国際 ブック アート ピクニック〜ロセラさんとマーサさん!!

2010年01月31日(日) 21時39分
 みなさん、こんばんは。
 実はもっと早くお知らせさせて頂くつもりで、そうしないといけなかったと思うのですが、、、申し訳ありません、、、
 アーツアポリア主催で、本日まで「国際ブック アート ピクニック」が開催されていました。
 とても面白い内容でしたので、皆さんにもお伝えさせて頂きたいと思ってましたが、パソコンもまだ復旧できていず、かなりばたばたの毎日で、気がつけば今日でした、、、

 この国際ブック アート フェスティバル、副題は「やっぱり!本が好き!」です。
 私自身、物心ついた頃から本が大好きだったので、それだけでも「うん、そうそう」といった気持ちになります。

 今回の展覧会はピクニック、とついているように、会場があちこちわかれていて、それぞれの場所にピクニックに行くような構成になっていました。
 中之島図書館では、「アーティストと本・いくつかのかかわりを通して」という展覧会がおこなわれました。
 先日もお伝えした、アートによる能案内の初代講師(先日の少年少女「羽衣」うたい隊公演では、紙で裃を作る魅力的なワークショップを開催してくださいました!)の池田朗子さんの雑誌を使った作品、大阪を拠点に世界的に活動されている現代美術の第一人者でいらっしゃる松井智恵さんの透明感あふれる、豊かな色彩の本(色の組み合わせが本当にきれいでした)のほか、東京でのブックアート展からの出品作品、歴史的な書物の挿画など、本にまつわるアートが、歴史的にも、地域的にも、年代的にも多角的に集められていて、見ごたえのある、心がリフレッシュするそんな空間でした。
 
 もちろん、今回の国際ブックアートピクニックで、海外から、つまりコスタリカから招聘されたロセラ・マトモロスさん、ニューヨークからのマーサ・ウィルソンさんの作品も展示されていました。
 力強いお二人の作品、それぞれ個性があふれていて、しばらくじっと拝見しました。

 このマーサさんとロセラさん、実は山本能楽堂のお隣のウィークリーマンションに滞在されていて(もちろん中西さんのご発案ですが、、、)、2週間以上前に初めてお目にかかりました。
 ちょうど、うえまちコンサートの間の休憩時間に急に来られ、その時は忙しかったので約10分くらいしかお話できませんでしたが、ロセラさんのお人柄のせいか、何故か言葉も通じないのにすっかり意気投合してしまい、長年の友人のようになりました。

 以来、上方伝統芸能ナイトをご覧になりに来られたり、能楽堂に遊びに来られたり、今日も子ども達の「能と遊ぼう!」をひょっこりと見にこられました。
 そのあと、一緒にお昼を食べていろいろ話しましたが、実はもう明日には帰国。
 本日の夕方に、もう一つの展示会場である中崎町のギャラリー「iTohen(いとへん)」でクロージングのレセプションがありました。

 そこで見たロセラさんの代表作の大きな、大きな巨大な本!
圧縮されたカーペットに描かれた作品は、彼女の人生そのもの。
 重い本、1ページずつ、大きく音をたててめくるようにロセラさんから指示を受けました。
 まるで、人生のページが音をたてて扉が開けられ、1枚づつ、めくられていく、、そんな感じです。
そう考えると、私たち自身も本によって育てられ、人格が形成されていて、本と人生がリンクしていてそのつながりの、そして影響の不思議さを思いました。

 この本には彼女の人生がぎっしりぎゅっと詰まっていますが、では私の本は???
 思わず自分自身の生き方、考え方の変化、環境の変化など、いろんなことを考えてしまいました。

 別れ際に、次はコスタリカで会いましょう!私たちは本当にいい友達だから!と言ってもらいましたが、本当にそんな日がきたらいいな、、と、忙しい毎日の中に、いつかもしかしたら、彼女のお庭になっている食べきれないほどのマンゴーを食べられる時がくるかもしれない、、、と遠い未来に夢をもって、毎日がんばろうと思いました。

(とくい)

岡山で、「2000人の羽衣」!!

2010年01月30日(土) 15時47分
 先日からパソコンが壊れ、事務所も今かなり忙しく、なかなか更新ができずすみません、、、
 こんな事初めてですが、近日中にまとめて最近の活動をご報告させていただきたいと思っております。

 さて、昨日、実は岡山まで行ってきました!(もちろん日帰りですが、、、)
 山本能楽堂で開催させて頂いている、子供教室の「能と遊ぼう!」「アートによる能案内」が2008年度のパナソニック教育財団の奨励賞を受賞させて頂いたと、以前ブログでご報告させて頂きましたが、その記事をご覧になられ、岡山県の教育関係者の方、なんと2000人の前で私たちの活動をご報告させて頂きました。

 会場は岡山県のシンフォニーホール。
 かなり立派で大きい素敵なホールでした!
 リハーサルのときにステージの中央に立たせて頂きましたが、3階までバルコニーがあって、歌手の方の気持ちが少しわかったような気分になりました。

 山本章弘も同じような事を思ったのか、「このような場所に立たせて頂くと、気持ちがよく、まるでオペラ歌手になったような気持ちになりますが、本日は東洋のオペラ、能を皆様方にお教えさせて頂きます!」と冒頭でご挨拶させて頂きました。
 そして、皆様方に「羽衣読本」をお配りさせて頂き、「羽衣」の謡をお教えさせて頂きました!

 あまり時間がなく、大丈夫かなぁ、、、と思ったりしましたが、みなさん、すごく上手に謡われて驚きました!
 そして、最後に山本章弘の「羽衣」の仕舞にあわせて、皆さんに地謡を謡っていただきましたが、やっぱり2000人はすごい!
 本当に大きく包み込むようなお謡で舞わせて頂く事ができました。
 ありがとうございました。
 岡山の皆様にも、謡の楽しさ、みんなで大きな声を出して「羽衣」を謡うちょっとわくわくした気持ちを感じていただければ、嬉しかったです。

 今回の発表は、最初に中西美穂さんに、「アートによる能案内」「能と遊ぼう!」の説明もして頂きました。
 私たちの活動はまだまだ小さいものですが、多くの方に能の楽しさをお伝えできればと思っております。


(とくい)

アートによる能案内、初代講師・池田朗子さん!

2010年01月26日(火) 20時25分
 みなさん、こんばんは。
 実は、パソコンが壊れたままで、事務所のノートパソコンを毎日自宅まで持って帰ってまた能楽堂へ持ってきてます。
 結構重いので、他に荷物があるときは、持って帰るのを断念します、、、
 昨日もあきらめてしまい、ブログの更新ができずすみませんでした、、、

 本日は、とっても素敵で、心温まる画像をご覧いただければと思います!

 アートによる能案内の初代講師の池田朗子さん、講師をして頂いたときから、その独特の視点、ものの捉え方に感銘を受けていましたが、その後、国内外で大活躍されていましたが、このたび、大手電機メーカーの広告のページをネットでご担当されています。

 お正月にアポリアの中西さんに教えてもらって初めてアクセスしたときは、「すごい!がんばったね〜池田さん!やった〜!」と涙がでました、、、
 内容的にもほのぼのしていて、聞こえてくる音楽、そのほか全てが池田さんの優しい世界で、かなり和みます、、、
 みなさんもよろしければごらんください!

        http://jp.sanyo.com/eneloop/days/index.html

私は「ゆとり気分のひとり週末」が好きです!
週末のお休みは、なかなかやってきませんが、、、、

ご迷惑をおかけし、すみません、、

2010年01月24日(日) 2時19分
 先週の前半、このブログの管理のyaplogのメンテナンスで、ブログにつながらず、すみませんでした、、
 また後半は、メンテナンスでリニューアルしたのに、なぜかアクセスできず、私も更新を何度か試みましたが、たまたまタイミングが悪かったのか、つながりませんでした、、
 いつもご高覧頂いている皆様にはご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありませんでした。

 その間にも山本能楽堂ではいろんなことが起こっていて、早くみなさんにお伝えさせて頂きたいです。
 
 とり急いでは、昨日の「初心者のための上方伝統芸能ナイト」の新春公演には本当に大勢様にお越しいただき、ありがとうございました。
 ちょうど地下鉄の全部の駅に、チラシを置いてくださり、ポスターを貼ってくださっているので、当日お越しいただいた方もたくさんいらっしゃって、久しぶりにご用意させて頂いた「とん蝶」が足りなくなり、お隣の若狭さんで、おにぎりと焼きさば寿司を急遽ご用意いただきました。
 「初心者のための上方伝統芸能ナイト」を立ち上げていただき、本さんと一緒にいろいろと一生懸命に試行錯誤していた頃を思い出しました。

 年初にあたり、初心に戻って心新たにがんばっていきたいと思います。
 何卒よろしくお願い申し上げます。

(とくい)

明日は「初心者のための上方伝統芸能ナイト」公演!

2010年01月22日(金) 17時56分
 明日は、今年初めての「初心者のための上方伝統芸能ナイト」です!
 能「高砂」、狂言・善竹隆司、講談・太平洋、司会と落語桂春蝶さんです。
 よろしくお願いします!

本日の朝日新聞の夕刊にご掲載いただきました!

2010年01月22日(金) 17時54分
 本日の朝日新聞の夕刊にご掲載いただきました!
 2面に大きくカラーで載せていただいています。
 よろしければご高覧下さいませ。

(とくい)

grafが訪ねる素敵な暮らし、、、EEIE

2010年01月20日(水) 21時27分
 みなさん、こんばんは。
 ブログを書かせて頂いているYaplogのメンテナンスのため、しばらくこのブログにアクセスできず、大変失礼致しました。
 本当なら、もっと短時間だったのが、延長され、かなりの時間障害が起こってしまったようです。
 ご覧頂いた皆様には、本当に申し訳ありませんでした。

 いろいろとお話させていただきたい事があるのですが、本日から公開された、grafの考えるええ暮らし=EEIE=エエ家、の記事をまずはご紹介させて頂きます!
 
 中之島のgrafのメンバーが、各地で素敵な生活をされている方を訪ね歩く、というテーマのこの記事。
 12月に山本能楽堂まで取材に来てくださいました!

 その記事が本当に臨場感満載で、楽しい記事にまとめてくださっています!
 graf代表の服部氏と山本章弘の出会いについても書かれています。

 よろしければご覧下さいませ!

   www.eeie.me/
    ■VOICE
    http://www.eeie.me/voice/


(とくい)

吉坊さんの一日!!

2010年01月16日(土) 22時57分
 今日の山本能楽堂は一日中「吉坊さんデー」でした!!
 お昼は「吉坊の会」という吉坊さんの落語会、夜は「スイーツ寄席〜キッチュ編」で松尾貴史さんをゲストに、トークもあり吉坊さんの落語もあり、の催しでした。
 どちらもほぼ満席!という大人気!!
 
 私は

豊中稲荷神社「とんど祭」のご報告!

2010年01月16日(土) 22時35分
 毎日寒い日が続きますね、、
 昨日は豊中稲荷神社の「とんど祭」でした。

 お正月のしめ飾りや古いお札さん、鏡餅のうらじろなどをもって9時過ぎに稲荷神社に行きました。
 10時から能の普及のため「翁」の奉納をさせていただきました。

 まだ朝の冷え込みの余韻があり寒かったですが、神社には大勢の人が集まっていらっしゃいました。
 今回のとんど祭りの目玉は、北摂の有名レストランのシェフによる創作屋台!
 「桜会」さんのお茶碗蒸し、「うえの」さんのイカ焼きとおぜんざい、「疋田」さんのホットワインとラクレット。

 あとで気がついたのが、「桜会」さんも「うえの」さんもミシェランの星を取られたお店!!
 しかも両店とも経営されるそれぞれの2店ともです!!
 そのミシェエランのシェフが、お寒い中直々に朝早くから屋台をされているとは!
 かなり贅沢な屋台ですが、お客様もそれを知っていらっしゃってか、10時のオープンと同時に長蛇の列ができていました。
 
 あと、地元の消防団の分団の方のご協力で消防車を出動させてくださり、子どもたちに大人気!
 
 「翁」の奉納は10時ちょうどに始めさせていただきました。
 まず最初に宮司さんが祝詞を上げてくださり、 出演者をお祓い、そしてお客様にもお祓いをしてくださり、清らかな新たかで荘厳な雰囲気の中「翁」を始めさて頂きました。
 いつもの能楽堂の翁と違い、お祓いをしてくださると益々神事に近い雰囲気となり、空気がピーンと張りつめました。

 今回は奉納なのでほとんど神様のほうを向いて、必然的にお客様には後姿ばかりになりましたが、それでもその独特の「翁」らしい雰囲気はお伝えできたのではないかと思います。
 皆様の国土安穏、五穀豊穣をお祈りさせて頂きました。

 豊中稲荷神社では来月2月11日にも、お祭りがあります。
 そのときには北摂の19店舗のシェフが、創作屋台を出してくださいます。
 豊中はもちろん、箕面、江坂、茨木など北摂を代表する有名店ばかりの創作屋台です。

 その時にも山本章弘が季節にちなんで「梅」を舞わせて頂きます。
 また詳細はブログでお知らせさせて頂きますので、よろしければお越し下さいませ。

(とくい)

大阪日日新聞「大阪街人力(橋爪紳也先生)」

2010年01月15日(金) 21時12分
 大阪日日新聞に、橋爪紳也先生が「大阪街人力」というご連載をもっていらっしゃいます。
 大阪を舞台に活躍されるいろんな方の、いろんな活動に、先生の視点を加えて書かれていて、毎回とても楽しみに拝読させて頂いております。

 大阪市内にお住まいの方以外は、大阪日日新聞をご存じない方もいらっしゃるかもしれません。
 主に大阪市内で販売されていて、文字とおり、日々大阪で起こっていることを中心に掲載された新聞です。
 大阪の「今!」がわかり、ローカルではありますが、その分私たちにとっては貴重な新聞です。

 その橋爪先生の「大阪街人力」に、10月の新作能「水の輪」のお披露目公演についてご掲載くださいました!
 タイトルは「水の輪を世界へ」!
 本当に、私たちがどういった思いで「水の輪」を制作したか、どうして水都大阪2009の開催期間中にお披露目公演をさせて頂きたかったか、そして今後この「水の輪」の公演を通して社会に対して、何を訴えていきたいか、など本当に細やかな部分まで、私たちの気持ちを代弁してくださっているかのような記事でした。

 拝読させていただき、しばらくじーーーんとして、10月の「水の輪」お披露目公演の時の、様々な苦労、真夏の太陽の下、準備のためあちこち出かけたこと、子どもたちとのたくさんの楽しいワークショップ、キックオフ公演で8月の末、中之島公園で初めて子どもたちと出会ったこと、井上信太さんをはじめスタッフの方にお世話になった事、老松を始めてみたときの感動、当日舞台となった船が5時まで結婚式で使われていて舞台設営に1時間しかなかった事、八軒家浜に船が到着したとき涙が出そうになった事、船には柵がなかったので、実は上演中不安だった事、ものすごい数の3000人の方にご覧いただけたこと、そして何より平松市長に御出演頂けたこと、いろんなことが思い出されて脳裏をよぎりました。

 関係してくださった全ての皆様のお力の集約で「水の輪」はお披露目公演をさせて頂きました。
 改めてその感謝の気持ちがこみ上げてきました。
 
 私たちにとって”宝物”のようなこの橋爪先生の原稿。
 ご関係いただいた皆様に今一度感謝の気持ちとともにお届けさせていただきたいと思います。
 
 残念ながらネットでご覧頂く事はできませんので、ご希望の方がおられましたら、ご連絡を頂ければ有難く存じます。

 あの時の、10月12日の八軒家浜で感じた気持ちを、生涯忘れずに今後も持ち続けていきたいと思います。
 ありがとうございました。

(とくい)
 
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf