神無月の宴事、その真意を知る勿れ

November 26 [Sun], 2006, 13:58
「・・・・・・こんなところにおられましたか、大国主神」
「我らが苦労して怒り狂い邸を一つ破壊した奥方様を宥めている間に、客人と友好を温めておいでとは」
「私たちのことも少しは慮って頂きたく」
「お、お前達・・・・・・」
 暗がりから現れたのは、地味な身なりの『人間』だった。
 大神はその三人のほうをゆっくりと振り返るとかすかに震え出す。高座を回り込んでやって来て正面に立った三人は、えもいわれぬ恐ろしい眼光で大神を差した。
「あなたはっ・・・・!!あなたという方はっ!!」
 麻の素材の服を纏い、旋毛あたりで髪を結った一人が大神に詰め寄る。年は三十終わりか、中頃か。とにかくそれぐらいで働き盛りだという印象を受けた。
 大神は怯えながら、もはや何度目になるかわからない謝罪の言葉を口にする。
「ごめんなさいごめんなさい!奥さんから逃げてたらぶつかっちゃって、それで・・・っ!」
「それで後始末は我らに任せたのですか?」
「情けない・・・!そんなのだから奥方様の尻に敷かれるのですよ!」
「ひ、ひどい!!本当のことだけどひどいですよっ!勝先のバカっ!」
 勝先、と呼ばれた人間はぴくりと眉尻をつり上げて、ふんぞり返って腕を組んだ。
 結ってある長い髪の毛は赤い。主神を見下ろすその目も同じく、紅玉のように光っている。
 その容貌に粗末な服装は、あまりに不似合いに思われた。
「バカ?よりによってバカ?ほう、私をバカと仰いますか大国主神サマ。わ・ざ・わ・ざ!奥方様を宥め!機嫌を取り!その怒りを沈静化させた私をバカと!!」
 その横にいた頭一つ分背の低い人間が、怒っているというよりは呆れているといった顔つきで大神を見て、漸うして口を開いた。
「大神、我らは便利屋でも縁結びでも何でもないのですよ。少しはお考え下さい」
「小吉までそんなことを言うのですか・・・・?」
 剣幕に押され涙ぐみ、グス、と鼻をすすった大神は小吉と呼んだ人間を上目遣いに見上げる。それに小吉は存外はっきりと、
「ええ。私とて勝先と心は同じですから。我らは十二月将、大神のお守りではありません」
「十二月将?」
 聞き慣れない単語に太陰が自然と繰り返した。皆も怪訝そうな顔つきで三人を眺め、その視線に勝先は不愉快と眉をひそめ小吉はにこりと笑う。最後の一人は無表情に見返した。
 大神が双方を交互に見て、軽く首をかしげる。
「月将を知らないのですか、もしかして」
「・・・・今まで呼ばれなかったもので」
「う・・・申し訳ありませんでした」
 棘のある言葉にシュンとして、そんな大神を月将は見ていられないと顔をそらした。自分たちを見上げる神将達の方に向き直って膝を折り、軽く会釈する。
 勝先は直立したままだったが。
 小吉が優しい微笑みを浮かべて口を開いた。
「初にお目にかかります、十二天将。我らは十二月将。以後どうぞよしなに」
「天将?」
「我らは神将だぞ」
 玄武がいささか気分を害したように言葉を発した。無表情でいた月将がそちらを向いて説明する。
「あなた方は人の思いが形作られたもの。そして北極星を中心とする星や方角を神格化したもの。私たちは元は人間で、死後神となりました。そしてあなた達と同様に太陽と月との会合点を神格化したものでもあります」
「元は、人間?」
「ええ」
 今度は小吉が答えた。服の端を摘んで引っ張る。
「この服を見ればおわかりでしょう?麻の服です。人間の農民が着る服です。これが何よりの証拠ですよ。ああ、それと月将と天将という呼び方ですが、ただ違いを明確にするためにそう呼んでいるだけです。天将という呼び方がお嫌いなら神将とお呼びしましょう」
  • URL:https://yaplog.jp/nora_red/archive/34
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
2006年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像
» 神無月の宴事、その真意を知る勿れ (2007年02月09日)
アイコン画像北燐
» 神無月の宴事、その真意を知る勿れ (2006年11月14日)
アイコン画像北燐
» 神無月の宴事、その真意を知る勿れ (2006年11月11日)
アイコン画像紅藍
» お題続編1 (2006年09月01日)
アイコン画像北蓮
» お題続編2 (2006年08月15日)
アイコン画像祢音
» お題続編2 (2006年08月11日)
アイコン画像北蓮
» 抜き取り式御題[台詞]・[弐] No.3(下) (2006年07月28日)
アイコン画像祢音
» 抜き取り式御題[台詞]・[弐] No.3(下) (2006年07月24日)
アイコン画像北蓮
» 抜き取り式御題[台詞]・弐 NO:2(下) (2006年07月23日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:nora_red
読者になる
Yapme!一覧
読者になる