【オペラ「藤戸」】

2018年10月31日(水) 23時05分
本日、いずみホールでの、オペラ「藤戸」、昼夜2公演、お陰様で無事終わりました。

大阪文化芸術フェス2018のプログラムとして、伝統芸能とのコラボレーションということで、お昼の部は人間国宝の奥村旭翠さんの筑前琵琶と能の「屋島」の仕舞、夜の部は能の「藤戸」の仕舞を一緒にご覧頂きました。

オペラ「藤戸」は、能の「藤戸」をテーマに、有吉佐和子さんが小説「藤戸」を書かれ、それを尾上和彦先生がオペラに作曲された作品です。

西洋のオペラと能の謡(うたい)、全く発声法が違います。
今日は、そんな声の持つ魅力の多様性をお楽しみ頂けたのではないかと思います。

ありがとうございました!

【新年から、箕面で謡のお稽古をお始めになりませんか?】

2018年10月31日(水) 23時01分
阪急の箕面駅から徒歩3分。
モダンなコンクリートの打ちっぱなしの一知里邸ホールさんと国登録有形文化財の本当に素敵な洋館がある一知里邸さん。

来年から、気軽にご参加いただける能の謡(うたい)のお稽古を、楽しく始めさせて頂く事になりました!

ちょうど来年の干支は亥(いのしし)。
いのししの年は、知識を増やしたり、精神をきたえたり、内面の充実をはかるのに良い年だと言われています。

一知里邸さんは、本当にそこにいるだけでワクワクとする素敵な空間です。

ご興味がおありの方は、お気軽に一知里邸さんにご連絡くださいませ。
もちろん、私に頂いても有難いです!

よろしくお願い申し上げます!


【初心者いざなう伝統芸能 日経新聞「風紋」】

2018年10月29日(月) 23時20分
今朝の日経新聞の「風紋」にご掲載頂いた記事。
ネットでもご覧頂けます。

会員専用ページですが、登録すればお読み頂ける記事の数に制限はありますが、無料でも大丈夫みたいです。

【10月29日 日経新聞朝刊「風紋」】

2018年10月29日(月) 7時10分
今朝の日経新聞の朝刊に、山本能楽堂の能の普及活動について詳細にご掲載頂いています。

全国の紙面でご覧頂けます。
よろしければお目通し下さいませ。

社会面の毎回興味深い人気の「風紋」で取り上げていただけるとは、本当に驚きました。

ありがとうございます!

【イケフェス2018 山本能楽堂創設者・山本博之の偉業work#01】

2018年10月27日(土) 22時51分
本日、明日の2日間、大阪市内のユニークな建物が無料で一斉公開されています。
生きた建築ミュージアム大阪(通称:イケフェス)。
重要文化財の建物から、近代建築、そして最新の話題の建築まで。

山本能楽堂も毎年参加させて頂いておりますが、今年は本日の12時から15時までの3時間、一般公開させて頂きました。

今年のテーマは、「山本能楽堂 創設者・山本博之の偉業work#01」。

この3年間、山本能楽堂に残された能楽資料のアーカイブ制作をさせて頂いたのですが、それに関わってくれた京都造形芸術大学の学生さんが、山本能楽堂をテーマに卒論を書いて下さり、それが見事「学長賞」という最高の賞を受けられたので、そのままその内容を展示させて頂きました。

近年、私達も学校での出前公演やワークショップなどを積極的に行い、こども達に能の魅力をお伝えさせて頂いていますが、学校での公演は、観世の御宗家のご発案で、山本博之ら関西の能楽師のグループが始めたのが、学校公演の始まりでした。

そして、その学校公演が始まった昭和の初め頃の様子(男子生徒と女子生徒に見せていた演目に違いがあったこと)や、戦争に向かっていく中でどのように変わって行ったかなど、詳細についてまとめて下さいました。

どれもこれも、私たちの知らない事ばかり。。。

現在山本能楽堂がおこなわせて頂いている活動のルーツが山本博之の能楽への情熱にあるとの見解からの研究発表でした。

本当に有難いことです。

今年も大勢の方にお越し頂きましたが、今年は男性の方が通常より倍近く多かったような気がしました。

お客様とお話していて、「新幹線の中で、、、」と仰ったので、驚いてお尋ねしたら、わざわざ横浜からお越しになっていました。

オープンハウス・ロンドンを参考に始まった、日本最大級の建築イベント。

山本能楽堂は明日はあいにく公開しませんが、明日もたくさんの建物が一般公開されています。
気持ちのいい秋の一日、ぜひ、大阪のユニークな建物を訪れ、お楽しみ頂ければと思います!






【イケフェス2018 生きた建築ミュージアム大阪】

2018年10月27日(土) 0時47分
大阪中のユニークな建物が一斉に無料公開される、生きた建築ミュージアム大阪。通称・イケフェスが明日と明後日の2日間、大阪市内で開催されます!

山本能楽堂も毎年参加させて頂いており、明日・10月27日(土曜)の12時から15時まで、一般公開させて頂きます。

2階のライブラリーでは、「山本能楽堂 創設者・山本博之の偉業 work#01」と題して、山本博之にまつわる展示も行わせて頂きます。

山本博之が能楽堂を創設したのは昭和2年。
まさに大阪が空前の繁栄を極めた「大大阪」の時代です。

その当時の時代の元気な息吹を感じて頂ければと思います!

日本最大級の建築イベント。
他にも大阪市内のたくさんのユニークな建造物をご覧頂けます!

【産経新聞 朝刊】

2018年10月26日(金) 21時45分
本日の産経新聞様の朝刊に昨日の公演について、詳しくご掲載頂きました!

大阪府文化芸術フェスティバルの一環として、大阪の玄関口である関西空港で、訪日観光客の皆様に大阪に伝わる伝統芸能の魅力を発信させて頂くことができ、本当にありがたかったです。

たくさんの訪日外国人の方々にも、能や文楽や落語、そして邦楽、ダンスなどお楽しみいただけるようにならばいいなあと思います。

ありがとうございました!

【関空訪日客に伝統芸能おもてなし】

2018年10月26日(金) 21時43分
昨日の関西空港で開催させて頂きました、大阪府・大阪文化フェス実行委員会様のご主催の”「芸能の都・大阪」へようこそ!”の公演をの様子を、NHK様がインターネットでもご配信下さいました!

よろしければご覧くださいませ。


【NHKニュース!】

2018年10月26日(金) 21時38分
本日の関西国際空港の、国際線の到着ロビーでの公演の様子をNHKの夜8時45分のニュースで取り上げて頂きました!

今日の公演は3時間に伝統芸能を軸にブレイクダンスや大道芸を加えた12種類の公演をさせて頂きましたが、その内容をコンパクトに分かりやすく、美しく放送して下さり、本当に嬉しかったです!

本日の公演は本当に大勢のみなさまのお力添えのおかげさまです。

誠にありがとうございました!





【産経新聞 ニュース】

2018年10月25日(木) 21時30分
本日の関西空港の公演の様子を早速ネットで配信してくださいました!

ありがとうございます!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf