【大坂城×ブルターニュ大公城友好城郭提携記念 幕末150年フェスティバル】

2017年10月31日(火) 21時25分
今週の土曜日(11月4日)、大坂城本丸広場前の特設ステージで「土蜘蛛」を上演させて頂きます!
11時からと14時からの2回公演です。
先日、大坂城とフランス・ナント市のブルターニュ大公城が友好城郭提携をしたことを記念して、ナント市長公邸、ブルターニュ大公城、ナポレオンが愛したオペラハウスで、大阪市とナント市の友好のため、能の公演を行わせていただきました。
その凱旋公演となります。
14時半からは、大坂城天守閣博物館の北川央館長と山本章弘による今回のナントでの公演の調印式の様子など、トークショーもございます。
入場は無料です。
当日は、英語による解説、スマートフォンを活用した日本語と英語の字幕配信も実験的にさせていただき、大坂城を訪れる海外の観光客の皆様にも能の魅力を楽しんで頂ければと思います。
みなさまもよろしければお出かけくださいませ。

【10月30日(月曜日)読売テレビ かんさい情報ネットten.】

2017年10月29日(日) 21時22分
明日、10月30日の月曜日の夕方、読売テレビさんのかんさい情報ネットten.で、昨日の「初心者のための上方伝統芸能ナイト」公演の様子を取り上げて頂きます。
約11年前から、大阪商工会議所さんと一緒に取り組ませて頂いてきた、大阪の夜を明るく、文化的に安全に楽しんでいただく「大阪ナイトカルチャー」事業についてご取材頂きました。
平成18年の大晦日に始めさせて頂いた「初心者のための上方伝統芸能ナイト」公演も昨日でおかげさまで161回、11年間継続して開催させて頂いて参りました。
大阪に遊びに来られたみなさまに、大阪が歴史があり、文化度の高い豊かななちであることを少しでも楽しんで頂けたらと思います。

読売テレビ:かんさい情報ネットten.

【第161回 初心者のための上方伝統芸能ナイト「楽」】

2017年10月29日(日) 21時12分
昨日の初心者のための上方伝統芸能ナイトは、落語作家の小佐田先生のご企画により、特別に「落楽」をお楽しみ頂きました!
文楽と落語が組み合わさり、そこに内海英華さんのお三味線が合わさって、とっても楽しいスペシャルな演目でした!
桂かい枝さんの落語に文楽人形が絡んで、文楽の楽しさが伝わってくる内容。
吉田一輔さんがあつかわれるお人形が自由自在に動いてとってもチャーミング。
英華さんのお三味線もぴたっと決まって、本当に素晴らしい公演でした。
実は前日の夜2時間びっしりみんなでお稽古をされ、細かくいろんなことをご調整下さいました。
「落楽」の前には、それぞれの本芸もご披露くださり、昨晩のお客様からおかえりの際、楽しかった!と口々にお声をかけて頂きました。
またいつか「落楽」、ご再演頂ければと思います!
ありがとうございました!

【イケフェス2017 生きた建築ミュージアム大阪】

2017年10月29日(日) 20時59分
大阪の様々な建築物が一斉に公開される、イケフェス。
今年は昨日、今日の2日間、開催されされました。
今年は2日間とも他のイベントが入っていて、初日の2時間だけというかなりタイトな時間で公開をさせて頂きましたが、雨の中、本当に驚くほど大勢の方に山本能楽堂にお越し頂きました。
建物を通して、大阪の歴史や魅力を知ってもらえる大阪ならではのこのイベント。
本当に楽しいです!

【イケフェス! 生きた建築ミュージアム大阪】

2017年10月27日(金) 20時44分
明日、10月28日、29日と、大阪の101の建物が一斉に無料開放される「生きた建築ミュージアム大阪」が開催されます!
大阪の古くて貴重な建物から、新らしい建物まで、いろんな建物が一斉公開されます。
山本能楽堂も参加をさせて頂いてます!
今年は2日間能楽堂での公演が重なり、明日28日の13時から15時までのかなりタイトな公開となりますが、よろしければぜひお越しくださいませ!
他にも大阪の魅力的な建物ばかり。
このようなイベントは、大阪が初めてで、この度日本建築学会賞も受賞されました!
安藤忠雄さんの日本橋の家も公開されていて、中にも入れるので見に行きたいなぁ、、、と思ったりしてます。

【能活 「橋弁慶の巻】

2017年10月27日(金) 20時40分
明日・10月28日(土曜日)の朝10時半から11時半まで、休日の朝を有意義にお楽しみいただく「能活」を開催させて頂きます。
明日は「船弁慶の巻」。
どうぞお楽しみに!

【「落楽」! 初心者のための上方伝統芸能ナイト】

2017年10月26日(木) 17時01分
今週の土曜日、18時から、「初心者のための上方伝統芸能ナイト」公演を開催させていただきます。

今回はご協力をいただき、「落楽(らくらく)」を上演させていただきます。

「落楽」は、咲くやこの花賞の受賞者の、文楽・人形の吉田一輔さん、落語家の桂かい枝さん、女道楽の内海英華さんによる新らしい演目です。

28日は、文楽、落語、女道楽のそれぞれの本業をご覧いただいたあとこの「落楽」をお楽しみいただきます!

司会と進行は小佐田先生。

いつもと違う、新しい古典芸能の魅力をお楽しみくださいませ。


【ブルガリアの未来を変える4人 ペトコとヤンコ】

2017年10月25日(水) 21時50分
ブルガリアの国営放送で毎日、何十回とペトコとヤンコの動画が流れています。

ペトコとヤンコの活動が「ブルガリアの未来を変える4人(4組)」に選ばれました!

選ばれた理由の1つに、山本能楽堂と一緒に能のアプリ開発をしたり、海外公演のコーディネートをしていること、もちろん山本能楽堂のブルガリア公演を一緒に成功させた実績も含まれています!

動画を見ると、ペトコとヤンコが、アプリ開発をしている様子も流れています。

ヤンコは、ペトコの大学の同級生で、同じ時期に大阪大学の経済学部の大学院に留学していました。

コンピュータ技師の資格も持ち、ペトコと一緒にアプリ開発をしています。

日本が大好きな2人。

「いつの間にかブルガリアで有名人になってしまいました。。。」と照れくさそうに言うペトコ。

バス停の看板をはじめ、街中のいたるところに2人のポスターが貼られているそうです!

ペトコとヤンコに出会えたことが、本当に嬉しくて、出会った時にはこんな未来を予測できませんでした。

出会えたことに感謝の気持ちでいっぱいです!

https://www.youtube.com/watch?index=10&list=PLZHVIBILPjmnQZ4BK8mk-jHuph3BwiUXr&v=Vs9GRucySUw&app=desktop

【magnifique!「土蜘蛛」@ヴィルファバール】

2017年10月23日(月) 23時32分
本当にあたたかい大きな拍手を何度も何度も
頂きました。
フランスのヴィルファバールでの初めての能の公演。
ヴィルファバールは人口500人ほどの小さな小さな田舎の村。
そこの農場を所有者の指揮者のジェロームさんが、一流の音楽を楽しむことができるホールに改修されました。
昨日の公演には、400キロ離れた場所から車で4時間かけてお越しくださった方がたくさんいらっしゃいました。
リモージュからも大勢来られていたみたいです。
開場と同時に300人の会場がぎっしり埋まりました。
みなさんが本当に楽しみに心待ちにして下さった公演を無事終わることができてほっとしました。
お帰りがけに大勢の方がmagnifique!“と仰ってこられて、後で「最高だった!」という意味だと教えて頂き、本当に嬉しかったです!
最初に能の説明やワークショップをさせていただき、続いて能「土蜘蛛」をご覧頂きました。
前夜のナントのオペラハウスでの本公演が終わったのが夜の10時半。
そこから撤収して、朝7時のバスでヴィルファバールに向かい、お昼過ぎに着いてそれから老松を立て、会場設営、照明のシューティング、場当たり、そして6時から公演という、超過密スケジュール。
ご出演の能楽師の先生方、美術家の井上信太さん、照明の藤本隆行さん、舞台監督の古谷晃一郎さん、黒飛忠紀さんをはじめ、関わってくださったみなさま、ご支援頂いたみなさま、本当にありがとうございました。
これで今回の全ての公演が終了しました。
感謝の気持ちでいっぱいです、
ありがとうございました。



【ヴィルファバールに着きました】

2017年10月22日(日) 22時31分
ナントから約4時間半でヴィルファバールに着きました。
とても美しい場所です。
今晩6時から、馬小屋を改装した音楽ホールで能の公演をさせていただきます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf