目を担っています。
コルテックス:比率的には毛幹の大部分を占めます。メラニン色素を含んだ繊維状の細胞でできています。髪の毛の色は、このメラニン色素の量で決まります。
キューティクル:髪の毛の一番外側で、魚のうろこ状の形が何層にもかさなり、髪を保護する役割をはたします。


■毛根の構造

「毛根」の先に膨らんだ部分があります。これを「毛球」と言います。そして、その内側に「毛乳頭」と「毛母細胞」があります。

毛細血管を通ってきた血液の栄養分を「毛乳頭」を通じて「毛母細胞」につたわります。そして「毛母細胞」は、受け取った栄養分をもとに細胞分裂を繰り返し、頭皮から毛幹として生えてきます。

 / 毛髪の基礎知識 / この記事のURL
この記事のURL
https://yaplog.jp/nukege-genin/archive/2
P R
   
 Powered by yaplog!