「故森田光次 三十三回忌追善 囃子の会 素人会」のお知らせ

2009年10月17日(土) 23時59分
 明日の10月18日(日)、朝の9時40分から、山本能楽堂で、「故森田光次三十三回忌追善 囃子の会 素人会」があります。
 能楽の世界では、回忌にあわせて、お追善会を催し、亡くなられた師を、皆でお偲びする催しを開催します。
 明日は、亡くなられた笛方・森田流の森田光次師の33回忌で、森田啓子さん、森田徳和さんのお社中の方の発表会が、山本能楽堂であります。
 入場は無料ですので、よろしければお出かけ下さいませ。

関西大学なにわフォーラムと初心者のための上方伝統芸能ナイトのご報告!!

2009年10月17日(土) 23時25分
 みなさん、こんばんは。
 新作能「水の輪」について、もっともっとお伝えしたい事がありますが、山本能楽堂では、毎日色んな事が起っています。

 本日もとても忙しい一日でした、、、

 お昼の1時からは、関西大学なにわ・大阪文化遺産学研究センターご主催の、「文化遺産学フォーラム
なにわ・大阪再生-大阪文化遺産の魅力- 」公演がありました。
 関西大学前理事長の森本靖一郎先生にもお越し頂き、久方ぶりにゆっくりご挨拶申し上げさせて頂きました。
 相変わらず、エネルギッシュでパワフルな先生から、大きなパワーを頂きました。
 
 最初に、河内厚郎先生による「古都おおさか再生へ」の基調講演がありました。
 都としての大阪の歴史を詳しく紐解いて下さって、知らなかった事ばかりで、面白く、大変勉強になりました。

 進行役でお越し下さり、ご企画された藪田貫先生は、いつもお世話になっている先生で、2年前ベルギーに関西大学のEUセンターができた時、開所式のオープニングセレモニーでベルギーで御一緒させて頂きました。
 終演後、先生の周りに外国からの留学生が集まっています。
 その数約12名。
 聞けば、関西大学には80名程海外からの留学生が勉強に来られているそうで、本日のご講義にいらっしゃったとか。
 嬉しかったのは、その中に、2年前の山本章弘のベルギー公演をご覧頂いた学生さんもいらっしゃった事!
 急遽、夜の「初心者のための上方伝統芸能ナイト」にお越しになる事になって、ひとまずお開き。

 「初心者のための上方伝統芸能ナイト」は、8月15日から「水都大阪2009」にあわせて、本日まで5回にわたって日・英・中・韓による「四カ国語対応公演」を開催させて頂いてきましたが、本日がその最後、、、
 5回開催させて頂くと、何だか「四カ国語対応公演」が、通常の公演であるような錯覚さえしてきて、もうなんだかすっかりお陰様で慣れてきました。(といっても、私が「字幕」を操作している訳でもなく、翻訳資料を作成している訳でもなく、御担当者のお力の賜物なのですが、、、本当にありがとうございます)

 果たして、本当に外国人の方は来て下さるのか、ドキドキしながら開場を待つと、、、
 やはり、外国人の方が来て下さいます!
 2人から4名くらいのグループで。
 あるいは、ホストファミリー等の日本人の方に連れられて。
 
 前回の今年の2月の「四カ国語対応」は、2回連続でしたが、今回は5回。
 2月のときも、2回目が多く、今回、初回はJapan Times などの紙面で取り上げて頂いたお陰様で、かなり外国人の方が多かったですが、2回目以降の感覚では、やはり徐々に知名度があがっている感じがしました。
 「口コミ」みたいな広がり方をしているような感じです。

 もしかしたら、このままずーっと「四カ国語対応公演」を続けたら、確実にかなりの外国人のお客様が増えそうな気がします。
 でも、予算的にも、人力的にも、現状では5回連続が精一杯といった感じです。
 翻訳にかなりお金がかかるので、必然的に演目を絞らなくてはならなくなり、通常公演のファンのお客様からも、演目が重なりすぎている、とのご指摘を受けたリしていました。
 また、どうしても「話芸」は外国人の方には難しくなってしまうので、(翻訳もできませんので)、講談や浪曲を上演させて頂く事ができなくなります、、、

 という訳で、「四カ国語対応公演」は、今回で一応ひと区切りになりますが、できれば年明けに、また開催させて頂ければと思っております。

 もちろん、日本人のお客様が帰りがけに「本当に楽しかったです!」「こんなに面白いと思わなかった!」とお声をかけて頂くのも本当に嬉しく、それが私達の原動力にもなっていますが、外国の方にも同様のお声がけをして頂くと、「やった〜」と思います。
 今日も、「母国に帰る直前に、この公演の事を知り、ギリギリ間に合って参加する事ができてよかった!また日本に来た時に来ますね!」とのお言葉が、本当に嬉しかったです!

(とくい)

 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2009年10月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf