何回転んだっていいさ。今日あったことその1

December 15 [Thu], 2005, 23:23
 今日は何だかいろいろあった一日だった。良いこともあったし、悪いこともあった。途中このまま凍え死にたいとさえ思った瞬間もあれば、よっしゃー!やっぱりツイてる!今日なんかツイてる!と有頂天になる瞬間もあった。ほんと今日は密度の濃い一日だった。だからほとほと疲れ果てた。

 今日は学校終わってから、友達のNを強引にさそってビックカメラまで出かけた。理由は壊れたiPodを修理に出すためだ。Nは寒いから嫌だとか、家に帰りたいとか、明日テストだから勉強したいとか散々ゴネていたけれど、そんなことにはちっとも耳をかさず、強引に切符を買って手渡し電車に引きずり込んで連れて行った。けれどすったもんだしながら向かった先のビックカメラで、修理担当の店員さんは非情に申し訳なさそうな顔をしてこう言った。
 「すみません、今年の4月からappleさんの製品はうちでは修理できないことになったんですよ。インターネットで直接appleさんに問い合わせていただくが、心斎橋のストアに直接持っていってもらうかしか方法は無いんです。申し訳ありません」
 ものすごいショックだった。外は極寒。ビックカメラから、心斎橋のappleストアまでの距離は果てしない。ちょっと泣きそうになった。それに加えて私は別の問題も抱えていた。
 「あ、あの、私保証書なくしてしまったんですけど・・大丈夫ですかね?」
 大丈夫なわけが無い、と知りつつも私は果敢にその店員に聞いてみた。店員は困り果てた顔で、保証書の再発行は出来ないんですよ、といった。けれどもその親切な店員はその言葉の後、
 「ですが、レシートなら再発行できますので、もし宜しかったそちらの方を持っていってみられたらいかがですか?―― こんなことしかお力になれずに本当に申し訳ありません」
 と言ってわざわざ過去の記録を浚って私のiPodの購入記録を調べてくれてレシートを発行してくれた。腰が低くてとてもすばらしい人だった。ビックカメラの店員は教育がなっている、と思った。
 
 そして私とNはまたもや寒空の下へ繰り出す。心斎橋のストアまでべらべらしゃべりながら歩いた。途中お腹が空いたので、脇にあったロイホに入って夕飯を食べた。初ロイホだった。ガストとは比べ物にならないほど、高級感の漂うファミレスだった。値段もガスト慣れした私には、目玉が飛び出るほどお高いお値段だった。でも料理は美味かった。そこで1時間ぐらいくっちゃべって、私たちは重い腰を上げまたストアを目指した。

 ストアについて店員に修理をお願いしたいのだと申し出ると、これまた愛想のいい店員は、それでしたら予約を入れてください、と言って、近くにあったパソコンでトトトンとキーを操作して予約を取ってくれた。予約の時間まで45分ほどあった。なので私とNは近くのビックステップをひやかしに行き、その後マクドでお腹いっぱいだの何だの言いながら、ポテトとポタージュを飲み時間を潰した。

 時間が来て私とNはまたもやストアに向かう。さっきは一階で手続きをしたけれど、修理だの何だのは二階だと案内され、ガラスの階段を上り(本当に足場がガラスの階段だった。比喩表現などではなく、本当のガラス!)広々としたフロアに出た。私の名前はすぐに呼ばれ、すぐにマイポッドを診てもらうことが出来た。
 診断結果は「修理不可能」
 店員さんの言葉を聴いた瞬間、頭の中で烈火のごとく怒り狂う母さんの顔が浮かんで消えた。
 けれど1年保障の期間内だったので、無料で取り替えてくれるとその店員さんが言ったとき、頭の中に浮かんだ夜叉は消え、その代わりに目の前の店員が天使となって浮かんだ。あ、ありがとうございます・・!
 
  • URL:https://yaplog.jp/nobodyknows/archive/308
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。