【岩手県・三陸 「潮目」〜大船渡市・越喜来地区】

2018年05月13日(日) 0時04分
津波で1本だけ残った越喜来の「ど根性ポプラ」のすぐ近くに、不思議な小さな小屋がありました。
「潮目」という名前がついていました。

中に入ると、震災の記録や、昔の越喜来の写真、こどもたちの絵などが展示されていました。

かつてこの場所には越喜来小学校があったそうです。
津波が越喜来小学校をのみこんでしまうまで14分。
わずか14分の間に、先生方の機転で、73人全てのこどもたちが裏の避難階段を使って裏山に避難する事ができました。

そして、裏山の公民館での避難生活が続く中、片山和一郎さんが、こどもたちの絵を、流されなかったガソリンスタンドの屋根の下に展示されました。

そして、喜ぶ子ども達の姿を見て、ここにこどもたちの遊び場をつくろうと思われました。
それが「潮目」の始まりです。

材料はすべてがれき。
少しづつ、全て手作りで作られ、ボランティアの学生さん達も加わって、こどもたちの秘密基地が出来上がりました。

越喜来小学校が取り壊されることになった時、廃棄が決まったこどもたちが使った避難階段も「潮目」に移され、こどもたちがそこで遊べるようになりました。

「無いよりは、あった方が良い。やらないよりは、やった方が良い。」

「潮目」の入口に小さく書かれていました。



  • URL:https://yaplog.jp/noh-theater/archive/2153
コメント
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:山本能楽堂
読者になる
大阪の谷町4丁目にある大阪で一番古い能楽堂です。
2006年に国登録有形文化財になりました。
昭和25年から続く定期公演「たにまち能」、初心者向けの夜の公演「とくい能」、初心者向けの体験講座「まっちゃまちサロン」、4種類の伝統芸能のいいところだけを一度に楽しめる「初心者のための上方伝統芸能ナイト」などを開催しています。
「初心者も楽しい能楽堂」をめざしています!
ぜひお気軽にお越しください。
詳しくは山本能楽堂公式ホームページをご覧ください。
2018年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
月別アーカイブ
https://yaplog.jp/noh-theater/index1_0.rdf