安堵したけど涙が出た

February 07 [Fri], 2014, 23:59
朝早く、実家から電話が入った。
どきっとした。
早朝の連絡は嫌だ。
一度も良い知らせがないから。
案の定ママが運ばれた知らせだったびっくりして血の気が引いた。
自分はすぐボスに電話して、状況説明をした。
それから焦って向かった。
その後病院へ行った。
病室にパパがいた。
ママは受診中とのこと。
少し後に祖母が来た。
難しい顔をしていた。
あたしはさらに心配になった。
だけど、おばあちゃんは突然大爆笑した。
おかあさんは軽い頭痛で調子が優れなかったとのこと。
安堵したけど涙が出た。
そして、あたしは母親の様子を見て自宅に行った。
門を開けたら室内は散らかっていた。
酷い臭い。
自分はコートを脱いで掃除を始めた。
すると近所の人が訪問してきた。
母のことを気にして差し入れを申し出てくれた。
自分は頭を下げて誠意を受け取った。

  • URL:https://yaplog.jp/npur5qz/archive/3
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:npur5qz
読者になる
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/npur5qz/index1_0.rdf