200DOORS/中之島・中央公会堂

2009年07月31日(金) 23時59分
 みなさん、こんばんは。
 先日から、ご紹介させて頂いている200ドアーズですが、本日は、「背骨力」を鍛えて心が落ち着くキッズヨーガと大笑い!「能楽教室」の二つのワークショップを開催させて頂きました。
 両方のワークショップ、それぞれ大勢様にご参加頂き、有難うございました!
 朝早くから、中央公会堂の地下に、元気一杯でこども達が来てくれた時は、感激しましたし、夜の大笑い!「能楽教室」では、お若い方、お年を召した方、男性の方も女性の方も、本当に色んな方が沢山お越し頂き、嬉しかったです!
 中には、よく知った、いつもお世話になっている方も応援に駆けつけて下さって、本当に有難い事だと心より感謝申し上げております。

 会場は、同じ中之島の中央公会堂の地下の会議室でした。
 ちなみに、先日の平松市長の「伝える,伝わる話し方」も同じお部屋でしたが、同じお部屋が使い方でこんなに変わるとは、驚きでした!
 
 平松市長の時は、会議のように,机と椅子を並べ、ヨーガの時は、机も椅子も全部かたずけ、床はモップで何度もふいて、靴を脱いで大きな板の間に。
 そして、能教室では、椅子だけを前に並べて、前方にお集まり頂きました。

 今朝、中央公会堂に着いたのが、朝の10時前。
 そして、大笑い!「能楽教室」の終了は夜の8時半、、、
 朝と夜、雰囲気ががらっと変わります。
 もともと中央公会堂は、大好きな建物でしたが、今回のワークショップで、いつもより深く、その魅力に触れる事ができ、さらに愛着がわいたような気がします。
 それだけも、今回の200DOORSに参加させて頂いてよかった、と思いました。

 朝の元気なこども達!夜のお勤め帰りの方々、、、
 あらゆる世代の方を包み込むそのゆったりとした雰囲気。
 本当に充実した一日でした。
 ご参加頂いた皆様、有難うございました。

(とくい)

大阪府HP「知事の動き」にご掲載頂きました!

2009年07月30日(木) 9時30分
 大阪府のホームページ、トップ画面の左上に、橋下知事のご政策等に関するページがあるのをご存知でしょうか?
 その中の「知事の動き」(7月23日木曜日)に、先日の大阪府庁舎正面玄関での、「少年少女 羽衣うたい隊2009」をご視察頂いた様子をご掲載頂きました!



 こども達の輪の中に、橋下知事が一緒に入って下さり、こども達が謡う「羽衣」の地謡をお聞きになりながら、能「羽衣」(シテ:山本章弘)をご覧頂きました。
 当日は、八軒家浜の式典に炎天下ご出席された後、お疲れだったと思いますが、終始笑顔で、30分以上ご参加頂きました。
 
 能の公演に、行政のトップの方にご視察頂けるのは、伝統芸能への何よりの励まし、応援になり、ご覧頂くだけで、何よりの活性化につながります。
 ましてや、今回は、こども達が参加する公演でしたので、こども達へも夢を与えて頂き、心より感謝申し上げております。
 これからも、このような機会を頂ければ何より有難く、またご視察頂ける事を切望致しております。

以下のようにご報告頂いております。

歴史的建造物を活用して行う大阪楽座事業として、また10月から本格実施を予定する府庁本館活用事業「ひょうたんから独楽(こま)劇場」のモデルケースとして「少年少女『羽衣』うたい隊2009」が開催されました。子どもたちが地謡(じうたい)をうたう能「羽衣」の上演を鑑賞した知事は、「主役は府民の皆さんです。一緒に大阪の文化を盛り上げていきたい。」と述べました。(担当:都市魅力創造局文化課)


 「 橋下知事の動き」は、こちらをご覧下さいませ。

 http://www.pref.osaka.jp/j_message/oshigoto/index.html

木村慎作・大阪副知事のブログにご掲載頂きました!

2009年07月30日(木) 9時17分
 先日の、大阪府庁舎のロビーで開催させて頂いた「少年少女 羽衣うたい隊2009」の公演の様子は、先日ブログでお知らせさせて頂きましたが、当日橋下知事にもご視察にお越し頂き、お客様も本当に大勢様で、今なお感動が残っていますが、当日の様子を、大阪副知事・木村慎作様のブログにUPして下さいました!

 よろしければ、ご覧下さいませ。

http://www.fururu.net/user/kimura-sh/20090723

(とくい)

200DOORS ~伝える、伝わる話し方〜講師:元ニュースキャスター平松邦夫先生!

2009年07月29日(水) 23時45分
 みなさん、こんばんは。
 先日よりお伝えさせて頂いている「200ドアース」ですが、本日より、会場が芝川ビルから、中之島の中央公会堂に移りました。
 このドアーズのワークショップは、朝の10時半から12時が最初で、一日に5講座開催されます。
 そして、今日の最終回、午後7時からのワークショプは、元ニュースキャスターとして、平松邦夫先生が、講師を務められました。

 午後6時半に受付開始でしたが、たぶん混雑するかと思い、少し早めに到着して、会場の前の椅子に座っていると、前方から平松市長がお見えになりました!
 思わず立ち上がり、「いつもお世話になっております」とご挨拶させて頂くと、「やぁ〜久しぶりやね〜。こちらこそお世話になっています!」と笑顔でお答え下さいました。
 昨秋、フォーラムで御一緒させて頂き、そのあと京阪電車中之島線開通記念祝賀会で能「石橋」を舞わせて頂いたりで、数回ご一緒させて頂きましたが、その時の様子をよく覚えて下さっているご様子でした。
 感激しました。きちんと名前まで覚えて下さっているとは、、、

 定員いっぱいの満員で始まった「伝える、伝わる話し方」。
 最初に、ご自身の歴史、中学生の頃のエピソード、アナウンサーになられたいきさつ等をお話し下さいました。
 小、中学生の頃には、恥ずかしがりで、人見知りが強く、いつも赤面されていたとは驚きでした。

 そして、中学1年生の時に、授業で先生から朗読が上手だから、人前で話す職業に就きなさい、とアドバイスを受け、以来放送部に所属されたそうです。
 そして、中学生の頃から繰り返し朗読されているのが、芥川龍之介の「蜘蛛の糸」。
 その出だしの最初の5行の、文学としての表現の素晴らしさを述べられ、実際に朗読して下さいましたが、普通に目で読むのではなく、朗読して下さる事で広がる文字から膨らむ豊かな世界に感激しました。

 朗読はライブパフォーマンスと同じで、二度と同じ表現はできない。
 そこに入れ込む感情移入が大切である。
 テレビはイマジネーションを疎外してしまうが、ラジオの朗読は想像の世界を広げる、、、
 平松先生の仰るひとこと、ひとことが、能の世界観とも通じあい、なるほど、、、と納得の連続の1時間半でした。

 一個人として、コミュニケーションの大切さを訴えられ、人としての大切な根底の部分をお教え下さった平松市長。
 お忙しいご公務の合間をぬって、お引き受けになられたのに、後ろの方が見えないと困るから、、と朗読の時以外は、椅子に座られず、ずーっとお立ちになってお話下さいました。
 素顔の優しく、温和で、あたたかい等身大の平松市長のお人柄に触れる事ができ、会場一杯の大きな拍手で閉会し、満ち足りた気持ちで帰途につきました。

(とくい)
 
*山本章弘による、「200 DOORS~大笑い!能楽教室」は、同じ中之島中央公会堂の地下のお部屋で、今週の金曜日、7月31日の午後7時からです。
 よろしければお出かけ下さいませ。
 能のお話をさせて頂いたり、能面をお見せしたり、大阪らしく「笑い」を交えてリラックスして、ご参加頂きたいと思っています!

芝川ビルでまったり、、、時間の空間からのプレゼント

2009年07月28日(火) 23時50分
 みなさん、こんばんは。
 昨日ご報告させて頂いた、「200 DOORS」の「本場USAのゴスペルを体感しよう!」は、お陰様で、無事盛会に催させて頂きました。
 何より驚いたのが、講師のERIKのパワー!
 沢山の元気を、太陽のような情熱を参加者全員に頂きました!



 会場となった「芝川ビル」の屋上のお部屋は、本当にゴスペルにぴったりの雰囲気。
 1927年竣工のマヤ・インカの装飾を施した、レトロなビルですが、屋上は異国情緒たっぷりの、開放的な空間が広がっています!
 淀屋橋のオフィス街の真ん中であることを忘れてしまいそうな空間です。



 ワークショップ終了後、興奮さめやがらぬまま、ご参加頂いたSさん御夫妻と、コーヒーを頂きながら、少しおしゃべりでもして、クールダウンを、、、という事になり(ERIKも誘いましたが、スクールがあるため急いでソウルバード・ミュージックスクールに戻りました)、先日打ち合わせの時にお伺いした「Mole」さんに行くと、行列が、、、
 残念!と、1階に戻ると、窓から見ると先程まで満席だった「The COURT」さんに、空席が!
 ラッキーでした。



 こちらのお店は、本格的なパブで、ギネスビールやカクテルが頂けます。
 でも、お隣りの席の方は、美味しそうなケーキを召し上がっています。
 お向かいのチョコレートショップ「TIKAL」さんのものでした。
 実は忙しくて昼食を頂いていませんでしたので、ケーキを注文しに、「TIKAL」さんへと伺いました。



 とても美しい、宝石のようなケーキの数々、、、
 ケーキの説明書には、バルサミコ酢やチリパウダーなど使用してある、と書いてあり、かなりエキゾチック。
 聞けば、イギリス人のパティシエが、一つづつ手作りされているのだとか。



 そして、再び、「THE COURT」さんに戻り、ゴスペルの感想など、を中心におしゃべり、、、
 最近、こんなにゆったりする時間がほとんどありませんので、久しぶりにリラックスしました。



 ふと、窓の外を見ると、親しくさせて頂いている近くの別のレトロビルのオーナーのI氏のお顔が!
 思わず窓から手を振ると、「にっこり」と笑って下さり、「これから、地下のコーヒーショップに行きます。最近のお気に入りのお店です。」との事。


 
 その言葉と笑顔に魅かれ、私達も地下に移動する事に、、、、
 
 8人が定員のこのお店、ちょうど、前のお客様が出られる所で、運良くカウンターへ。
 こちらのお店の独特の雰囲気、やわらかなセピア色の色調に、心が和みます。
 一杯づつ、かなり丁寧に入れて下さるコーヒーも、当然のように香り高く、味わい深く。
 でも何より、そのインテリアが落ち着きます。



 気が付けば、お昼の12時から約半日、「芝川ビル」で過ごした事に、、、、
 でも、まったりと、ゆったりと、精神的に、かなりリカバーした、貴重な時間。
 これもこの大阪を代表するレトロビルの、その歴史に育まれた、ゆったりとした空間が与えてくれる豊かな時間のプレゼントなのでしょうか。



(とくい)
 
 

「アートによる能案内〜舎利」のお申し込みを締め切りました!

2009年07月28日(火) 8時49分
 毎年、こども達に、元気いっぱい「能」を体感して頂く「アートによる能案内」。
 本年も8月8日に開催させて頂きますが、お陰様で定員になり、お申し込みを締め切りさせて頂きました。
 
 お申し込み頂いた方で、今月中に山本能楽堂から「お手紙=参加証」が届かない方は、誠に申し訳ありませんが、今一度山本能楽堂まで、ご連絡をお願い申し上げます。

 今年も、たくさんのこども達の笑顔に出会えるよう頑張ります!

(とくい)

200 ドアーズ/本場USAのゴスペルを体感しよう!

2009年07月27日(月) 23時36分
 みなさん、こんばんは。
 
 昨日、7月26日の産經新聞に、先週木曜日の,大阪府庁前の「少年少女 羽衣うたい隊2009」の公演をご掲載頂きました!
 写真入りで、大きくご掲載頂きました!
 さらに、ネットでもご覧頂けますので、よろしければご覧下さいませ。

 7月26日 産經新聞・朝刊/能の楽しさ体感 大阪府庁で少年少女「羽衣」うたい隊
http://www.sankei-kansai.com/2009/07/26/20090726-012722.php
 

 また、その予告記事も、7月10日にご掲載頂いていました。
 こちらは、大阪市内版の記事としてご掲載頂いたので、私の住んでいる地域には、ご掲載頂いていませんでした。
 毎日、必ず朝刊には目を通しているのですが、気が付かずに、本当にご無礼致しました。

7月10日産經新聞・朝刊/少年少女が能の人気曲 23日、大阪府庁前で「羽衣」合唱
http://www.sankei-kansai.com/2009/07/10/20090710-012168.php


 さて、天神祭の午前中、地下鉄淀屋橋駅から徒歩1分のところにある「芝川ビル」で、「本場USAのゴスペルを体感しよう!」のワークショップを開催させて頂きました。
 これは、大阪をワークショップシティにしよう!という壮大な構想の下、7月下旬から8月までの約1ヶ月強の間に、200種類のワークショップが開催されるイベントです。
 そして、どのワークショップも、参加費用はワンコイン!=つまり500円です。



 今回、ビルボードライブの総括マネージャーの高木氏にお願いをして、ソウル・バードミュージックスクールのナンバーワン講師・エリック氏にご担当頂きました。



 朝から戸外は土砂降りの雨。
 まるでゲリラ豪雨のようでした、、、
 こんなんで、本当に40人以上の参加者が集まって下さるのか、キャンセル続出ではないかと、かなり不安になりましたが、みなさん、きちんとご参加下さいました!



 最初に高木氏のご挨拶で始まり、ソウルバード・ミュージックスクールの御担当者によるご説明、そして、いよいよエリック講師の登場!



 すごく、陽気で明るく、親しみやすく、わかりやすく、人気ナンバーワン!というのが瞬時に納得できました!
 最初に発声練習をして下さいましたが、これだけでも充分、と思える位のパワー!
 その後、「この曲を歌って頂きます。聞いて下さい」と、流された音楽を聴いて、唖然、、、、、
 こんな難しい曲、歌える訳がない,,,
 慌てて、高木氏に「大丈夫なん?」と小声で聞くと、「ちょっとレベル高いけど、もちろん皆さん歌えるようになりますから!」とチャーミングな笑顔が即座に返ってきました、、
 納得できないまま,ワークショップは進み、、、、



 最初は、英語の歌詞を皆で読んで、発音練習からでした。
エリックによると、「morning」とか、「it」とか「shame」とか、よく使う単語も、発音が難しいので、気をつけて発音して欲しいとの注意。
 英会話も教えてもらっているみたいで得した気分でした!

 そして、テノール、アルト、ソプラノと三つのパートに分かれ、座席を移動。
 そして、エリックのゴスペル!
 すごい声!!!
 本当に驚きました!
 生のキーボードの演奏もかなりお上手で、うっとりと聴きほれていたら、「はい、では皆さんの番」。


 エリックについて歌うと、何故か歌えます!
 途中パートにわかれて歌う部分も、みなさんいい感じ。
 だんだん、参加者の方が笑顔!、笑顔!、笑顔!になって、、、
 人の声の迫力と美しさを感じました!
 だんだん盛り上がり、1曲仕上がると本当に楽しい!

 エリックの「楽しかったら、それを身体で表現しながら歌って!」というアドバイスに、みなさんノリノリ!
 ゴスペルは身体で歌う、という事が実感できました!



 最後は、もうコンサート会場のような盛り上がり!
 みんなで、1曲歌い終わると、すごい充実感、満足感、達成感。
 お互いハグしたくなるような、完全燃焼でした!

 ワークショップが終了後、もうエリックは大人気!
 一緒に写真を撮って欲しいという受講者の方から引っ張りだこでした!
 
 ゴスペルと能の謡、西洋と東洋で全く表現の仕方も、一見何もかも違いますが、つきつめれば、同じ「声」をで表現する芸術。
 その方法は違っても、終わった後の達成感は同じじゃないかなぁ、、などと思ったりしました。

(とくい)
 

「とくい能〜ゆかた祭〜土蜘蛛」

2009年07月26日(日) 23時55分
 みなさん、こんばんは。
 ここしばらく、色んな事がありすぎて、何からご報告させて頂けばよいのか迷ってしまいます、、、
 昨日の天神祭は、能楽奉賛会の皆様の御後援のお陰様で、今年も無事開催させて頂きました。
 午前中のゲリラ豪雨的な土砂降りは、何とかおさまりましたが、やっぱり小雨はやまず、急遽テントをご用意頂き、その中で演じさせて頂きました。

 能船は、甲板に特設舞台を作り、その前に客席をご準備頂いていますが、楽屋は船底になります。
 朝からのすごい雨で、船の上に降った雨が全部楽屋に流れて行き、、、
 すごい量の雨だったと思いますが、能楽奉賛会の方が、すべて水をかき出して下さり,最後はスポンジに水を吸わせて中をキレイにして下さいました。
 本当に有難うございました。

 ちなみに、能楽奉賛会の皆様は、有志で、天神祭に能船を出して下さり、天神祭での能楽の奉納の手配を何から何までして下さっています。
 船の手配、舞台の設営から当日ご乗船頂くお客様のお飲物やお弁当の手配まで、、、
 天神祭当日はもちろんのこと、年間を通してそのご準備など、すべてボランティアで行って下さいます。
 
 能船奉賛会の方のご協力により、その天神祭の能船の乗船券がペア1組さまに当たる「とくい能〜ゆかた祭」。
 今回も、大勢様にお越し頂きました!
 この「とくい能〜ゆかた祭」は、天神祭の前々日に毎年行わせて頂いております。
 今年は、金曜日の開催となりましたが、それでも大勢の方に浴衣でお越し頂きました!



 今回英語の雑誌にも「TOKUI NOH」をご掲載頂いたので、外国の方のお姿もちらほら、、、
 公演が始まるまで、みなさん、とん蝶をお召し上がりになったり、2階のお茶室でお抹茶を召し上がったり、おくつろぎ頂いて、能が始まるまでの時間をお楽しみ頂きました。
 今回のお茶席のお菓子は、かわいい団扇と風鈴。
 八幡屋さんのお干菓子は本当に季節が感じられてステキです。



 上演させて頂いた能「土蜘蛛」は、能の中でも最も人気の高い曲!
 初心者の方でもわかりやすく、迫力もあり「とくい能」に、そして、真夏の夜にぴったりの演目です!
 私も、「土蜘蛛」は、10回以上、もしかしたら、20回近く拝見しているかもしれませんが、それでもいつ拝見しても飽きない,大好きな曲です!



 解説もあまり必要でないような曲ですが、それでも、公演前の解説と、終演後の質問コーナーで、初心者の方にもより身近に能を感じて頂けたように思います。
 アンケートでも、沢山の方に「楽しかった!」「迫力があって面白かった!」「背筋がひやっとした」などと描いて頂き、嬉しかったです!

 そして、お楽しみ抽選会。
 なにわ名物「いちびり庵」様からは、おおさかモノポリー(大好きです!)と大阪引札トランプ、(株)ジュンジェム様からは能の腕時計、(株)島野珈琲様からはわらびもち(絶品です!)、(株)フェリシモ「しあわせの学校」様からは、本当にたくさんのステキな商品(ネクックレス、ストール、おしゃれなエコバッグなど、、、)、NPO大阪アーツアポリア様からは、青色のかわいい手ぬぐいを、、今回もお陰様で「空くじなし」で、沢山のプレゼントをお持ち帰り頂きました!
 (また商品については、詳しくご報告させて頂きます)



 そして、特等の「天神祭 能船乗船券」(能楽奉賛会様ご提供)は、黄色い浴衣をお召しのお若いお嬢様に!
 当選された瞬間に「キャー、当たった〜」という喜びの、華やいだお声が聞こえ、こんなに喜んで頂けて、私達も嬉しかったです!



 そして、午後9時過ぎに、無事楽しくお開きに、、、
 次回の「とくい能〜紅葉能〜放下僧」は、10月23日(金)です。
 10月は当たり前ですが,もう秋、、、、
 恒例の、宴会付き公演です!
 どなた様でも別途2000円で、終演後、能舞台を見ながらの宴会にご参加頂けますので、よろしければお申し込み下さいませ。

(とくい)

 

少年少女「羽衣」うたい隊2009〜大阪府庁舎前公演!

2009年07月25日(土) 23時44分
 みなさん、こんばんは。
 今日は二つの新聞に、山本章弘の写真をご掲載頂きました!
 しかも二つとも、全く違う内容です。


 
 一つは、読売新聞の社会面の「いずみ」に、e-よこ会の「川舞台」披きで舞わせて頂いた「猩々」の写真、もう一つは大阪日日新聞に、天神祭宵宮の「奉納水上薪能」での「羽衣」の写真をそれぞれご掲載頂きました!
 夕方6時過ぎに、帝国ホテル前の能船で「羽衣」を舞わせて頂き、急い東横堀川に移動。
 8時半に、東横堀川の「川舞台」舞台披きで「猩々」を舞わせて頂きました。
 かなりハードでしたが、その両方を新聞にご掲載頂き本当に嬉しかったです!

 また、能の写真を新聞にご掲載頂くのは、本当に有難い事です。
 それだけで、新聞を読んでいらっしゃる方に、能に対する興味を持って頂けるのではないかと思ってます。



 さて、一昨日の大阪府庁舎での「少年少女 羽衣うたい隊」公演、お陰様で無事盛会に催させて頂きました!


 
 それにしても、こども達の「羽衣」の謡の元気のよかった事!!!
 大きな声ではっきりと、お腹の中から謡ってくれました!

 お客様も、果たしてお昼の12時過ぎに、大阪府庁舎までお越し下さるのかと、ちょっと心配でしたが、かなり大勢様にお越し頂きました。
 「羽衣読本」を200部用意させて頂きましたが、あっという間になくなりました。



 こども達が謡う「羽衣」の公演に先立ち、お客様にも公演を楽しんで頂けるよう、山本章弘がレクチャーをさせて頂きました。
 最初は、能のお話をいろいろと面白い事を取り混ぜさせて頂いて、、、そして、皆様にも能「羽衣」の謡をお教えさせて頂きました。
 思いの外、沢山の方々が一緒に謡って下さっていたのは嬉しかったです!



 そして、山本章弘は「羽衣」の装束に着替えるため、今度はお囃子方の先生方に能の楽器についてのご説明と、短い演奏をお願い致しました。
 ちょうど、その頃、八軒家浜の式典を終えられ、府庁前でのオープンカフェの取材を終えられた橋下知事が、「少年少女 羽衣うたい隊」にお越し下さいました!
 もしかして、来て下さったら、、、と思ったりしてましたが、本当に来て下さるとは想像外でした。

 あわてて、うたい隊の子供さん達の中にお入り頂き、一緒に公演をお楽しみ頂きました。
 うたい隊のこども達も突然の出来事に、驚かれた事と思います。
 でも、「羽衣」の謡は、しっかりと大きな声でうたってくれました!



 こども達の元気な声が、大阪府庁という歴史的な空間に響きわたり、お陰様で、無事楽しく公演が終了しました。
 そこで、マイクを橋下知事にお渡しさせて頂くと、大阪府庁をこんな文化的な催しに利用してもらえて嬉しい。また、こども達の謡声にも感動しました。府庁で能が見れるなんて、スゴイ事です!ありがとうございました!とご挨拶下さり、是非出演者に御礼のご挨拶をさせて下さい、と仰って頂き、楽屋までお越し下さいました。



  終演後、こども達とお話しすると、やはり大人気の知事にお越し頂けた事が、また、こども達の中に座って一緒に楽しんで下さった事に、感激した様子でした。
山本能楽堂で開催させて頂いている、活動は、まだまだ小さなものですが、このような形で知事に応援して頂き、こども達が「誇り」を持って参加してくれることになれば、何より有難いと思います。
 
(とくい)

e-よこ・アニバーサリーナイト!!!

2009年07月24日(金) 23時59分
 みなさん、こんばんは。
 毎日、特にこの3日間は、かなり忙しいです。
 山本章弘は、この3日間で、なんと能を五番も舞わせて頂く予定です!
 昨日が、大阪府庁で「羽衣」、とくい能で「土蜘蛛」、本日が天神祭宵宮で「羽衣」そしてe-よこ会で「猩々」、明日が天神祭・能船で「土蜘蛛」です!
 何からお話させて頂いたらいいのか、迷いますが、取り敢えず、先程終了致しました「eーよこ・アニバーサリーナイト」についてご報告させて頂きます!



 山本能楽堂が、能楽堂の近くを流れる東横堀川の活性化協議会である「e-よこ会」に参加させて頂くようになって、約2年半。
 その間に、春祭り、夏祭り、開平小学校のスタンウェイのピアノによるソプラノコンサート、もちろん毎月のお掃除に橋洗い、クルーズ、e-よこ逍遥、と本当に魅力的なイベントに関わらせて頂きましたが、今日のアニバーサリーナイトは、凄かったです!
 メンバーの皆さんと話していたのですが、すごい満足感と幸福感がありました!



 今回の「アニバーサリーナイト」、東横堀川の本町橋の所に、船着き場が出来るのを記念して、開催されましたが、何といっても大目玉は、「川舞台」が作られた事です!
 本格的な「川舞台」と、それを見るための簡単な座席が、向いの土手にでき、川沿いの風景が一変しました!
 最初は、こんなに狭いスペースに?とか、道路から見えないので、目立たないのでは?とか、色んな疑問がわきましたが、出来上がると、ほっこりとした、プライベート感満載の、しかも「水辺」を感じることができる、豊かな空間が生まれました!
 しかも、川舞台の奥にから船着き場に抜けられます。


 
 本日のイベントとしましては、平面作家・井上信太氏による「巣箱づくりプロジェクト」、近隣のオシャレな飲食店の出店とそれを持って川辺で楽しむ「e-よこピクニック」、東横堀川を通る天神祭のどんどこ船、と人形船との手打ち、船着き場からのミニクルーズ、そして「川舞台」での、ジャズの大御所・大恆P章氏によるジャズコンサート、そして、「川舞台」の舞台披キを記念して、山本章弘による能「猩々」と、本当に盛り沢山の内容でした!



 午後6時の開始から、早くも見学席は埋まりはじめ、出店の前にも人だかり。
 ワイン専門店のワイン、ダイニング・アップリケさんの「北浜サンド」、ガゼボさんの「きっと勝つサンド」、ルポンドシェルさんの「チーズケーキ」と「わらびもち」(大阪を代表するフレンチのお店ですが、特別にわらびもちを出品して下さいました!)、道修町のお弁当屋さんのおべんんとう、初花さんのサンドイッチ、,,東横堀川界隈のお店は、かなり魅力的でオシャレなお店が多いです。



 「巣箱づくりプロジェクト」も大勢の方で賑わい、お子様からご年配の方まで、みなさんに楽しく巣箱を作って頂きました。


 
 そして、この夏「e-よこ会」からご提案させて頂いているのが、サマーピクニック!
 近隣のお店でおいしいお弁当を買って、川辺でピクニックを楽しみましょう!というお誘いです。
 専用のランチョンマットにも、ベンチにしいたりもできるeーよこ風呂敷も販売させて頂きました。(500円!)
 これさえあれば、ランチボックスを包んで川辺に行って、自由にピクニックが楽しめます!
 また、本日は、出店でお弁当を買って、かなり本格的にピクニックを楽しんでいらっしゃるグループの方もいらっしゃいました!



 そして、7時10分になると、大恆P章さんによる、ジャズコンサートが始まりました。
 スタンダードなジャズのナンバーから、ドリカムの「Love Love Love」、サザンの曲まで、バラエティ豊かに幅広く皆さんにお楽しみ頂ける曲を演奏して下さいました。
 やっぱりライブで聴かせて頂くジャズは、雰囲気がよく、ましてや水辺で楽しめて最高でした!



 そして、8時半から、山本章弘による能「猩々」。
 帝国ホテル前での、天神祭宵宮で「羽衣」を舞ったあと、e−よこ会に駆けつけさせて頂きました!
 この曲は、お酒の大好きな中国の伝説の動物である「猩々」が、いくら汲んでもなくならない酒壺を与えて、海中へ帰っていく非常におめでたい演目で、祝言の能として御祝の会でよく舞われます。
 東横堀川の「川舞台」の舞台披きにふさわしく、華やかに御祝いの気持ちをこめさせて頂き、舞わせて頂きました。



 そして、同じ「猩々」という名前をつけて頂いた、天神祭能船奉賛会の方の通船が、東横堀川まで手打ちに来て下さいました!
 お馴染みの「大阪締め」で、船から、陸からご挨拶をかわし、明日の「天神祭」のお祭り気分が益々高揚します。



 また、「川舞台」では、平面作家の井上信太氏とアーツアポリアの中西美穂氏による「巣箱づくりプロジェクト」のご説明がありました。
 この夏300個以上の手作りの巣箱をe-よこ界隈に皆さんで設置し、水辺に住む水鳥達に思いをはせ、みんなでこの水辺を大切にしましょう!というご提案に、拍手喝采。
 アニバーサリーナイトも、無事お開きになりました。



(とくい)

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2009年07月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf