【道頓堀商店会報「とんぼりニュース」2019年4月号 vol.162】

2019年03月30日(土) 17時05分
道頓堀商店会さんが毎月出されている会報「とんぼりニュース」で山本能楽堂の活動をおとりあげ頂きました!

ネットでもご覧いただけますので、よろしければご覧ください!(バックナンバーもUPされています)

http://www.dotonbori.or.jp/ja/association/index.html

http://www.dotonbori.or.jp/ja/news/index

【船上野点茶会 産経新聞さま】

2019年03月16日(土) 21時05分
昨日の産経新聞朝刊に、「船上野点茶会」の試験運航の様子をお取り上げ頂きました。

私は裏千家のお茶を学ばせて頂いておりますが、今回は、地元の「桜まつりお茶会」でお世話になっている関係で、日本茶道学会の田中先生にお点前をご披露頂きました。

ただ、明日・3月17日から開催予定でしたが、明日は天気予報が雨のため、明日は中止とさせて頂きます。

明後日・3月18日はおかげさまで、よいお天気ですので、どうぞみなさま、ご参加下さいますようお願い申し上げます。

【KANSAI SCENE Spring No.221】

2019年03月04日(月) 20時52分
昨年の秋からリニューアルされ、ラグジュアリーな冊子に生まれ変わった「KANSAI SCENE」!

春号は、満開の枝垂桜が表紙で、春の訪れを色濃く感じさせる内容です!

今月号では、能と文楽についてお楽しみ頂けるようご掲載いただきました!
吉田玉助さんの知盛のお写真を拝借させて頂きました!

関西一円の大型書店や観光施設などで、3万部、無料配布されます。

いつもあっという間になくなる人気冊子です!

どこかでご覧になられたら、是非中身をご覧くださいませ。



【産経新聞・2月21日夕刊】

2019年02月22日(金) 20時59分
本日の産経新聞の夕刊にも、2月25日からのクールジャパンパーク大阪での「上方伝統芸能フェスティバル」についてご掲載頂きました。

写真は、報道発表の時、アインシュタインさんと宇都宮まきさんが和生さんと玉助さんから文楽人形の人形遣いを体験させて頂いておられる写真です。

「上方伝統芸能フェスティバル」はSSホールで開催されますが、TTホールでは、「祝賀能」として梅若実先生と野村萬斎さんの「翁」、片山九郎右衛門さんの舞囃子「高砂」の公演が3月1日にあります。

よろしくお願い申し上げます。



【朝日新聞 2月14日 夕刊】

2019年02月16日(土) 20時52分
朝日新聞の夕刊でもお取り上げ頂きました!

大阪に伝わる伝統芸能の魅力を多くの皆様に知り、楽しんでいただければと思います!

よろしくお願いします!


【日経新聞 2月15日夕刊】

2019年02月16日(土) 20時49分
本日の日経新聞の夕刊に2月25日から、大阪城に新しくできるクールジャパンパーク大阪SSホールのオープニング企画として3日間開催させていただく「上方伝統芸能フェスティバル」の様子を詳細にご掲載頂きました!

新しいホールができるにあたり、大阪が芸能の都であること、他のどの都市にも負けない豊かな文化が蓄積された上質な都市であることを少しでも発信させて頂き、大阪のすばらしさを広く内外に発信できればと思っております。

当日は、3メートルの高さの大きな桜が舞台を彩り、一足早い春の訪れを楽しんで頂く趣向になっています。

よろしければ是非お出かけ下さいませ!

お能も文楽も、琵琶も講談も落語も!盛りだくさんに、たくさんの芸能を少しづつ、バラバラではなくてつながりを感じながら楽しんでいただける公演になっております!

【2月25日から3日間で5公演あります!】

2019年02月14日(木) 20時48分
Lmagazineさんがネットにあげてくださいました!
みなさま、よろしければ是非お出かけ下さいませ!

【NHKラジオ深夜便 2月8日(金)】

2019年02月08日(金) 20時36分
2月8日(金)の11時15分頃から「NHKラジオ深夜便」の「日本列島くらしのたより」のコーナーに出演させて頂きます。

大阪のレポーターをさせて頂いているのですが、明日は山本能楽堂のすぐ近くにある中大江公園の満開の桜の下で、11年間、地域の方のために無料でさせて頂いているお能の公演の様子や、の地域の古い歴史についてお話しさせて頂きます。

文楽の「曽根崎心中」にでてくる「暁の鐘」は、能楽堂の近くで、今なお地域の方に大切に守られ、毎日3回、鳴らされています!

でも、谷町2丁目の鐘の音が、曽根崎まで聞こえていたとは、すごいですねー。

つたないレポートでお恥ずかしいですが、よろしければお聞きくださいませ。

【ありがとう浜村淳です】

2019年02月04日(月) 19時29分
今朝、久しぶりに浜村淳さんのラジオに出演させて頂きました。
相変わらず、すごいお元気で、お若々しく、驚きました!
ありがとうございました!


【能楽観世流発祥の地・奈良県川西町「結崎(ゆうざき)」】

2019年01月25日(金) 20時22分
奈良県の磯城郡川西町にある結崎は、観世流発祥の地として知られています。

その川西町の「広報川西」の新春号で「能の世界の入口」として、7ページも能の特集を組んで下さいました!

川西町には、天から能面とネブカねぎが降ってきたという伝説があります。
その伝説をもとに、この地に、面塚の碑を建立するのにも山本能楽堂を創設した山本博之が尽力したなど、結崎は山本家と大変ご縁の深いまちです。

今も、結崎観世会のみなさまが熱心に能のお稽古をして下さり、結崎小学校のこども達も授業で能を学んでいます。

毎年1月3日には、面塚に近い糸井神社で新年の奉納をさせて頂いております。

「いい町、ちかい町 川西」。

もっともっと多くの方が、川西町を訪れ、能の歴史や能の魅力、世阿弥の素晴らしさについて知って頂ければ!と思います。





プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2019年03月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf