本日、夕方5時半から、水辺でうたい隊2012春!

2012年03月20日(火) 11時19分
 今日は、日差しもあたたかく気持ちのよいお天気になりました。
 桜のつぼみもふくらみはじめ、春の訪れが日に日に感じられます。

 ブログの事が気になりながらも、本当全く書けなくなってしまいました。
 申し訳ありません。
 でも、お陰様で、多くの皆様のあたたかいお気持ちにお支え頂き、周囲の皆様に感謝する毎日です。
 4月にはいれば、気持ちも少し落ち着けるのではないか、、と思っています。

 今日はストリートライブ能のご案内をさせて頂きます!

 山本能楽堂では、この春、JR大阪駅「時空の広場」、大阪府庁に新しくできた「正庁の間」、山本能楽堂から歩いて2分の「中大江公園」でストリートライブ能を開催させて頂きます。

 本日は、京阪電車・地下鉄谷町線「天満橋」駅北側の大川の水辺で、夕方の5時半からLED照明を使った能「羽衣」をダイジェストで上演させて頂きます。
 水都大阪・水辺の賑わい創出事業です。
 よろしければ夕方「川の駅 はちけんや」にお越し下さい!

http://www.osaka-info.jp/suito/news_event/event.php?mode=show&seq=160

http://www.osaka-info.jp/suito/suito_haru2012/spring_event02.html#a

 ストリートライブ能はもちろん全て無料です。
 大阪の美しい都市空間で、能の公演を多くの皆様にお楽しみ頂ければ!と思います。

 よろしくお願いします。


==============================
<公演のご案内>
●水辺でうたい隊2012春
日 時:3/20(火祝)17:30〜
場 所:八軒家浜(天満橋)川の駅はちけんや隣接エリア
http://www.omm.co.jp/area/facilities/post_19.html
入場券:無料
公演内容:
能のお話、能の「うたい」体験、能「羽衣」ダイジェスト版上演。
水辺で優雅な「羽衣」をご覧ください。
詳細はこちら

http://www.osaka-info.jp/suito/suito_haru2012/spring_event02.html#a

http://noh-theater.com/pdf/20120320mizube.pdf?mode=show&seq=160

●JR大阪駅 大阪ステーションシティ サクラフェスタ
    能「羽衣」 時空を超えた天人の舞
日 時:3/25(日)13:00〜、15:00〜(2回公演)
場 所:JR大阪駅 大阪ステーションシティ5階時空の広場

http://osakastationcity.com/event/173.php

http://osakastationcity.com/guide/plaza/#station_plaza
入場券:無料
公演内容:
人が行きかう大阪ステーションシティ時空の広場にて、
能「羽衣」上演いたします。
少し足をとめて優雅な天人の舞をご覧下さい。

●大阪府 ひょうたんから独楽劇場
日 時:3/30(金)12:15〜13:00、 18:30〜19:00
場 所:大阪府庁「正庁の間」
入場券:無料
公演内容:
能、能〈羽衣〉の解説、能〈羽衣〉羽衣の上演(ダイジェスト版)
詳細はこちら

http://www.osaka.cci.or.jp/tourism/detail.php3?eid=1835

http://www.pref.osaka.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=9372

http://www.pref.osaka.jp/otemaemachi/seicyou-koukai/index.html

http://noh-theater.com/pdf/20120330fucho.pdf

●桜まつりお茶会
日 時:4/7(土)11:30〜
場 所:大阪市中央区・中大江公園
 地図:http://ekoen.jp/osaka/osaka_chuo/6707/
入場券:無料
公演内容:
山本能楽堂からすぐそばの中大江公園で行われる桜まつりにて
能〈羽衣〉上演いたします。
満開の桜の下で、能の魅力をお楽しみ下さい。
舞台の設営等は、地元のみなさまがボランティアでして下さいます。

 この桜の下のお能も、もう今年で5年目!
 毎年、この「中大江公園桜下能」で、「春」の真ん中みたいなものを感じます。

(とくい)
 

日曜日の朝、11時〜中央区役所で「小鍛冶」〜少年少女うたい隊

2011年03月24日(木) 22時36分
 みなさん、こんばんは。
 昨日、今週の日曜日の夕方の6時から、能、文楽、落語を講談のナビゲートでご覧頂く「桜景色三色」を開催させて頂くと、書かせて頂きましたが、同じ日曜日の朝11時から、大阪市の中央区役所の正面玄関ロビーで、能「小鍛冶」のワークショップと、半能を上演させて頂きます。

 また、能「小鍛冶」の地謡には、小学生のみなさんが、うたい隊となって、一緒に地謡をうたって下さる予定です。
 きつねの神様である稲荷明神が、名刀を作るのを手伝ってくれる、わかりやすい筋立てて、迫力のある演目です。


 それに先立ちまして、中央区役所のロビーで、「能楽展」として、山本能楽堂所蔵の能装束や、能の小道具などを展示させて頂いております。
 日曜日に「小鍛冶」を上演させて頂きますので、「小鍛冶」にちなんだお装束や小道具も出させて頂いております。




 また、この展示は、3月14日からさせて頂いているのですが、14日には、アートコーディネーターの中西さんと一緒に、山本能楽堂の小学生を対象とした様々な取り組みの様子も、パネルにして展示させて頂きました。
 4月からの新小学6年生が使う、「社会・上」の教科書の表紙にも、山本能楽堂の子供達のワークショップの写真を使って頂いていますので、その写真も展示させて頂きました。



 そして、もちろん、平面作家の井上信太さんから頂いた、「小鍛冶」の頂物も!
 ご覧になった方の中には、もしかしたら、この頂物も古くから能楽堂にあるものだと思われた方もいらっしゃるかもしれません、、、
 それにしてもモダンな狐ですが、、、、(笑)



 私も、展示の設営などで何回か区役所に伺いましたが、その度に色んな方に出会うのでびっくりしました。
 また、知人や友人も、区役所に行って今回の展示を知り、驚いてメールを下さいます。

ーーーーー

 本日、用事があって区役所に行ってびっくり!山本能楽堂さんの展示がありました。すごくきれいで見とれてしまいました。本当にいろんなご活躍をされているのですね。「思わず、フレー、フレー、山本能楽堂」と心の中で叫びました。頑張って下さい。
 
ーーーーー

 いつも、思うのですが、本当にたくさんの方に、応援して頂いています。
 そのお気持ちが有り難く、ちょっと落ち込んだりしていても、頑張ろう!というモチベーションにつなげて頂いています。
 展示は明日の夕方まで。
 日曜日の公演は無料です。
 色んな方に見に来て頂ければなぁ、、と思います。

(とくい)

 

「西宮ガーデンズ薪能」第二夜!!

2010年10月27日(水) 0時25分
 みなさん、こんばんは。
 今日は本当に寒かったですね。
 
 先程帰宅しましたが、まだ秋物を出していなかったので、本当に寒かったです。

 さっきブログを書き終わった、、、と思ったら、間違って消してしまいました、、、
 画像も全部入ったのに、、、
 
 今日はもう一度かく元気がありません、、
 すみません、
 明日2日分書かせて頂きます。

(とくい)
 
 

本日もありがとうございました!〜嬉しい一日でした!

2010年04月03日(土) 23時11分
 みなさん、こんばんは。
 今日は本当にいいお天気でした!!!

 そんな中、中大江公園の満開の桜の下で「高砂」の能を舞わせて頂き、本当に大勢様にお楽しみ頂きました事、心より感謝申し上げております。
 今日驚いたのが、ご覧頂いたお若いお二人の会話。

 「山本能楽堂のホームページにブログがあって、読んでたら、今日みたいなライブでの公演を、最近しょっ中やってるみたい。
 「へ〜、そーなん??」
 「なんか、あちこちでやってるみたいやねん。それってすごいことで、ええことやと思わへん?」
 「ほんまやわ〜。こんなして見れたら嬉しいもんなぁ」、、、、と。

 横で聞かせて頂いていて、思わず顔から火が出そうなくらい恥ずかしかったですが、嬉しかったです!

 また、夜の「初心者のための上方伝統芸能ナイト」も無事和やかに開催させて頂き有り難うございました。
 「今日は聞かせたね〜。すごかったわぁ。」と、今日来て下さったM先生。
 「話芸の面白さって言うのを、堪能できたわぁ。こういう企画もいいねぇ」
 と、かなり楽しんで下さったご様子。
 
 今日も忙しい一日でしたが、嬉しい事もいっぱいありました。
 本当に有り難うございました。

(とくい)

土曜日のお昼には、中大江公園桜下能もあります!

2010年04月01日(木) 23時31分
 みなさん、こんばんは。
  
 今日から4月!
 エイプリールフールでしたが、みなさんの1日はいかがでしたか?
 私は一日中、事務所で書類をまとめていました、、、(本当です・笑)

 昨日、今週の土曜日の夜の「初心者のための上方伝統芸能ナイト」は、話芸が中心のスペシャルな会であるとお知らせさせて頂き、帰り道、中大江公園で夜桜をご覧になっては!とお勧めさせて頂きましたが、実はお昼にその中大江公園で、ストリートライブ能を開催させて頂きます!

 中大江公園でさせて頂くのは、今年でもう三回目!!!
 地元の皆さんが年に1度、力をあわせて開催されているお茶会の前に能を上演させて頂いています。

 昨年は、大雨、、、ではありませんでしたが、ぱらぱらと雨が降っていて、かなり微妙なお天気でした、、、
 すると、地元のみなさんが、すぐにブルーシートを渡して即興で屋根を作って下さり、その下で舞わせて頂きました。
 まるで青空の下で舞わせて頂いているような気分になりました。

 今、気がついたのですが、昨年以来、ブルーシートとご縁があります。
 昨年10月の新作能にもブルーシートを美術家の井上信太さんが効果的に使われました。
 まさにブルーシートの美しさに気がつき、またその便利さも再認識した感じです。

 今年のお天気は一体どうなるでしょうか、、、
 時間は11時45分から12時15分まで。
 今回は「高砂」の能を舞わせて頂きます!

 お能のあとは、桜の下のお茶会で、お抹茶とお菓子を頂く事もできます。(なんと100円!)

 お昼の間は公園でゆっくりとお花見をして頂いて、夜は「初心者のための上方伝統芸能ナイト」。
 そして帰りはまた公園で夜桜見物と、春のうららかな一日をお楽しみ頂ければ!、、と思います。

関空〜柴島〜高津神社、「羽衣」を1日に3回!!!

2010年03月28日(日) 23時41分
 みなさん、こんばんは。
 ようやく大阪へ帰ってきました!
 旅先でなかなかブログを更新させて頂けず失礼しました、、、

 さて、本日は、そう、ストリートライブ能な1日でした。
 朝の11時に関西国際空港の北イベント広場で、そしてお昼の3時からは柴島浄水場の「桜の通り抜け会場」で、そして夕方6時半からは高津神社さんの絵馬殿で。
 ご出演頂いた先生方には、1日中おつきあい頂き、お疲れの事だったと思います。
 本当に有り難うございました。

 本日3公演させて頂いて、本当に嬉しかったのは、3会場、どちらでも、ストリートライブ能をご覧頂くために、わざわざお越し頂いたお客様がたくさんいらして下さった事。
 お早くお越し頂いたお客様に、開演までまだ30分以上ありますので、ゆっくりとお待ち下さい、と申し上げると、「大丈夫ですよ。拝見するために来てますから!」とのお答え。
 また、関空では、いつも山本能楽堂を応援して下さっている方が、わざわざ空港バスに乗って、1時間以上かけて見に来て下さいました。
 私たちの期待以上で、驚きとともに本当に有り難く嬉しかったです!

 本日1日に、それぞれ趣の違う3会場で開催させて頂き、感じた事は「能」がそれぞれの場所に、不思議にとけ込み、それぞれ違った魅力を発揮する芸能であるという事。
 それぞれの場所の持つ魅力や特徴を、引き出す力があるという事です。
 また、それぞれの会場で、チラシを配ったり、チラシをはったりくらいの簡単な告知しかさせて頂いておりませんでしたので、お客様が本当に来て下さるのか、とても不安でしたが、お調べの音が聞こえ、お囃子が始まると驚くほどあちこちからたくさんの方が集まって下さった事。
 能の魅力、その力強さを私自身も、今更ながら再認識させて頂きました。

 また今回の公演では、1日に3公演、ということで、たくさんの方に各会場でご協力を頂きました。
 改めて深く感謝申し上げます。

 本日最後は高津神社で開催させて頂きましたが、かなり冷え込みましたので、少し短くさせて頂きました。
 能が終わっても、席をお立ちにならないお客様が大勢いて下さって、本当に申し訳ありませんでしたが、それほど楽しんで下さっていたのかと、改めて感激しました。

 詳細は、写真とともに、改めてご報告させて頂きます。

 本日は、お陰様で無事公演を開催させて頂く事ができ、本当にありがとうございました。

(とくい)

ストリートライブ能〜一心寺さんとBREEZE BREEZE!!

2010年03月21日(日) 20時19分
 みなさん、こんばんは。
 昨日は大勢の方に一心寺さん、そして産経ホールのあるBREEZE BREEZE の1階のストリートライブ能にお越し下さいまして誠に有り難うございました。

 今回一心寺さんで開催させて頂くにあたり、一心寺さんの長老様より、せっかくだからお彼岸でお参りの方がたくさんいらっしゃる時にされては如何ですか、とご提案頂きました。
 少しでも多くの方にご覧頂ければ、と考えて下さいました。

 2月初旬に打ち合わせに伺わせて頂いた時は、まだ寒く、真冬日よりでした。
 それでもさすが一心寺さん、途切れる事なくお参りの方が来られます。
 でも3月になってお彼岸になると本当に大勢の方がお参りされますよ、とお伺いしましたが、本当にたくさんの人が来られます。
 
 私は地下鉄谷町線の「四天王寺前夕日丘」駅から歩いて伺ったのですが、駅からたくさんの人!
 お寺までの参道は屋台もたくさん出ていて、かなりの賑わい。

 会場の前で、公演に先立ち、チラシをお配りさせて頂いたのですが、みなさん「お参り」が目的なので、かなり急いで前をまっすぐに向いて歩いて行かれます、、、
 今回、開催にご高配を賜り、ご協力頂いた「まちすまいづくり」の皆様も、一緒にビラ配りをして下さいました。

 それでも中には、新聞でご覧頂き、公演を目指して早くから来て下さった方もいらっしゃいましたが、開演の15分くらい前になっても、ちらほらとしたお客様、、、
 大丈夫かなぁ、、、と心配になりましたが、公演が始まる直前からどんどんお客様が来て下さり、用意して下さった椅子はうまり、後ろは立ち見のお客様。

 今回のストリートライブ能は会場によって内容を少しづつかえさせて頂いております。
 場所の雰囲気に余裕があるところは、「まっちゃまちサロン」形式で、能のワークショップを行わせて頂き、より楽しんで頂けるよう工夫をさせて頂いております。
 今回も謡の体験、能衣装の着付けなどを、山本章弘の解説でお楽しみ頂きました。

 続いて、能「羽衣」の上演。
 お囃子が始まると、やはりそのパワーは強力!
 次々と人が集まってこられました。
 そんな中、能「羽衣」を上演させて頂き、終演後は、「感動した!」「素晴しかったわぁ!」と皆様本当に喜んで下さいました!
 一心寺の皆様、本当に素晴しい機会を与えて頂き、有り難うございました。

 そして、1度山本能楽堂に帰り、夕方は産経 ブリーゼへ。
 選りすぐりのおしゃれなお店と、レストランが入った、美しい都市空間。
 建物の中央は大きく7階まで吹き抜けになっていて、光がたくさん入り、開放的なかなり快適で気持ちのいいファッションビルです。

 そしてその吹き抜けの真ん中には、マスコットキャラクターのブリちゃんという大きな、大きなマリオネットが置かれています。
 3階以上の背の高さです。
 今回演じさせて頂くのは、そのブリちゃんの前です!

 今回、こちらで演じさせて頂く打ち合わせの時に、「ブリちゃんがある方がいいですか?ない方がいいですか?」とお尋ね頂きました。
 「もちろん、ある方がいいです!」と即答させて頂きましたが、このブリちゃん、あちこち旅をされるそうで、以前はハワイにも行ってこられたそうです。

 こちらも、新聞をご覧になられて早くからお越しになりお待ち頂いた方もいらっしゃいました。
 開演の少し前には、人だかりができましたが、そうなると「一体何が始まるの??」と大勢様に集まって頂きました。
 今回はマイクをご用意頂いたので、最初はマイクを使ってご説明させて頂きました。
 でも「謡(うたい)」はマイクを通すと大きすぎるのではないか、商業施設なので生声の方が、、と思い、「羽衣」の謡をマイクを通さずさせて頂きましたが、吹き抜けになっていて、やわらかく建物全体に響き渡り、声だけで独特の空間を演出できることができるんだと、今更ながら驚きました。

 お囃子が始まる頃には、「何や?何や??」あちこちからたくさんの人が集まって下さって、2階3階からもご覧頂き、能「羽衣」が終わる頃には、かなり上から6階からも、皆さんに見て頂く事ができました。
 もちろん、この時もマイクはいっさい通してませんでしたが、お囃子の心につきささるような、日本古来のビート、声で紡がれる生の謡の素晴しさ、は必ずや皆さんのお心に伝わったと信じています。

 このブリーゼブリーゼでは、かなりお若い年齢の方にもご覧頂く事ができました。
 もしかしたら初めてご覧になられた方も多かったのではないかと思います。
 そのような方に、能を現代に生きる魅力的な芸能として、感じて頂ければ何より嬉しいです。
 その趣旨にご理解頂き、開催に際しご協力を頂いた皆様に心より感謝申し上げます。

(とくい)

 
 

 
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2012年03月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf