「山本章弘観鵆會」ありがとうございました!

2010年11月13日(土) 22時55分
 みなさん、こんばんは。
 本日も「山本章弘観鵆會秋の会」を無事、開催させて頂き誠に有り難うございました。

 昨日も書かせて頂きましたが、普段、山本章弘について能の謡や仕舞をお稽古して下さっている皆様方の発表会です。
 お稽古を始められて、まだ数ヶ月の方、何十年も(40年以上も)お稽古してくださている方、色んな方が、それぞれいつも熱心にお稽古して下さっている日頃の成果をご披露下さいました。

 朝10時から、夕方の6時まで、みなさん楽しく、真剣に舞台をお務め下さいました。
 
 写真は、お客様に舞台の二階で出させて頂いたお茶席のお菓子。
 「龍田川」になっていて、とてもかわいらしくきれいな主菓子です。
 昨年このお菓子を頂いて、本当に素敵なデザイン!と、感動しましたので、今年も八幡屋さんに、リクエストして同じお菓子を作って頂きました。

 去年と今年、一見すると同じお菓子なんですが、微妙に違っています。(昨年の写真がなくてすみません)
 昨年は、たぶんもう少し11月の下旬にお願いした思うのですが、下の水色がもっと多くて、水色がはっきりと浮き出ていて、流れる川に沢山の錦繍の紅葉が流れているようなイメージが頭の中に浮かびました。
 今年は昨年より10日間ほど開催日が早かったので、たぶん水色の分量を少なくされ、白を基調に淡い水色にされています。
 すると、川にほんの少し、紅葉が流れている、あるいは川にはらはらと2、3枚紅葉が落ちているようなイメージになり、全く同じお菓子でも、そこから感じられる空気が全く異なります。
 ほんの少しの色の分量でイメージが変化するなんて、今更ながら、日本って本当に繊細な美意識が継承されている国だなぁ、、、と改めて思いました。
 そういえば上の紅葉の色も、昨年はもっと濃いオレンジでした。
 お茶席のお菓子は、季節を細やかに表現されますが、本当にすごい技術と感性だと感じ入りました。

 発表会の後は、会員のみなさまと一緒に、中華料理で宴会をさせて頂きました。
 同じテーブルに、源氏物語の先生がいらっしゃって、約2時間、源氏物語を、本当に砕いて、わかりやすく、ユーモアたっぷりにお話し下さいました。
 すべて”納得!”の内容。
 知らないお話ばかりで、ぐっと源氏の世界が身近になりました。
 もう一度、源氏物語を、ゆっくり読みたい!知りたい!と思いました。

(とくい)


 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2010年11月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf