【外務大臣表彰】

2017年06月30日(金) 22時25分
この度、山本能楽堂の海外公演の実績が認められ、外務大臣表彰を受けさせて頂くことになりました。
団体での受賞です。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/press4_004779.html

これまで海外公演を支えて下さった多くのみなさま、ご参加頂いた能楽師の先生方、舞台を支えて下さったテクニカルのみなさま、美しい老松を海外でも立てて下さった美術家の井上信太さま、そして、ペトコ、ヤンコ、ホシちゃん、ティナ、モニカ、ベニさん、本当に大勢の方のお一人お一人のあたたかい応援のお気持ちで、これまで海外公演を行い、その土地土地のみなさまと日本の伝統芸能を通じた国際交流を行わせて頂くことができました。

これまで関わって下さった全てのみなさまに、心より感謝申し上げます。
(なぜか偶然にも同じ時期に、公演場所と同じ国に旅行や留学していたアートを志す若いみなさんにもたくさん手伝ってもらいました)

山本能楽堂の海外公演は、ブルガリアから大阪大学の大学院に能の研究のために留学してきたペトコとの出会いから始まります。

日本人よりも日本人の心をもったペトコとの出会いで、東ヨーロッパの人々が「本物の日本文化」に強い憧れを持っていらっしゃると知り、ペトコの国の人々に能を見てもらいたい!、ただただその気持ちで、海外公演をスタートしました。

最初は、本当に海外公演を主催できるのか、不安な気持ちでいっぱいでした。

しかし、現代アートの世界で活躍されるテクニカルのみなさんが、海外を舞台にした活動で、長く素晴らしいキャリアを持っていらっしゃり、初めての海外公演を可能にして下さいました。

そこから、ずーっとテクニカルのみなさまにいつも助けてもらいながら海外公演を、気がつけばもう8年以上毎年実施させて頂いております。

ペトコの国・ブルガリアから始まった海外公演も、その後ご縁をいただき、スロバキア、ルーマニア、フィンランドへと活動を広げさせて頂き、ブルガリアでは4都市、スロバキアでは3都市、ルーマニアは2都市で開催させて頂きました。

つい先日も、ルーマニアとフィンランドで海外公演をさせて頂きましたが、その時、驚いたことは、能楽師の先生方とテクニカルのみなさんが、仲よく、本当に交ざりあってくつろいでられたこと。
8年前には、そんな光景はありませんでした。

海外公演、そして、文化庁の学校巡回公演、公共空間での公演等を通じて、能楽師の先生方とテクニカルのみなさんと、実は年間にかなりの日数、一緒に移動させて頂いています。

最高のチームです。
そのような関係がこの8年間で生まれたことも、本当に何より有り難く、嬉しいです。

今年は10月に、大阪城とフランス・ナント市のブルターニュ大公城が友好城郭提携する事になりその調印式で秀吉が舞ったとされる「高砂」を上演させて頂きます。
その後、ナポレオンも楽しんだと言われる格式高いオペラハウスで「土蜘蛛」を上演させて頂く予定です。

これからも微力ながらも、頑張って、日本と海外との日本の伝統芸能を通した国際相互理解につとめ、少しでも世界平和へとつながるよう活動を続けたいと思っています。

これからもあたたかい応援のお気持ちを頂ければ有り難く、何卒よろしくお願い申し上げます。

*写真は2010年の初めての海外公演・ブルガリア公演の時の写真です!
ブルガリアの子供達30名がかわいい水鳥になって出演してくれました!新作能「水の輪」です。
初めての海外公演でよくこんなことができたなぁ、と思います。



【初心者のための上方伝統芸能ナイト2017山本能楽堂90周年記念】

2017年06月23日(金) 11時11分
今年度も7月より「初心者のための上方伝統芸能ナイト」を開催させて頂きます。

今年は山本能楽堂90周年記念企画と致しまして、落語作家の小佐田定雄先生に全体の構成を考えて頂き、毎回感じ一文字のテーマを決めて開催させて頂くことになりました!

7月15日の今年度の第一回は「替」。

豊竹呂太夫をご襲名されたことをお祝いさせて頂き、桂文之助さんの落語「替り目」、山本章弘は「高砂」を「祝言之式」の小書きによる特別演出で上演させて頂きます。

呂太夫さんは、4月の襲名披露公演で上演された「菅原伝授手習鑑 寺子屋の段(前)」の続きの「菅原伝授手習鑑 寺子屋の段(奥)」を語ってくださいます。

8月19日は「菊」をテーマに、春野恵子さんの浪曲「番町皿屋敷」、桂ちょうばさんの落語「皿屋敷」、山本章弘の能「菊慈童」。

9月16日は「狸」をテーマに、桂吉坊さんの落語「まめだ」、内海英華さんの女道楽「たぬき」、山村友五郎さんと山村若さんによる地唄「たぬき」を上演して頂きます。

今年も「初心者のための上方伝統芸能ナイト」で「芸能の都・大阪」の魅力をたっぷりとお楽しみ頂ければと思います。

何卒よろしくお願い申し上げます。

朝日ファミリー


【ヘルシンキ サノマット新聞】

2017年06月22日(木) 23時46分
「ヘルシンキ サノマット新聞」はフィンランドで一番大きな新聞です。
その新聞に、先日のクオピオ・ダンスフェスティバルでの能の公演の様子を大きく取り上げて頂きました!

アンナさん、ありがとうございました!

ヘルシンキ サノマット新聞



【ヘルシンキ サノマット新聞】

2017年06月21日(水) 19時07分
フィンランドで一番大きな新聞、「ヘルシンキ サノマット新聞」に、先日のクオピオ・ダンスフェスティバルでの能の公演の様子を大きく取り上げて頂きました!

見開き1面がクオピオ・ダンスフェスティバルの記事で、左半分は、総監督のヨルマ・ウオティネンさんとクオピオ・ダンスフェスティバルについて書かれており、右のページのほぼ半分ちかくが山本能楽堂の能の公演の記事です。

インターネットでもご覧頂けますが、フィンランド語なので、私は読めませんでしたが、とても美しい写真をご掲載頂いています。

http://www.hs.fi/k…/teatteriarvostelu/art-2000005260989.html

たった今、ヘルシンキからお知らせ頂きました。

今回のフィンランド公演、初めてお伺いさせて頂くので、いろいろ大変な事もありましたが、本当に大勢の方が、あたたかく、好意的にお迎えくださって、当初考えていた以上に良い関係を作って下さいました。
感謝の気持ちでいっぱいです。

クオピオで公演をさせて頂けてよかったです!

本当にありがとうございました!


【フィンランド人は森に帰る】

2017年06月19日(月) 11時32分
つらいことや悲しいことがあった時、フィンランド人は森の中にいって、からっぽになって森に癒してもらうそうです。

また、国有林でも私有の森でも、フィンランドの森はいつでも、どこの森でも勝手に入って木の実や果物など自由にとって食べてもいいそうです。
どんなに人間がとっても、それは森全体の恵みの1割にも満たないから。

森がなければいきていけない。

フィンランド人の成功した時の夢は、森の中に小さな自分のための小屋を持つことだそうです。

【ヨルマ・ウォティラ】

2017年06月19日(月) 11時21分
クオビオ・ダンス フェスティバルの総監督で、元フィンランド国立バレエ団の代表のヨルマさん。

テレビの人気ダンス番組にも出演されていたり、あらゆるダンスフェスの審査員をされていますが、誰にでも分け隔てなく接されて、大人気。

公演の後、カクテルでお招き下さいました。

【ヨルマ・ウォティラさん、アンナさんを囲んで】

2017年06月19日(月) 11時20分
クオビオ・ダンスフェスティバルの総監督のヨルマさん、主催のアンナさんを囲んで、能楽師チームと写真を撮って頂きました。

能楽師の先生方、今回の公演でも本当にお世話になりました。
ありがとうございました。

【クオピオ・ダンス フェスティバル】

2017年06月19日(月) 0時35分
お陰様で、フィンランドのクオピオでの能の公演、無事催させて頂きました。
会場はシベリウス音楽院のクオピオ・シベリウスセンターのある音楽センター。
シベリウスセンターが4階にあり、地下にはダンスの学校がある、アカデミックな建物でした。

クオピオで初めての能の公演。
じーっと食い入るように見つめて下さっていた方が多く、嬉しかったです。
ほっとしました。



【クオビオの夜】

2017年06月18日(日) 6時10分
ヘルシンキよりさらに北のクオビオは、午前0時になってもまだまだ明るいです。

コテージの近くの湖のそばには、共用のバーベキューハウスもあります。

しかし、ものすごい量の蚊がいます。
思ったほど刺されないのですが、夕方にはいなかったのに夜になるとでてきます。

明日はいよいよクオビオ・ダンス フェスティバル。
急きょ、井上信太さんによるアートワークショップもやろう!ということになりました。

フィンランドの森を作ります!



【ハッピーバースデー ペトコ!】

2017年06月18日(日) 0時15分
今日はペトコのお誕生日。

バイキング料理でみんなでお祝いしていますー!

お謡でお誕生日をお祝いしました。

ペトコ!いつもありがとうございます!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2017年06月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf