書初め

2005年09月07日(水) 23時22分
初めての日記。とりあえず今日あった事を綴ってみようと思う。
昨日は遅くまでバイトで、睡眠時間が2時間ほど。朝から学校に行き、睡眠不足で吐き気をもよおしつつ課題をやり、14時から某製作会社(のような所)と打ち合わせ。今日が二回目の打ち合わせだったのだが、いつもの事ながら色んな事を発見させられる。というよりも、現実を突きつけられる感が強い。自分が「全く何も考えていない人間」だとは思わないけれど、本当に私は物を知らないんだとしらしめられる。

私と言う人間がどういう人間なのか、改めて考えてみようと思う。
私はどちらかというと、とても内向的な人間で、他人とのコミュニケーションがあまり得意ではない。周りの人には「そんな事ないよ」と言われるけれど、それはただ単に外面がいいだけであって、実は全く正反対の人間なのだ。他人と接しないから言っても、日長テレビを見ているかというとそうでもないし、ネットだって実はそんなにしない。何もしていないのだ。外界から自分を遮断して、ただひたすら殻に閉じこもっているだけ。バイトや学校で外出はしているものの、実際の所「引きこもり」と言われている人たちと大差ない。私は外出系引きこもりなのだ。言葉が矛盾しているかもしれないけれど、それが正しいように思う。
私には販売業の経験はあるが、コミュニケーション能力があるとは思えない。商品知識を話していればお客様と販売員との最低限の関係は成立する。お客様の求めているものを推察してお奨めする事もひとつのコミュニケーションなのだろうが、それがプライベートで役に立つかと言うと、なかなか疑問に感じる。
じゃあ何がコミュニケーション能力なんだろうかと思った時、やはり一番は人との日常会話のような気がする。友達、親、恋人。彼らとの何気ない会話こそが、とても大事だと思う。真剣に考えすぎと言われればそうかもしれないけれど、私にとってはそんな会話一つ上手く出来ない自分が歯痒く感じる時があるのだ。そしてまた自分の不甲斐なさに落ち込むのである。

先に進まなければどこにも行けない。
歩きださなければ何も見つけられない。
何かを始めなければ、何も得られない。

分かってはいても、その一歩を踏み出す事が怖かった。でも、勇気を出して一歩踏み出してみればそこに世界は広がっていた。そこから先は自分次第。

やる気というのは外からの刺激によって生まれるもので、新しい世界にはそれがたくさんあった。頑張ってみようという気持ちが沸いてきた。その一つがこの日記。随分前からブログをやってみたいとは思っていたものの、時間がないからとか、書くことがないからとか、くだらない言い訳をして、何もしてこなかった。そんな自分が好きじゃなかった。でも刺激を受けて、ようやく始めてみようと思った。色んな事に挑戦して行こうという、前向きな姿勢を持てるようになった。

夏から新しいバイトを始めた。苦手な「人とのコミュニケーション」を克服する面でも、なかなか良い環境のバイトだと思う。お金も貯まる。新しい世界への一歩も踏み出せそうだ。始めてよかった。
これからもくだらない事に悩むかもしれないけれど、未来の私に「頑張れ」と言いたい。
  • URL:https://yaplog.jp/nsa/archive/1
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
P R
2005年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nsa
読者になる
Yapme!一覧
読者になる