【神・男・女・狂・鬼】

2018年12月18日(火) 18時27分
明日・12月16日(日)の午後2時から、新しい実験的な公演を開催させて頂きます。

江戸時代、能は、狂言をはさんで5つの演目を1日かけて上演していたと言われています。
上演する順番は、演目の内容によってほぼ決まっており、「翁」から始まり、「神(しん)・男(なん)・女(にょ)・狂(きょう)・鬼(き)」の5演目を五番立で演じたそうです。

今回の公演は、その五番立の形式にのっとり、本当なら1演目の上映時間が1時間以上ある能の演目を、後半部分のみをダイジェストで5種類、上演させて頂きます。

そして、朝日に始まり、夕闇迫る時間までの光の移ろいを、LED照明演出の先駆者で、世界的にご活躍の藤本隆行さんに、照明をつくっていただきます。

約2時間でご覧いただく「神・男・女・狂・鬼」。

さまざまな能の魅力を、藤本さんの美しい光の中でお楽しみ頂ければと思います!






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2018年12月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf