自転車によるツーリングの日記と、その他、日々の雑記を載せています。 旅に出ていないときは雑記を、旅に出てるときは、携帯から旅のリアルタイム報告を行っていくつもりです! 母体であるホムペのBBSも兼ねています.御意見、ご感想、あまり関係ない話題、などのコメントお待ちしております!

☆ブログランキング☆
ブログランキングが開きます。
☆再び参加しました!
クリックしていただけると嬉しいです!
☆プロフィール☆
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
クリックでこのブログの母体サイトのホムペが開きます。
■名前■  大島義史
■地元■  広島県広島市
■職業■  サラリーマン&チャリダー
■趣味■  自転車の旅、筋トレ、格闘技、マラソン、水泳
■所属■  某プロジェクトでオーストラリア勤務
大学1年の時に、生まれて初めてのマウンテンバイクを購入し、自転車旅の虜に。
大学4年間で日本をはじめ北米、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで14カ国52,000kmを走る。
社会人になってからは有給休暇を利用して学生時代に走った場所を繋ぐサラリーマン自転車世界縦断プロジェクトを行う。2012年に10カ国10,000kmを走って終了。
その後、南極大陸を自転車で走る「サラリーマン自転車南極行」プロジェクトを開始し、2016年1月に南極点到達。
2018年8月に世界一暑いデスバレーを走行。
2018年現在、オーストラリアで働きながら大陸に眠る「恐るべき空白」を目指して日々精進中。
まだまだひよっこですが、どうぞよろしくお願いいたします。

facebook
サラリーマン自転車旅行ノウハウ集
クリックでカテゴリ「サラリーマン自転車旅行ノウハウ集が開きます。
□はじめに
□日々の準備編
_■有給休暇取得の方法
__・旅に出る人、という暗黙の了解
__・夢を人に語ろう。
__・旅の計画は半年前に伝えておく
__・有給休暇の申請は少なくとも3ヶ月前に
__・有給休暇をとるタイミング
__・自分の仕事を自分で抱え込まない
__・周囲への感謝を忘れないでおく
_■旅の準備をする時間のつくり方
_■効果的に体力をつける方法
_■旅のお金はどうやって貯めるのか
□旅の準備編
_■目的地の決定
_■旅に適した自転車
_■旅の装備について
_■航空券の確保
_■連絡手段の確保
_■出発前夜に
□旅の後片付け編
_■帰国日程について
_■手際の良い後片付けの方法
_■帰国後に仕事向き合う
_■アウトプットについて
□あとがき
アクセスカウンター
2018年07月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
« 13周年になりました。〜御礼〜 | Main | 日本人学校見学と、最近の娘の学習 »
ドローンが欲しい。本当に、欲しい! / 2018年07月12日(木)

ここ2週間くらい、ドローンを検討していた。


自転車旅行の記録をとって想い出として残す作業として、僕は好んで写真をとるのだけれど、どこかで、アングルに不満を持っていた。

もうちょっと高い所からの撮影ができないものか。




今年は家族旅行を、いくつか計画している。

家族全員の写真を、高い視点から、全員が映るように撮影したい。

三脚を検討してみたが、これでもまだ低いほどだ。

例えば、結婚式の集合写真とか、あの、脚立の上から撮影するような、あのアングル!……どこかにないものだろうか。



その結果として、辿り着いたのは、ドローン。

ドローンにカメラを持たせて、ドローンの視点から撮影すれば、高所撮影ができるのではないか。



どうせ購入するならば、
・それなりの風にも耐えられて、
・画質も一眼とそん色なくて、
・操作が簡単で、
・持ち運びも簡単、


そんなモデルがいいなぁ。



夢は広がるばかり、家に帰っては、寝る前に布団の中で機種を調べる日々であった。(おかげで毎日睡眠不足)



そして、2018年7月現在で、最強にて、最高のモデルがみつかった。
それがこれだ!!

DJI MAVIC AIR
https://store.dji.com/jp/product/mavic-air?vid=38961


・4K動画
・それなりに重さがあるので風にも耐えられる
・操作画面もスマートフォンで確認
・スマートフォン程度の大きさまでたためる



とにかく、僕のほしかった基準を満たすすべての要素が詰まっており、しかも、初心者向け!!



値段は……104,000円!!!!!



(画像参照:amazon)



た・・・・・・高けーーーーーーー!!!

高すぎる・・ああ、死ぬかと思った・・・・・・



ま、ま、まてっ!大丈夫だ、大丈夫。

夏のボーナスが、ある!

僕は誓ったーーー今月のボーナスでMAVIC AIR、買うぜ!!




といっても、ボーナスの半分は家内に渡して、
更にここから南極自転車旅行の借金返済と支払利息の送金に充てる・・・

残りはいかほどのものか・・・いけるか??


僕はかたずをのんで、自らのボーナス額を見た。




ーーーが!!


XXX,XXX円 (いつもの給料よりちょっと多い程度)


うちのボーナス、少ねーーーーー!!\(^o^)/終了




(追記)
 なお、オーストラリアでのドローンの飛行は、いくつかの制限さえクリアすれば自由に飛ばすことができる。
 日本やアメリカに比べるとかなり緩和されているのでドローンで遊ぶには最適かもしれない。

 ■オーストラリアドローンを飛ばすためのルール↓
https://www.casa.gov.au/aircraft/landing-page/flying-drones-australia

 ただし、日本でもそうなように、空港の近くなど、一定の場所の付近を飛ばすことはできない。
 それを確認するためのアプリがなんと豪州当局から無料で配布されている

 ■アプリ↓
https://www.casa.gov.au/aircraft/standard-page/can-i-fly-there-drone-safety-app
 
 ただし、それでもオーストラリアでは、ドローンの飛行を躊躇してしまうポイントがある。
 それは、国立公園内のドローンの飛行が軒並み制限されているということだ。
 唯一、規制が少ないのはクイーンズランドくらい。(但し、それでも規制は当然のようにある)
 南オーストラリア、ノーザンテリトリー、ビクトリア、西オーストラリアは基本的に飛行は禁止と考えてよさそう
 タスマニアは徐々に規制を厳しくしている方向なので、飛行は無理そう。

 つまり、「オーストラリアの観光地をドローンで撮影する」というのは、基本的に無理と考えていたほうがよさそうだ。





ブログランキング参加しました。1日1クリックしていただけると、うれしいです☆

@人気ブログ(自転車の有名ブログ一覧へリンクします)

Posted at 23:31 / 日々の雑記 / この記事のURL
コメント(0)
この記事のURL
https://yaplog.jp/nonstoprun/archive/4378
コメントする
名前:
URL:
入力内容を保存
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
コメント

P R
書籍情報
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
書籍情報2
クリックで紀伊国屋書店のサイトにジャンプします
メールフォーム
タイトル

内容
amazon
































ご協賛・ご協力
(インナー・ミドルウエア)
■株式会社ファイントラック様
(アウターギア・シュラフ他)
■株式会社モンベル様
(南極用自転車整備)
■自転車屋ビッちゃん様
(南極用航空券、現地滞在手配)
■トライウエルインターナショナル様
(自転車パーツ)
■株式会社シマノ様
(順不同)
リンクシェア


リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

JAL


JAL日本航空 先得

JAL日本航空 JMB入会

   
Powered by yaplog!