幸せをつかまえたい。

December 11 [Sun], 2005, 15:27
 この一週間はまさに怒涛の一週間だった。
 本当に、あ!っという間に終わった。一週間ぶりの学校だったからテンションちゃんと上げていけるかなぁとか心配していたけれど、全然問題なしだった。テンションっていうのは、おのずと上がるもんなんだなぁって思った。瞬きしてる間に終わる一週間だった。でもその中身の密度は濃くて、いろいろなことがあった。

 一週間ほとんど毎日外食した。おかげでまた金欠になった。いい加減学習しろよ!と思うけれど、折角のお誘いを無碍には出来ない性分の私は、お誘いとあればいずこでも!とばかりに声をかけられたらその話に一も二もなく飛びついてしまう。それに一人で食べる夜ご飯は味気ないのを知っているから、余計そうなってしまうのかもしれない。

 年明けにでも旅行に行こうや!という話が出ている。面子は、クラスの後半メンバー全員。総勢12名の強行軍。うちのクラスは長机で縦3列、横6列の並びになっていて、席順は名簿順指定で、その席の一番右端のグループを前半、真ん中を中間、左端を後半と呼ぶ決まりがある。私は後半グループに属していて、クラスの中でも後半が一番人数も少なく、何やかんや言って一緒にいるのでそのメンバー全員と仲もそこそこいい。
 旅行にはそのグループの全員が行くことになった。レンタカー借りて、全員そのレンタカーに乗り込んで四国までビューン!めっちゃ楽しみ!それまでにお金貯めておこっと。金欠で行けんなんてことになったら洒落にならない。

 今大注目している映画がある。
 「僕の恋、彼の秘密」
 この映画はまがう事なきゲイ映画で、でも今までにあったそういう類の映画、たとえば藍字だとかバットエデュケーションのような悲壮感漂う、且つ禁忌色の濃い内容ではなくて、少女マンガを読んでいるような可愛らしい恋する男の子と男の子☆みたいな、本当にかわいい内容なのだ!
 映画のチラシ集めが趣味な私は、チラシにてその内容を知り見てみたいなぁと思っていたのだけれど、今日予告を見てその想いはより一層熱いものへと変化した。これ、面白そうすぎ!
  

 あらすじ。
 初恋もしたことがない主人公ティエン。イケ面でモテモテのバイ。
 田舎暮らしのティエンは夏休み、都会へとひと夏の旅行へと出かける。そこで出会ったイケ面のバイ。恋という恋をしたことがないティエンはバイに惹かれるけれど、周りはバイだけはやめておけと皆口を揃えて止めにかかる。けれども一度火がついた気持ちは抑えることなんて出来なくて――。
 バイは"同じ相手と二度は寝ない"ということで有名。それを知っていたけれど、ティエンはバイと寝てしまう。シャワーを浴びた後部屋に戻ると部屋にバイの姿はない。ティエンは"自分も特別ではなかったのか"と落ち込み、初めての失恋の痛みを味わう。けれどバイは離れた後もティエンのことを考えていた。
 バイはティエンと結ばれるべきかどうか悩んでいた。けれどもバイには秘密にしていることがあり、そのせいで本気の恋人を作ることを躊躇ってしまうのだ。

 絶対に面白い!予告もかわいいんだ!特にティエン!
 こういうホモホモしい映画でここまで爽やかでかわいい話は今まで見たことがない。いつも鬱々としていて幸せにはなれない、という前提が付きまとうホモ映画の歴史をきっと変えてくれるだろう。
 男同士だって恋したっていいじゃない!と声を大きくして叫びたい。
 ちなみに大阪は梅田ガーデンシネマでのみ上映予定、公開日は12月17日より。お暇があったら是非!私も見に行きます。もちろん一人で・・・(涙)誰か一緒に行ってやってください・・・。こっちではホモの友達が居なくてさびしすぎる。誰か・・・。
  • URL:https://yaplog.jp/nobodyknows/archive/306
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。