【六代 豊竹呂太夫ご襲名おめでとうございました!】

2017年04月30日(日) 23時52分
国立文楽劇場で開催されていた、六代豊竹呂太夫のご襲名披露公演も本日が千秋楽でした。
大勢のお客様で本当にご盛会でした!

来月は東京公演。
東京方面の方、ぜひお出かけくださいませ。

この度は誠におめでとうございました!


【Festivalul International de Teatru de la Sibiu 2017】

2017年04月29日(土) 12時44分
昨年の6月に、能として初めて招聘を受け、ヨーロッパ三大演劇祭の一つである「シビウ国際演劇祭」に出演させていただきました。

「シビウにはじめて能が来てくれた!」と大喝采を受け、総監督のキリアックさんから終演後すぐに「日本の伝統芸能は世界中で一番すぐれた舞台芸術だ!来年も参加してほしい」と仰っていただき、今年も6月に参加させて頂くことになりました。

今年は、能「猩々」、「羽衣」、ワークショップ、講演、ストリートライブ形式での「熊野」の上演など、たくさんのプログラムを予定しています。

シビウに集まる世界からの人々に、能の魅力をお伝えさせていただければと思います!
シビウネット リンク先はこちら

【大阪城とブルターニュ大公城 友好城郭提携】

2017年04月29日(土) 12時16分
大阪城とフランス・ナント市のブルターニュ大公城が友好城郭提携することになり、その調印式に出席させていただきました。

徳川慶喜とフランス公使レオン・ロッシュが大阪城で会談して今年で150年。
ナント市にある施設に両者の会談の史料が一括して残されていることがわかり、提携することになったそうです。

写真のお料理は、150年前の会談の時の資料の中から見つかったレシピを再現したお料理。

そして、今年の10月20日にはブルターニュ大公城でも調印式が行われることになっており、その時にお能を上演させていただきます。微力ながら大阪市とナント市の国際文化交流につとめさせていただければと思います!



【こんぴら歌舞伎】

2017年04月29日(土) 11時32分
以前からお伺いしたいと思っていた「四国こんぴら歌舞伎大芝居」にようやくお伺いさせていただきました。

五代目中村雀右衛門のご襲名披露の公演です。

雀右衛門さんの「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ) 葛の葉」、口上、
片岡仁左衛門さんの「身替座禅(みがわりざぜん)」楽しませていただきました。

「新古演劇十種の内 身替座禅(みがわりざぜん)」は狂言の「花子」から来ている演目です。
仁左衛門さんの右京、坂東彌十郎さんの玉の井最高に楽しかったです。



【四代目春団治襲名をお祝いする会】

2017年04月29日(土) 11時29分
お世話になっている方が、四代目をご襲名される桂春之輔さんを応援されており、
そのお祝いの会で「高砂」を舞わせて頂きました。
披露興行は来年の春におこなわれるとのことです!


【中大江公園桜下能2017】

2017年04月29日(土) 11時24分
今年も4月の最初の土曜日に、山本能楽堂から歩いて2分のところにある中大江公園でお能を上演させて頂きました。

今年は秀吉に愛されたと言われている「高砂」を上演させていただきました。

お世話になっている地域のみなさまのためにもう10年近く続けていますが、今年の桜は遅く、3分咲きくらい。
こんなに4月の初旬に咲かなかったのははじめてでした。

幸い、なんとかお天気ももって、今年も大勢の方にお楽しみいただきました!
ありがとうございました。

【観世能楽堂×SNOOPY】

2017年04月29日(土) 11時05分
GINZA SIXの地下3階に観世能楽堂がオープンしました!

銀座はもともと観世流が江戸幕府から屋敷を拝領していた場所で、約150年ぶりに銀座に戻られました。

山本能楽堂も世阿弥からの流れをくむ観世流の直門であり、観世流の能楽を伝承させて頂いています。

御宗家・二十六世観世清和師は「日本の伝統芸術の底力を見せるという意気込みで構えさせて頂きました。」と仰ってます。

新しい銀座の能楽堂のお土産は、スヌーピーグッズ!

スヌーピーとウッドストックみたいに、たくさんの方々に能を楽しんで頂ければと思います!




【大阪城とブルターニュ大公城 友好城郭提携 調印式】

2017年04月11日(火) 21時06分
フランス・ナント市のブルターニュ大公城と大阪城が友好城郭提携を結ぶことになり、本日、大阪城の迎賓館で調印式があり、出席させて頂きました。

ナント側から8名、吉村市長をはじめ大阪側から10名の中に加えて頂きました。

10月にブルターニュ大公城でも調印式がおこなわれる予定になっており、その時にお能を上演させていただきます。

「ナントの人たちに、日本の本物の能を見せてあげたい。ナントで能の公演をしてほしい」

3年越しで、毎年、山本能楽堂まで訪ねてきて下さったギエ館長のご熱意に、なんとか応えさせて頂ければと思っています。

10月に向け、いろいろな課題はありますが、大阪市とナント市の国際文化交流に、一生懸命取り組ませて頂きます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2017年04月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf