【シビウ国際演劇祭25周年記念 Atsumori】

2018年04月30日(月) 23時53分
一昨年から招聘を受け参加させて頂いているルーマニアのシビウ国際演劇祭。

故中村勘三郎さんの平成中村座の最初のヨーロッパ公演の地としても知られていますが、今年で25周年を迎えられることになりました。

それを記念して、チスナディオラ要塞教会で能「敦盛」を上演させていただきます。

昨年、エジンバラ演劇祭、アヴィニヨン演劇祭を抜いてヨーロッパ最大の演劇祭になったシビウ。

中世の街並みそのままの本当に小さな美しいまちですが、10日間に世界中から70万人の人々が演劇を楽しみにやってこられます。
今年は野田秀樹さんの「One Green Bottle」も上演されます。

総監督のキリアック氏から、チスナディオラ要塞教会内に残る兵士たちの慰霊碑の前で、魂の鎮魂のための能を舞ってほしいと何度も直接要望を受け、「敦盛」を上演させていただくことになりました。

日本の伝統芸能が世界の人々に向けてできる可能性を信じて、今年もシビウに行かせていただきます。

http://www.sibfest.ro/events-2018/atsumori


【望月(もちづき)】

2018年04月30日(月) 18時22分
大学の能楽部で能に出会い、学生時代に主人の能「望月」を観て能楽師になる決意をし、能楽の道を志した林本くんが、本日「望月」を無事、立派に披かせていただきました。

ご出演頂きました先生方、ご来場いただきました大勢のみなさま、本日は大変お世話になり誠にありがとうございました。

あれから20年。

大勢の皆様のお力添えに心より感謝申し上げます。


【いけばなインターナショナル 伝統芸能の鑑賞と体験】

2018年04月29日(日) 20時49分
本日のいけばなインターナショナル大阪支部の伝統芸能の鑑賞と体験は、旭堂南海さんに講談をお願いしました。

昨年は桂かい枝さんの英語落語、一昨年は25周年記念でしたので半能「高砂」でお祝いをさせていただきました。
その前の年は文楽をお願いしました。

本日は「豊臣秀吉と千利休のお茶会」の講談。

講談の体験は、留学生が高座に上がり、日本語と母国語で講談で自分を語って頂きました。

留学生に楽しんで頂けて嬉しかったです!






【Friendship through flowers】

2018年04月29日(日) 20時47分
本日のいけばなインターナショナル大阪支部のフェスティバルの一番大きな目標は「Friendship through flowers(花を通じた友好)」です。

いけばなの展覧会、いけばなのワークショップ、お抹茶席、日本の伝統芸能鑑賞と体験に、留学生を無料で招待しています。

本日は200名の留学生をご招待しましたが、予想以上の250人の留学生が、いけばなのワークショップに参加してくれました。
会場は最初から最後まで、順番を待つ留学生の長蛇の列になりました。

いけばなの流派を超えて、本日は9つの流派の先生方にワークショップをご担当いただき、留学生にはいけたお花を持って帰って頂き、自宅でも楽しんで頂けるよう先生方が工夫を凝らしてくださっています。

お花を好きになってくれたら、日本を大好きになってくれたら、、という会員一同の願いです。




【いけばなインターナショナル大阪支部 第27回フェスティバル】

2018年04月29日(日) 20時22分
本日、いけばなインターナショナル大阪支部の第27回フェスティバルを、大阪市国際交流センターで開催させていただきました。

お陰様で、予想以上の大勢の方にお越しいただき、11時の開会式から16時半の閉会まで、休む間なく忙しい一日となりました。

お世話になった皆様、お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました!





【高麗橋 吉兆さまより】

2018年04月28日(土) 22時22分
高麗橋の本吉兆の大奥様より、整理していたら出てきたのでと、今年92歳になった叔父の高津中学校入学記念の家族写真をお送りいただきました。
おそらく昭和11年頃のお写真です。

一番に右が山本能楽堂を創設した祖父・山本博之です。
42歳の時です。

左側の祖母も、9年前のお正月に104歳で亡くなりました。
写真には祖母の字で、銘々の名前や年齢など書き記されていました。

長いご縁が有難く、感謝の気持ちで一杯です。


【いけばなインターナショナル大阪支部 第27回フェスティバル】

2018年04月27日(金) 0時41分
今週の日曜日、4月29日午前11時から午後4時30分まで、上本町の大阪国際交流センターで、いけばなインターナショナル大阪支部の第27回フェスティバルを開催させて頂きます。

「Friendship through flowers  花を通じた友好」をモットーに、いけばなの流派を超えて、世界の人々といけばなを通じて国際相互理解を深める活動をおこなっています。(世界に約160支部あります。大阪支部は花博を機に設立され、今年で27年目になります)

当日は、5時間半の間に約1000人のご来場がありますが、留学生に1日で日本文化体験をして頂く事けるよう取り組んでいます。

留学生約200名に無料でいけばなのワークショップをしたり、お抹茶席をご体験頂いたり、日本の伝統芸能をお楽しみいただきます。
今年は旭堂南海さんによる秀吉と利休の講談をお楽しみいただきます!

私も会場でみなさまをお迎えさせて頂きます。

今年も大勢のみなさまにお越し頂き、仏様にお供えする供花からはじまり、日本の生活文化の中で豊かに育まれたいけばなの魅力を楽しんでいただき、お花の素晴らしさを感じて頂ければと思います。

入場無料ですので、よろしければお気軽にご参加くださいませ。

*写真は、小学生にいけばなワークショップを行った時の写真です。当日は留学生は無料で生け花体験ができます。



【カレー天ぷらうどん 】

2018年04月25日(水) 0時22分
文楽の合間に。

絶対の自信。

大阪ならではのお味です。

いつも「天ぷらカレーうどん」だと名前を間違えます。



【端午の節句】

2018年04月24日(火) 8時57分
新緑の季節に。



【吉田幸助改め五代目吉田玉助襲名披露公演 昼の部】

2018年04月23日(月) 23時37分
五代目玉助さんのご襲名の披露公演。
ようやく昼の部に伺い、口上を拝見する事が出来ました!

4月の御襲名公演は30日の祝日まで。

昼の部も夜の部も見どころ満載です!



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2018年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf