"恋は理屈じゃないんだよ"

December 23 [Fri], 2005, 21:17
 今日は梅田まで出かける用事があったので、ついでに"僕の恋、彼の秘密"も観てきた。
 感想は、本当に少女マンガみたいな映画だなー!って思った。初々しくて、じれったくて、お互いに相手がどう思ってるか分からなくて、不安で、だから信じられなくて。そういう少女マンガみたいな恋の話。ティエンがかわいかった。バイよりティエンのほうが好きだなぁー私は。そいでもってティエンの友達3人も皆好きだった。面白いし、一生懸命で、いい奴らばっかりなんだ、これが。ストーリーが"そういう恋"の話だから、出てくるのは皆そっちの人ばっかりで、それがまた潔くて良かった。下手に女を絡ませるより、いっそ清々しいしいくらいそっちの男だけでいくのもありだなぁと思った。
 ティエンは初恋だし、バイは恋愛不信だから、二人とも全然うまくやれなくて、じれったくて。でもそういうとこが良かった。キスも良かったし、ベッドシーンも良かった。(あんまり、というかほとんど無かったけど)
 観客は女性がほとんどだったけど、夫婦で見に来たらしい老夫婦カップルとかも居てちょっとびっくりした。男同士もいたし。・・・あぁいう人たちは映画マニアなのかなぁ。それともこの話が"そういう話"だって知っててあえて来たのかなぁ。・・ちょっと気になる。


 梅田まで出かけた用事っていうのは、お父さんにクリスマスプレゼントをせびる用事だった。映画観る前にお父さんと会ってロフトに行ってZUCCAの時計を買ってもらった。着せ替えできるヤツ!エナメルっぽいベルトに小さい時計でかわいいんだ!黒色を買ってもらった。このベルトに飽きたら他のやつとも交換できるので、それだったら飽きがこなくていいか、と思った。そんでその後イタリアン食べて解散した。二時間ぐらいの再開劇だった。
 父さんと分かれた後、梅田の街をうろうろしてたら偶然にも高校のときバイトしていたソバ屋の社員さんに会った。何でも大阪に住んでる友達を訪ねてきたらしい。バイト時代も仲良くしてもらっていた人だったので、懐かしさもひとしおで、だからちょっとカフェに入ってお茶した。ていうかクリスマス前なのに、友達んちなんて行ってる場合なんですか?って聞いたら、だから行くんだよ、と言われた。どうも友達もその人も一緒に過ごす相手がいなくて、だから学生時代の売れ残りボーイズを集めて3連休ぶっ続けで飲み会する予定なんだとか。話を聞いてめちゃ笑えたけど、でも私だってクリスマスは女友達と24を24時間ぶっ続けで見る予定だから笑えた立場じゃなかった。勿論その話をしたらその人も大笑いしてた。暇があったら飲みに来い!と言われたけど、絶対嫌だと思った。男ばっかのむさくるしいところになぞ、行きたくもない。
 その人がめちゃかっこいい指輪をしていたので、クリスマスプレゼントくださいといってその指輪をせびりとった。その人指がめちゃくちゃ細くて綺麗なんだけど、やっぱり男の人なので指輪のサイズもそれなりに大きくて、だからそれはぶかぶかだけど、でもかわいいから全然許す!指に嵌めていたら外れそうになるけど全然許す!かわいい!ありがとう!
  • URL:https://yaplog.jp/nobodyknows/archive/312
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。