「宝石」

2012年02月09日(木) 23時50分
 みなさん、こんばんは。
 色んな人からご心配を頂きますが、風邪がやっぱり治りません。
 さすがに、熱が出たりはもうしませんが、ずーっと体調がおかしいです。
 きちんと内科を受診しないといけませんよ、とアドバイスを頂きますが、お医者さんに行く時間がありません、、
 それで、薬局でお薬を買って飲んでいるのですが、昔から漢方薬系のお薬が好きです。
 こだわっている、とかでなくて、純粋にあの独得の味が好きです。
 なので、必ず「こなぐすり」を飲みます。
 よく、そんなんおかしい、とか言われますが、、、

 さて、あれはいつ頃だったでしょうか、、、
 半年ほど前に、山本能楽堂のすぐ近くの本町通りをいつものように歩いていると、突然「行列」ができていて、驚きました。
 最初は何が何だかわからなかったのですが、階段に沢山の人が並んでいらっしゃいます。
 しかも、毎日、毎日、同じように、、、、
 不思議に思ってみんなに尋ねると、新しくできたカレーやさんがネットで評判になって、すごくはやっているとか。
 しかも、カレーやさんらしくない、「宝石」というお名前。
 女性一人でやっていらっしゃるとのウワサも聞きました。

 

 それから、通るたびに何となく気になっていたのですが、いつも行列。
 山本能楽堂を応援して下さっているご近所のK氏は、11時半までに並んで、12時の開店で入らないと、あとはかなり1時間以上は、待ちますよ〜、と。
 いくらなんでも、そんなには待てないので、気になりながらもそのままでした。
 一度、台風の日に前を通ったので、もしかしたら、、、と思い、階段を見るとやっぱり行列でした。
 
 この間から、あんまり風邪が治らないので、スパイスの効いたカレーを食べたら、もしかしたら、さっと直るかも、、と考えていたら、今日階段を見ると誰も並んでいません!
 


 これはチャンス!と、並んでみることにしました。
 時間は12時半前。
 中はやっぱりいっぱいです。



 2,3分並んでいると、みるみる間に、私の後ろに行列が。
 かなりいいタイミングだったみたいです。
 お店から出てこられる方が、みなさん寒いのに汗をかいていらっしゃって、ちょっとおじけづきましたが、それでも約20分並んだら中に入れました。
 風邪が治りたい!という一心の気持ちでした。




 カレーは1種類のみ。
 この日はチキンでした。台風の日は、ラムキーマカレーでした。
 普通は850円、大盛りが1000円です。
 


 3人分づつ作られるので、出されるまでに時間がかかります。
 調理台には、横に添えてある自家製のピクルス類が並んでいます。




 10分くらいして、熱々のカレーが!
 すごい香りです。
 嬉しくなって、一口食べると、、、、、苦い!です。
 苦いカレーは、生まれて初めてです。
 それにしても、香辛料をそのまま食べている感じです。
 スパイスを毎朝挽き、化学調味料も、お砂糖も使用せず、濃いスープをとって、油脂もほとんど使わず、少しの塩だけで味付けされているそうです。
 しばらく食べながら、この苦いカレーをどこまで食べられるか、かなり不安になりました。
 かなり個性的で、万人向けのカレーと対極にある感じです。
 お客様のほぼ全員完食されているのに、私だけ半分以上残したらどうしよう、、、、本当にそう思いました。
 しかもかなり辛いです。(辛いのは割と平気ですが、、、)

 そう思いつつ、3分の1くらい頂くと、急に苦みがなくなって大丈夫になりました。
 そして、不思議なことに最後まで食べることができました。(自分でも本当に驚きました)

 ほとんどのお客様は「感動しました!おいしかったです」と言いながら帰られましたが、でも実を言うと、私はそこまではいきませんでした。
 実を言うと、むちゃくちゃカレーが好き!というわけではないので、たぶん、私自身の修行が足りないせいだと思います。
 インドの本当のカレーはこんな感じなのでしょうか、、、
 でもインド料理のお店のカレーとは全く別物です。

 でも、夕方になっても何となく体があたたかく、元気になった気がしました!
 風邪が治って、また人が並んでいない日に前を通ったら、行ってみたいと思います。
 でも、やっぱり風邪は治りませんでした、、、


(とくい)


「森のらくだ」に癒されて。

2011年07月11日(月) 23時06分
 みなさん、こんばんは。

 山本能楽堂から徒歩15秒のところに、若い女性が一人で切り盛りされている「お紅茶のお店」があります。
 「新茶の紅茶」を飲まれてその美味しさに感動され、仙台まで修行に行かれて、数年前オープンされました。
 先の大震災でも、仙台のお店は大丈夫だったみたいで、ほっとしました。

 

 まるで、友人のお家のリビングルームを訪れたような店内は、そんなに広くはありませんが、かなりリラックスします。



 お店で出されているお菓子は、すべて彼女の手づくり。



 ちょうど伺った時に、焼き上がったばっかりでした。



 お店の名前は「森のらくだ」。
 自分で考えられた名前だと思っていたら、美術館でご覧になったクレーの「森のらくだ」に感動され、そのままお店の名前にされたそうです。



 クレーの絵の横にかけられたインドのタペストリーは、博物館に陳列されていてもおかしくないくらいかなり古くて貴重で美しい布です。



 こちらでは、最初に出されるお水まで、少し紅茶で色がつけてあります。
 美味しいです。
 最初に飲んだ時、こういう紅茶の楽しみ方もあるんだなぁ、、、と思いました。



 こちらのお店のお食事は、カレーのみです。(お一人でつくってらっしゃるので)
 でもそのカレーが、お野菜やきのこたっぷりの独特のヘルシーなオリジナルなカレーです。
 


 お紅茶のゼリーも、手づくりのレモンシロップがかけてあって美味しいです。
 ゼリーは、全く甘さのないお紅茶をゼラチンで固めただけです。
 


 窓から眺める景色も、心なしか静かで、同じ能楽堂の前の道とは思えません、、、



 やっぱりおいしいのはお紅茶。
 美味しいお紅茶は、ダージリンとアッサムのみというこだわりで、あえてこの2種類しかおいていらっしゃいません。
 ストレートだとダージリン、ミルクティにはアッサムという潔さ。
 そこに、ハーブを使ったり、スパイスを使ったりして色んなお紅茶のバリエーションを作られます。



 歩いて15秒なのに、たぶん1年前くらいにMさんと一緒に来て以来。
 30分くらいしかいてないつもりが、気が付けば1時間近くいて、打ち合わせに遅れそうになり、あわてて能楽堂へ。
 たまには、こちらでほっこりしたい、女性に人気の、そんなお店です。

(とくい)

ベジキッチン・ヤマツジさん

2011年05月03日(火) 0時15分
 みなさん、こんばんは。
 GW、如何お過ごしですか?

 先日、ブログで東横堀川にアーティストの原さんの「声の道プロジェクト」の作品で、ベンチがたくさん置かれていて気持ちがいいい、とご紹介させて頂きましたが、その東横堀川からの帰り道、久しぶりに北浜を歩きました。

 北浜界隈も大好きな場所ですが、最近忙しくて本当に久しぶり。
 山本能楽堂のチラシのデザインをお願いしているP社が入っているビルの1階に、3年くらい前に「八百屋さん+カフェ+デリ」のお店=ベジキッチン「ヤマツジ」さんができました。



 北浜と八百屋さん、私の中ではうまくひっつかず、オープン当初はかなり不思議な感じでした。
 今あるお店の部分も、お店になる前はテナントではなくて、自販機が何十台も置いてあっただけのスペースだったので、違和感を感じていたのかもしれません。

 でもその後、本当にいろんな雑誌に取り上げられたり、いつも前を通るとカフェにはたくさんのお客様。
 また、「eーよこ会」のメンバーにも入って下さっていて、e-よこ会のお店マップにも情報を載せさせて頂いていて、勝手に親近感を感じています。



 八百屋さんなので、当たり前ですが、店内には新鮮なお野菜がいっぱい!
 しかも見た事のない、新しい種類もたくさんあります。
 (手前のトマトは、黒トマトです)



 聞く所によると、北新地で親子三代続く、老舗の八百屋さんが北浜に出されたアンテナショップだとか。
 飲食関係のお客様も多いので、目新しい野菜もたくさん並んでいるそうです。



 お昼ご飯は、カフェで頂けたり、デリでランチボックスを売っていたり。
 どちらも、サラダとスープがついています。
 私はいつも時間がなく、ランチボックス。
 ほうれん草のクレープ、美味しいです。
 が、ふと横を見ると、「グリルベジバーガー」の文字。
 お野菜だけのハンバーガーです。
 思わず興味がそそられて、迷わず買って帰りました。
 


 写真ではわかりにくいですが、グリルしたお野菜が、10種類以上入っています!
 しかも、グリルして水分がとんで、すごく甘くて美味しいです。
 お野菜のお味の組み合わせもいい感じ。
 お値段は1個450円ですが、これだけ色んなお野菜を頂けるなら、、と納得です。

 ベジバーガーとアイスティを持って、川辺で楽しめたら、気持ちいいだろうなぁ、、と思います。

 あと、こちらのお店は東横堀川の西側ですが、東側にあったら、本当に嬉しいです、、、

(とくい)

洋食屋ふじや(Fujiya)さんのカキフライ

2010年12月19日(日) 23時16分
みなさん、こんばんは。
 明日は12月20日、、、 
 もう今年もあと10日しかありません、、、
 毎年、12月の初旬はのんきに構えていて、気がつけば20日を迎え、、、、急に焦りだします。
 この週末もなんだかぼんやりしていて、しないといけない仕事の五分の一もはかどりませんでした、、、

 このブログを始めさせて頂いた約4年前は、お昼を食べに外出する余裕がありました。
1週間のうち、2、3日は外でお食事をしていました。
 が、最近、特にこの1年間は、忙しすぎて、ほとんど外にでかけません。
 いつも事務所でお弁当を食べています。
 それはそれで、なんの不満もないのですが、、、

 12月の初め、心斎橋で打ち合わせが12時過ぎからあり、終わったら1時過ぎ。
 御担当者の方と一緒にお昼でも、と思っていたのですが、1時半から別の会議が入っていらっしゃってやむなく断念。
 一人、堺筋線に乗って能楽堂に帰る途中、「あっ!そうだ!」と思って、一つ手前の「堺筋本町」で降り、洋食屋のフジヤさんへ向かいました。
 確か2時まで空いているはず。
 どきどきしならが、2時15分くらい前に着きましたが、店内はほぼ満席。
 久しぶりにお目にかかる奥様に「もちろん、まだ大丈夫ですよ〜」と言って頂き、迷わず「カキフライ」を注文しました。
 (伺ったのは、ほぼ半年ぶりです)


 フジヤさんのカキフライは、本当に美味しいです。
 お伺いする時期によって、産地が変わって行きますが、その日はちょうど的矢産のかきでした。
 私はカキフライが好きですが、頂くのは今年初めて。
 今更ながら忙しすぎて、生活に季節感がなくなっている、と反省しました。

 久しぶりに美味しい心のこもったお食事を頂くと、何だかお腹の中から元気がわいてきました!
 その時ちょうどラジオから聞こえてきたのが、数年前に流行ったアメリカのポップス。
 確か、人生雨ばっかりじゃない、頑張れば晴れになる!みたいな歌詞だったと思います。

 私ももっと頑張らないと!と、思わず階段を駆け上がりました!

(とくい)

 

PARIS ORANGE〜山本能楽堂近くのお店

2010年03月24日(水) 23時42分
 みなさん、こんばんは。
 毎日雨、雨、雨ですね、、、
 雨の中、桜のつぼみを見てみると、この雨でかなりふくらんで、開花へのパワーを蓄えている感じです。
 新聞によると明日は晴れるみたいですので、暖かければ一気に花開くかも、、なんて思ったりします!

 さて、先週の土曜日の「初心者のための上方伝統芸能ナイト」には、友人の某人気関西情報誌の編集長さんがご家族で来て下さいました!
 ご子息が笑福亭瓶成さんのファンでいらっしゃるので、出てこられるまで待っていらっしゃったのですが、お話させて頂いていると「今から家族で、また帰りに行こうと思って、、、、」
 「えっ?もしかしてPARIS ORANGE??でももう終わりじゃないんですか?」
 「いや〜、ラストオーダーが9時半だって聞いたんで。じゃあ、行ってきます!」と嬉しそうに出かけていかれました。

 ちなみに「PARIS ORANGE」は山本能楽堂の近く、というか「谷町四丁目」の駅の出口を上がってすぐのところにあるビストロで、オープンして2年くらいになります。
 ご職業柄、かなりのグルメでいらっしゃるのですが、本当にお気に入りで、山本能楽堂へ来られた時は必ず行かれます。
 もしかして、山本能楽堂におこしになるのは、PARIS ORANGEさんのお食事を楽しみにされているから、、、???
 思わずそう思ってしまうくらい、お気に入りのお店だそうです。

 私も、以前東京からおお客様がおこしになられた時に、夜のお食事をこちらで頂き、気取りのない居心地のよい店内と、リーズナブルできちんと正確に調理されたたっぷりしたお料理に、忘れられない楽しい一夜を過ごさせて頂いた事があります。
 
 でも、いつからでしょうか、、、
 毎日がかなり忙しくなって、時間がなくて、能楽堂いていてもほとんどお昼を外に食べに行くことがなくなりました。
 お弁当を買って来て食べるのが日課になってしまっています。

 そんな中、何ヶ月か前、能楽堂へ行く前にリフレッシュしたくて一人でこちらの「PARIS ORANGE」にお昼を食べに行きました。
 12時を過ぎるといっぱいになるのですが、まだ12時前でしたので、カウンターに2、3人。
 キャリアウーマンらしき女性の「おひとりさま」の隣に座りました。

 最初は人参のスープ。
 一人分づつル・クルーゼのココットに入って出て来て、それだけでも嬉しくなりますが、人参の風味がいきていて、美味しいです。
 そして自家製のパン。
 続いてメインの鳥のもも肉を焼いたものに、ジェノバソースがかかり、たっぷりの野菜が添えられていました。

 さあ、食べよう!とナイフとフォークを手にした時、お隣の「おひとりさま」の若い女性が「このお料理なら、赤ワインをお願いします。渋めで」と一言。
 お昼から、女性一人でアルコール??
 先ほどからお料理の合間に、書類に目を通され、午後一番に打ち合わせに行かれるような雰囲気でしたので、隣でかなり驚いてしまいました。
 が、その女性は、ワインを楽しみながら、さっさとお食事を済まされ、「ごちそうさま〜」。

 これが、ご友人と一緒だったり、何かの集まりだと何にも不思議な気などしないのですが、お一人で仕事の合間で若い女性、というのにびっくりしました。
 しかも、お話しされている感じでは、関東からご出張で来られている様子、、、

 隣の私は、もそもそとお食事をしながら、でもお隣からの強いパワーを頂いて、「私も頑張ろう!」と何故か勇気を与えてもらい、お店をでました。
 強くたくましい女性はお美しいです。

(とくい)
 

 

cafe 初花

2009年06月23日(火) 0時20分
 みなさん、こんばんは。
 ブログを書こうと思ったら、窓の外が急にものすごい雨音。
 天気予報では、今晩は局地的に激しい雨になる、、とのことでしたが、最近本当におかしなお天気が続きます。

 さて、先日能楽堂へ行こうと、本町通を堺筋から歩いていると、まっちゃまちの交差点のすぐ手前に、かわいいカフェが出来ているのに気がつきました。
 能楽堂の近くに、新しい魅力的なお店が増えるのは本当にワクワクします。
 思わず立ち止まると、どうやらサンドイッチやさんみたいです。



 夕方のちょっと中途半端な時間でしたので、お店の方が出てきて下さり、しばらくお話しさせて頂きました。
 ショーケースの中には、きちんと包まれたサンドイッチが、よ〜く見ると本当にたくさんの種類が並んでいます!
 オーソドックスなタマゴサンド、ハムサンド、などの他、ヒジキサンド、ごぼうサラダサンド、タンドリーチキンなどなど、、、、
 このサンドイッチのタマゴは、出し巻風に焼いていて美味しいので一度食べてみて下さい!とお勧め頂いたので、タマゴサンドとゴボウサンドを頂きました。


 
 ふと、お店の中をのぞいてビックリ!
 大きな大きな焼きたての食パンがおいてあります!
 伺うと、毎日こつこつとお店で生地から練り上げて、焼き上げていらっしゃるのだとか。
 保存料無添加のもっちり、しっとりした身体にやさしいパンだそうです。



 パンからお店で作られるサンドイッチ屋さんってなかなかないなぁ、、、と感心していると、沢山の種類の中身ももちろん全て手作りだとか。
 ほかにも、ケーキや、ランチボックスにはフライドポテトや唐揚げも入ります。

 お金を払おうとしましたら、サンドイッチが2つで400円。
 一つ200円でした。
 こだわりのサンドイッチなのに、リーズナブル!
 よく見ると、店内の炭焼きコーヒーも300円。ハムレタスサンドは180円。
 なんだか良心的なお店のような気がします。



 早速能楽堂に帰って、事務を手伝ってもらっている中西さんと半分づつ頂きました。
 中のタマゴが、懐かしい、やさしいお味でした。
 次はお昼のランチBOX(430円)を買いに行こうと思います。

(とくい)
 

ショコラティエ・ナカタニ

2009年05月31日(日) 23時30分
 みなさん、こんばんは。
 以前ブログでもご紹介させて頂きましたが、山本能楽堂と本町通りをはさんで、徒歩2、3分のところに、とてもステキなチョコレートショップがあります!
 大阪を代表するケーキ屋さんの「なかたに亭」さんが、チョコレート好きが高じてオープンされたチョコレートだけの専門店です。
 


 歩いてすぐのところにありながら、最近忙しくてなかなか行くチャンスがなかったのですが、先日、大阪へ来られた方へのお土産を買いに、久しぶりに伺いました。

 お店は「鎗屋町アパートメント」という、古い建物をとてもオシャレにリノベーションされたマンションの地下一階にあります。
 でも入口は1階。
 オシャレなエントランススペースがあり、そこから階段を下りると、まるで隠れ家のようにお店があります。



 ショーウインドウに並べられたチョコレートは、華やかな色調のものはありませんが、一つ一つ丁寧に作られていて、その形、色、艶、本当に美しいです。
 同じカカオの色なのに、本当に微妙に色合いが違い、表情も異なります。



 壁際のチェストには、オレンジスティックや、板チョコ(もちろん普通の板チョコではありませんが、、)など、生チョコ以外のチョコレートが飾られています。



 最近、日中は汗ばむ日もありますので、お土産はショコラ・ショーにしました。
 簡単にいうと、ホットチョコレートの素です。



 山本能楽堂に初めてお越し頂いた方には、大阪のオフィス街にこんなところがあったんですね〜と驚かれますが、こちらのお店もオフィス街の中の特別な場所です。

 (とくい)

Dhall(ダール)〜能楽堂近くの美味しいお店!

2009年01月26日(月) 22時14分
 みなさん、こんばんは。
 今日も寒い一日でしたね。
 今日はあちこち用事をすませ、能楽堂に着いたのが3時過ぎ、、、
 事務の水師さんと話していて、お互いまだお昼を食べていない事に気が付き、コンビニで何か買ってきましょうか?という水師さんを誘って、能楽堂から歩いて20秒のところにある、「Dhall(ダール)」というカレー屋さんに行きました。



 このカレー屋さん、もちろんかなり前から(15年以上前から)その存在は知ってましたが、今まで一度も行った事がありませんでした。
 (実は、他のカレーショップも入って食べた事はありません,、)
 でも先日、イベントの楽屋で「山本能楽堂の近くのカレー屋さんもおいしいですよ!」と、他の能楽師の方に教えて頂き、早速勇気を出して行ってみた所、これが期待以上、想像以上の「美味しさ!」でした!



 最初に行った時は、季節の「カキフライカレー」を食べました。
 カレーは、マイルドと辛口のどちらかを選べます。
 取り敢えず、マイルドを選びました。
 注文してから、カキフライを揚げて下さいます。
 すごい、ボリューム!
 「胸焼けしたらいやだなぁ、、」などと思いながら頂くと、すごく美味しい!
 「えっ???」という,感じでした。



 テーブルの上には、3種類の薬味が置いてありますが、恐る恐る頂くと、これがまた絶妙の美味しさ!
 特に、キャベツは、何ともいえないいいお味で、甘酢につけた、ピクルスのような感じですが、カレーによくあい、後口がさっぱりします。
 グラスのお水も、水道臭くなくて、おいしいです。(もしかしたら、美味しくなったと評判の大阪の水道水かもしれませんが、、、)
 この日も中途半端な2時半頃に行きましたが、ぱら、ぱら、とお客さんが入って来られます。

 そして、3日後。
 「能と遊ぼう!」の後、1時半頃、お手伝いをしてもらっているデザイナーでカメラマンのおおつかくんを誘って、行きました。
 何故かもう一度、食べたくなりました。
 おおつかくんは、ベジタリアンに近い生活だそうですが、カレーは大好き!との事でした。
 この時は、おおつかくんは、「エビフライカレー」私は、もう一度「カキフライカレー」。
 
 おおつかくんは、仕事でよく沖縄に行かれ、時には何ヶ月も沖縄で過ごされますが、その間に、頼まれてカフェを手伝ったりするのだとか。
 そのカフェには、名物カレーがあって、人気だそうですが、そのカレーもおおつかくんが作ったりもされるそう。
 その秘訣は、タマネギをいためてから、ミキサーにかけること!だそうです。
 私も次回やってみよう!と思いながら、お話ししていると、カレーが出来上がりました。



 今回は、辛口を注文しましたが、こちらの方が、さらに美味しい!
 スパイシーで、奥深く、旨味が濃いです。
 おおつかくんも、「かなりおいしいですね〜」と大満足!
 やっぱり胸焼けしませんでした。(私にとって、カレーなどは頂いた後胸焼けしないのが大事なポイントです)

 そして、その2日後が、今日です、、、
 1週間の間に3回も来ています。
 やっぱり、薬味のキャベツがさっぱりおいしくて、二人でほとんど食べてしまいました、、、

 見ると、大きな段ボールに一杯のキャベツをマスターが外の葉をはがされ、奥のカウンターはキャベツだらけ!
 それを大きなお鍋に入れ、バイトの大きな男の人が、ぎゅっ、ぎゅっと上から押していらっしゃいます。
 やっぱり手作りだから美味しいんですね!

 お昼の2時を過ぎていても、営業されていて、しかも歩いて20秒、、、
 お食事をして帰っても、20分もかかりません、、、
 かなり貴重な存在です。
 しばらく、水師さんと一緒に通いそうです、、、
 もしかして、また3日後位にふらふらと、行ってしまうのでしょうか、、、

(とくい)

洋食屋「ふじや(FUJIYA)」さんのカキフライ!

2008年12月09日(火) 22時42分
 みなさん、こんばんは。
 一雨ごとに、冬の景色が色濃くなって参りました。
 昨晩は、パソコンの具合が悪く失礼しました。
 たった2、30字打つだけで、1時間かかりました、、、
 調子が悪いと、どうしたら対応できるのか、全くわかりません、、、
 もっと機械に精通しているといいのですが、、、

 さて、今日は久しぶりにお昼を食べに行きました!
 行き先は、洋食屋「ふじ家(fujiya)」さん。
 お目当ては、カキフライです!

 フジヤさんのカレーは有名で、夏の短い期間しかやっておられないので、夏は行列ができますが、冬の名物(?)はカキフライ!
 みなさんがあちこちで絶賛されています。
 昨春から一度頂いてみたいとあこがれていたカキフライ。
 本さんと水師さんと3人で、お昼の時間を少し遅らせて12時20分頃にいったのですが、すごい行列!
 やっぱり一年中、人気店です!
 お得なランチをはじめ、どのメニュウも美味しいので、仕方がないのですが、、、

 30分近く待ってようやく店内へ。
 先に注文を聞いて下さったので、すぐに出てきました。

 衣のパン粉が細かくて、カキの形にきちっとついていて、見るからに美味しそうです!
 まずは、そのまま一口頂くと、、、、すごく美味しいです!!!
 カキのお味が濃厚で、カキの身もしっかりしています!
 こんなに美味しいカキフライは初めてです!
 みなさんのウワサは本当でした!

 別皿でそえてあるタルタルソースも、フジヤさんオリジナルのやさしいお味で、カキの上にかけずに別皿にしてあるところにこだわりを感じます。
 添えられてあるスダチも、スタイリッシュで機能的な切り方で、お皿に格を与えています。
 (が、実は私は、フライに柑橘類を絞るのがキライで、残してしまいました、、、がもったいないので、何とか、、、と思っていて、お水に絞って頂きましたおいしいスダチ水になり、食後、さっぱりしました。フジヤさんすみません、、、)

 本当においしいカキフライ。
 蛤の赤出しと、おいしいお漬け物とご飯がついて1000円です!
 カキは的矢産。
 どう考えてもお得です。
 今年は何とか、何度か頂きたいと思います!
 が、夏のカレーもそう思って結局1回限りでした、、、
 お昼ご飯を食べにいく時間があればいいのですが、、、

(とくい)

*右の写真はランチの白金豚のカツレツです!

洋食屋ふじや(Fujiya)さんの野菜炒め定食!

2008年10月01日(水) 23時36分
 みなさん、こんばんは。
 指を怪我をした、と書かせて頂きましたら、「大丈夫ですか?」とのおやさしいお言葉やメールを沢山頂きました。
 ご心配をおかけしまして申し訳ありません。
 お陰様でだいぶマシになりましたが、水仕事はまだちょっと、、、
 お料理もままならないので、今日のお昼は思い切って、洋食のふじやさんに行き、スタミナをつけることにしました!
 今日は行く前から食べるメニューは決まっています!
 憧れていた「野菜炒め定食」!
 これしかありません!
 (実は本日ブログをご覧になられた方から、私も次回大阪に行った時は、野菜炒め定食を食べに行きます!とメールを頂きました)

 午後一番に打ち合わせが入っていたので、本さんと12時10分にお店で待ち合わせました。
 とはいえ、大人気店ですので、本当に席が空いていて座れるか不安です、、、
 電車の具合で思っていたより5分程早めに着きました。
 お店の前には、、、人が並んでいません!
 期待してドアを開けると、カウンターに2席だけ空きが!
 思わずラッキーと席に座ると、その瞬間に3人組の男性が、2組入って来られました。
 1組はあきらめられ、もう1組は待たれる事に、、、
 と、そのあともお一人様、二人組の女性グループ、3人組と続々とドアを開けられ、気が付くと行列が、、、
 でも基本的にはオフィス街でみなさんお昼の時間が決まっているので、あきらめて他に行かれる方が多いです。
 この間わずか5分。
 定刻に本さんも来られ、「野菜炒め定食」を2つ注文しましたが、本日のランチが本日は本当に美味しそうでした、、、(ホタテのフライと白金豚のピカタでした)

 フジヤさんで一番困るのが、他の方が召し上がっていらっしゃるメニューが本当に美味しそうに見え(本当に美味しいんですが、、)目移りしてしまう事です。
 待っている間に、ハンバーグも目の前を通り過ぎ、注文する前ならやっぱりハンバーグ!にしていたかもしれません。



 果たして、恋いこがれた「野菜炒め」!
 すごい泊力です!
 ちょっと懐かしい鉄板の上に、色鮮やかに炒められた野菜達!
 本さんも私もこちらのおなすが大好きなんですが、ちゃんとおなすものっています!

 鉄板の上の熱々を頂くと、野菜が本当に甘くて美味しいです!
 キャベツも人参も本当にいい感じに火が通って、炒められています。
 中には牛肉も一緒に炒められているのですが、そのお肉がとってもいいお肉でした。
 フジヤさんでは、お肉の仕入れにとてもこだわっていらっしゃって、以前夜に頂いた「牛肉のたたき」もかつてない美味しさでした。
 壁にメニューが書いてあるのですが、ランチでも「牛カツ定食」は2700円もしますし、「ステーキ定食」は何と4500円!!!
 本さんと、「いつかは食べてみたいですね」と言いながら、二人ともそんな日はよっぽどの事がない限りムリだと知っています、、、



 でも「野菜炒め定食」にはいっているお肉は、その切れ端が入っているので、本当に美味しいんです!
 お味付けも独特の、でも懐かしい美味しさ。
 一緒に出して下さるお味噌汁もお漬け物も、本当に美味しくて、今日はお昼から大満足の一日になりました!
 夢中で食べていると、気が付けばお店の前にはまだまだ行列が、、、
 本当に大人気です!



 でも不思議なのが、これだけのボリュームのあるメニューを頂いても、胃にももたれないし、食べ過ぎて苦しくもなりません。
 他のメニューを頂いた時もそうです。
 これこそが、ふじやさんが大人気店の秘密なんだと思います。

(とくい)
 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2012年02月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf