自転車によるツーリングの日記と、その他、日々の雑記を載せています。 旅に出ていないときは雑記を、旅に出てるときは、携帯から旅のリアルタイム報告を行っていくつもりです! 母体であるホムペのBBSも兼ねています.御意見、ご感想、あまり関係ない話題、などのコメントお待ちしております!

☆ブログランキング☆
ブログランキングが開きます。
☆再び参加しました!
クリックしていただけると嬉しいです!
☆プロフィール☆
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
■名前■  大島義史
■地元■  広島県広島市
■職業■  サラリーマン&チャリダー
■趣味■  自転車の旅、筋トレ、格闘技、マラソン、水泳
■所属■  某プロジェクトでオーストラリア勤務
大学1年の時に、生まれて初めてのマウンテンバイクを購入し、自転車旅の虜に。
大学4年間で日本をはじめ北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで14カ国52,000kmを走る。
社会人になってからは有給休暇を利用して学生時代に走った場所を繋ぐサラリーマン自転車世界縦断プロジェクトを行う。2012年に10カ国10,000kmを走って終了。
その後、南極大陸を自転車で走る「サラリーマン自転車南極行」プロジェクトを開始し、2016年1月に南極点到達。
2018年8月に世界一暑いデスバレーを走行。
2018年現在、オーストラリアで働きながら大陸に眠る「恐るべき空白」を目指して日々精進中。
まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いいたします。

facebook
サラリーマン自転車旅行ノウハウ集
クリックでカテゴリ「サラリーマン自転車旅行ノウハウ集が開きます。
□はじめに
□日々の準備編
_■有給休暇取得の方法
__・旅に出る人、という暗黙の了解
__・夢を人に語ろう。
__・旅の計画は半年前に伝えておく
__・有給休暇の申請は少なくとも3ヶ月前に
__・有給休暇をとるタイミング
__・自分の仕事を自分で抱え込まない
__・周囲への感謝を忘れないでおく
_■旅の準備をする時間のつくり方
_■効果的に体力をつける方法
_■旅のお金はどうやって貯めるのか
□旅の準備編
_■目的地の決定
_■旅に適した自転車
_■旅の装備について
_■航空券の確保
_■連絡手段の確保
_■出発前夜に
□旅の後片付け編
_■帰国日程について
_■手際の良い後片付けの方法
_■帰国後に仕事向き合う
_■アウトプットについて
□あとがき
アクセスカウンター
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
«2017年07月24日 | Main | 2017年07月22日»
ブログ「とまらない好奇心!」書籍化のお知らせ /  2017年07月23日(日)

いつもブログを読んでくださり、本当にありがとうございます。ブログ管理人の大島です。

このたび、ご縁がありまして、自転車旅行の本を再び出版させていただく運びになりました。



書名は――― 「とまらない好奇心」


このブログのタイトルがついております。



そもそも、今までの自転車旅行を書籍化しようという企画は、
2011年(6年前!)からございました。

ちょうど、自転車世界縦断が終わりに近づき、
一方で、南極という大きな目標もみえてきていたころです。



サラリーマンをやりながらも、

あるいは、家庭を持ちながらも、

自分の好きなことを続けていけないか?




そのような夢への希求を、自分自身を実験台にして、数年間続けてきました。

その記録を何らかの形でまとめられないかと考えたのが始まりです。



当初は、ホームページで公開するためのエッセイ集からはじまったこの企画ですが、
大変ありがたいことに、その後、いくつかの出版社様から声をかけていただきました。

しかし、順風満帆に出版へ至ったわけではなく、
企画の練り直しや、停滞、ボツ等、色々と紆余曲折を経ました。

ですが、僕のような我儘な人間に粘り強く付き合ってくださった編集のM様を始め、多くの方々のご協力、ご助力があり、このたび、晴れて出版となりました。

本当に、ありがとうございました。



この本は、僕の15年間の旅の記録を、エッセイとしてまとめたものになっております。

1話がだいたい2,000字〜4,000字程度で、会社に行く途中、暇つぶしがてら読めるような構成になっております。

ぜひ、お気軽に手に取っていただけますと幸甚です。



また、僕がつけている日記、あるいはブログをベースにできるだけ真実をそのまま書くようにしています。

主要な方々については登場の許可はもちろん、内容に対する事実確認、取材等を経て書かせていただきました。

会社のこと、家族のこと、そして、世界各地の自転車旅行。

この本には、そんな現場のリアルが、生々しく書かれております。



ところで、この本に継続的にでてくる主要な登場人物、例えば、家内の由佳ですとか、あるいは友人の倉内さん、そして、僕の発言は、10年以上にわたる日々の経過の中で、少しずつ変化していきます。

学生から、社会人になり、夫になり、親になる中で、登場人物たちの価値観、生き様、行動、どのように変わっていくのか、

そして、彼らが見出した、それぞれの冒険の結論とはーーー

そのような時の経過も、本作の見どころの一つと存じております。




前作「会社員 自転車で南極点に行く」との決定的な違いは、その構成にあります。

前回はフォトエッセイということで写真がふんだんに使われておりましたが、今回は、写真は巻頭の16ページのみで、残りは文章のみです。

小学館クリエイティブ様のご賛同もあり、今回の本、文章と内容で、勝負をかけることにいたしました。

ライトノベル風の軽妙な文体でありながらも、できるだけ映像として印象に残るような、生の臭いが漂ってくるような、そんな文章・表現を目指しました。

この本には、15年間の自転車旅行、そして10年間の社会人生活、7年間の結婚生活を経て、自分が本当に伝えたかった事を、余すところなく、全力で書かせていただいております。

ぜひ、手に取っていただけますと幸甚です。



それでは、改めまして、本作を、前作ともども、どうぞ、よろしくお願いいたします。



(画像参照:小学館クリエイティブ公式)


書名「とまらない好奇心 ―次の旅を夢見て―」

著者:大島義史

発売:株式会社 小学館クリエイティブ

発行:株式会社 小学館

発売日:7月25日 (……から順次書店等に納入)

価格:1,400円


(http://www.shogakukan-cr.co.jp/book/b306225.html)



(追記)
そうそう!今回から家内が「敬語」になりました。
前作では、「普通、妻は夫に敬語を使わないだろう」という想定から、敢えて口語にいたしましたが……「事実と異なる!」というご意見をいただいたため、やはり、いつも通りの口調といたしました。
こっちのほうが、しっくりきますね。



ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけると、うれしいです☆

@人気ブログ(自転車の有名ブログ一覧へリンクします)

 
□公式HP「Non-Stop-Run-To-」はこちら

□「サラリーマンが行く!」企画詳細はこちら

□「とまらない好奇心」ブログトップはこちら

Posted at 17:12 /  Infomation お知らせ / この記事のURL
コメント (2)
P R
書籍情報
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
書籍情報2
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
メールフォーム
タイトル

内容
amazon
































ご協賛・ご協力
(インナー・ミドルウエア)
■株式会社ファイントラック様
(アウターギア・シュラフ他)
■株式会社モンベル様
(南極用自転車整備)
■自転車屋ビッちゃん様
(南極用航空券、現地滞在手配)
■トライウエルインターナショナル様
(自転車パーツ)
■株式会社シマノ様
(順不同)
リンクシェア


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

JAL


JAL日本航空 先得

JAL日本航空 JMB入会


 
 Powered by yaplog!