アートによる能案内〜竹生島

2012年08月08日(水) 23時34分
 みなさん、こんばんは。
 本日は、8月8日!
 世阿弥の命日と言われていますが、山本能楽堂では毎年、午後1時半より小学生の方を対象とした能の子ども教室を開催させて頂いております。

 今回は、大阪市近代美術館(仮称)準備室の学芸員のみなさまのご協力を得て、大阪市近代美術館(仮称)展示室で開催させて頂きました!
 場所は心斎橋の東急ハンズのお隣の、出光ビルの13階です。
 開演の1時30分近くになると、たくさんの小学生のみなさんが集まってくれました!



 最初は今回のテーマである「竹生島」についての説明を、、、
 保護者の皆様も興味深くお聞き下さいました。



 能面の説明は、かなり盛り上がり、ユニークなしつもんや、歓声が続きました!



 そして、お待ちかねのアートの時間。
 今回のアートの先生、福重さんが、とっても楽しいプログラムを考えて下さいました。
 かなりきちんと綿密に準備をしてくださったおかげで、学年に関係なくすべてのご参加頂いた子ども達にとってとても楽しいプログラムになったのではないかと思いました。



 また、今回、大阪市近代美術館(仮称)準備室の学芸員の皆様のお力添えで、子ども達がアートプログラムを楽しんでくれている間に、大人の方にもアートな時間を楽しんで頂きました。



 出来上がった作品に大満足の子ども達は、能「竹生島」がはじまるのを、ワクワクしながら待ちます、、、



 笛のお調べの後、始まった能の迫力に、子ども達の目は釘付けとなり、みんな真剣に、能を見てくれることができました!
 今回もアートの先生、福重さん、そして、ボランティアスタッフの皆さん、もちろんコーディネーターの中西さんに感謝!です!!



 毎年、スペイン在住の方が、夏休みに日本に帰国される中楽しみにご参加下さっています。
 また、本日もかなりご遠方からもご参加頂きました。
 単純に、嬉しいです。
 いつも思うことですが、「アートによる能案内」を開催させて頂き、いつも子ども達から逆に大きなパワーをもらっている気がします。ありがとうございます。
 さらに今回は、学芸員のみなさまをはじめ、いつもの「能案内」ではなく、「上方伝統芸能案内」へと一歩奥へ進んだ内容となり、本当に大勢の皆様のご協力のお陰様だと感謝しています。
 また、本日は、6年前の記念すべき「アートによる能案内〜小鍛冶」のアートの先生をご担当頂いた美術家の池田朗子先生も客席にお越し頂き、こちらも嬉しかったです。



 あっという間に時間が過ぎ、みなさんが帰られて後片付けを終えると5時近く。。。
 窓の外を眺めると、「大阪」の都会的な街並が眼下に見えました。

 どこまでも続く真っ青な夏の空を見ていると、6年前に中西さんと一緒に話した「目指すべき目標」を思い出して、あの頃は無我夢中で何もわかりませんでしたが、その時に話した目標はかなり漠然とした概念ですが、今だとその本当の意味が、少しはわかるような気がしました。


(とくい)

 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf