自転車によるツーリングの日記と、その他、日々の雑記を載せています。 旅に出ていないときは雑記を、旅に出てるときは、携帯から旅のリアルタイム報告を行っていくつもりです! 母体であるホムペのBBSも兼ねています.御意見、ご感想、あまり関係ない話題、などのコメントお待ちしております!

☆ブログランキング☆
ブログランキングが開きます。
☆再び参加しました!
クリックしていただけると嬉しいです!
☆プロフィール☆
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
■名前■  大島義史
■地元■  広島県広島市
■職業■  サラリーマン&チャリダー
■趣味■  自転車の旅、筋トレ、格闘技、マラソン、水泳
■所属■  某プロジェクトでオーストラリア勤務
大学1年の時に、生まれて初めてのマウンテンバイクを購入し、自転車旅の虜に。
大学4年間で日本をはじめ北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで14カ国52,000kmを走る。
社会人になってからは有給休暇を利用して学生時代に走った場所を繋ぐサラリーマン自転車世界縦断プロジェクトを行う。2012年に10カ国10,000kmを走って終了。
その後、南極大陸を自転車で走る「サラリーマン自転車南極行」プロジェクトを開始し、2016年1月に南極点到達。
2018年8月に世界一暑いデスバレーを走行。
2018年現在、オーストラリアで働きながら大陸に眠る「恐るべき空白」を目指して日々精進中。
まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いいたします。

アクセスカウンター
2019年08月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
« ファットバイクはチューブレス化できるのか? 2.チューブレス化作業 | Main | 失われた痕跡を探して Booran Reserve »
ファットバイクはチューブレス化できるのか? 1.部材調達 / 2019年08月19日(月)
ファットバイクはチューブレス化できるのか? 1.部材調達



後日また詳細にレポートしたいと思うが、4月〜5月にかえて行ったシンプソン砂漠の走行では、自転車のタイヤが砂漠植物のトゲに徹底的にやられて、タイヤもチューブも穴だらけになった。



もはや無残としか言いようがない状態。

毎日のように、ぺしゃんこになるタイヤを前に、僕はひとつの決意をした。

ーーーいいだろう。チューブレス化だ。



どうやら、僕なりに調べたところによれば、自転車の中に入っているチューブを取り去る、いわゆる「チューブレス化」によって、パンクをしても空気の抜けるスピードを和らげることができるらしい。

いわゆる、車のタイヤや、バイクのタイヤがそうで、自転車でも南極走行第1期で使用したHANE BRINKSは、チューブレスタイヤだった。

どうやら、全ての自転車のタイヤがチューブレス化できるわけではないようだ。

自転車のタイヤを調べて「チューブレス」もしくは「チューブレス・レディ」となっているタイヤである必要がある。



今回、僕がシンプソン砂漠で利用したいと考えている、SurlyのMoonlanderのタイヤ、「BUD」と「LOU」は「チューブレス・レディ」のタイヤにあたる。

「BUD」→https://ja.surlybikes.com/parts/bud

「LOU」→https://ja.surlybikes.com/parts/lou


中にチューブを入れても使えるし、チューブを入れずにチューブレスにしても使える、という優れものらしい。

じゃあ、初めからチューブレスにしておけばよかったじゃん!とも思うのだが、これもちょっと一手間かかる。

Surlyの自転車の場合は、タイヤのリムそのものに穴があいているため、その穴を防ぐためのキットを購入する必要があるのだ。


→幸いSurlyからチューブレス化するためのキットが販売されている。
 以下のリンクのとおりだ。
https://ja.surlybikes.com/parts/tubeless_kit


悩ましいのは、オーストラリアでは、Surlyの自転車を扱っている自転車屋さんが少なくて、お店に頼んで取り寄せるにも結構な時間がかかる様子だ。

しょうがないので僕は、Surlyの本場、アメリカの会社に連絡を取って、そこから輸入することにした。

いくつかのアメリカの自転車通販サイトでは、海外への発送にも対応しているところがあるので、そういったサイトを利用すれば簡単に注文ができる。



なお、チューブレス化キットと合わせて購入したのが「シーラント剤」というものだ。

これは白色の粘性の液のようなもので、仮にパンクして穴が開いても、そこからこの液がしみだしてパンクの穴をふさぐというものだ。

本当は、4月〜5月のシンプソン砂漠でこれを導入したかったが、間に合わなかった、という経緯がある。

チューブレス化をして空気の抜けを緩やかにしたうえで、シーラント剤で穴をふさぐ、完璧すぎる作戦である。



チューブレス化キットが到着するまで、2週間かかった。

いよいよ、これから僕の自転車は、革命的進化を遂げるのだ。




ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけると、うれしいです☆


@人気ブログ(自転車の有名ブログ一覧へリンクします)

□公式HP「Non-Stop-Run-To-」はこちら

□「サラリーマンが行く!」企画詳細はこちら

□「とまらない好奇心」ブログトップはこちら

Posted at 23:47 / 始まりの地、恐るべき空白。 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/nonstoprun/archive/4710
コメントする
名前:
Email:
URL:
クッキーに保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

コメント

P R
書籍情報
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
書籍情報2
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
メールフォーム
タイトル

内容
   
 Powered by yaplog!