紅茶作ってみたー完成&試飲

2019年05月30日(木) 21時26分
乾燥も完了して
何とか見た感じはそれらしく仕上がっている紅茶。



実は↑写真の手前の状態の時、待ちきれず試飲しちゃった。
「オーブンで発酵止めが終わってちょっとだけ置いた時点」で。
まだ乾燥が甘かったのですが、見た感じは完成っぽい雰囲気。
↓乾燥しきっていなくても、見た目がこんな感じ。



これでも出来てるように見える。気になる。乾燥が待ちきれない、試飲しちゃおう。
でも少ないし、試飲してたらすぐなくなっちゃう・・・。でも飲みたい!というわけで
試飲第一弾♪

ところが。やっぱり乾燥が甘いためか、茶葉がジャンピングしなかった(泣)
新芽が多く含まれているのでゴールデンチップ特有の産毛がいっぱい舞っておりました。が茶葉は大きいし乾燥甘いせいなのか舞ってくれない。
大丈夫かな。



カップに注いでみました。

さてお味は。





普通の和紅茶的な味&香り。
ジャンピングしなかったので、ちゃんとしっかり風味を出し切れていないと思うのですが
ガツンと系ではなくもうちょっと草っぽさのある細やかな感じです。
飲んだことある和紅茶の風味。
渋みはあんまりない。ダージリンよりキレもなくて丸い味。
舌触りは玉露じゃないけどそっち系の、舌の上をゆっくり通るような丸さを感じます(産毛の繊維質のためかも)。

「すごく好みの紅茶が出来た!」とはいきませんでしたが何とか紅茶です。よかった〜♪
何とか出来上がってそれだけで満足です♪
いつか自分で茶葉を摘んでみたいな、紅茶にしてみたいな、と思っていたのです。
念願がかなってよかった。

そんな一度目の試飲のあと、改めてしっかり乾燥させました。
次はジャンピングしてくれますように♪
と思って煎れたけど、またあんまりジャンピングせず。
茶葉が大きすぎるのかもしれない。

今度は飲み比べもしてみた。
左が自作紅茶、右は後楽園で販売されている、後楽園で作られた紅茶(ティーバック)を煎れたもの。



色は変らず。

同時に飲み比べてみたらびっくり。
家で作った紅茶、ずいぶん草っぽい。
ハーブティーのような草の風味も感じます。
良い意味でも悪い意味でも。
火入れというのをしないと青い風味がする、というネット情報もあったのですが
それがこれかと納得した風味。
このあとからでも火入れというのをしてみようか。
でもほんとに少しの量なのでいろいろ試しているうちに無くなる予感。
大事に飲まなければ。

頂いた貴重なお茶の新芽。



摘んで製茶作業をして。温度や湿度でもいろいろと作業の加減がいるはずです。
一滴も無駄にできないなと身にしみて思ってしまいました。

紅茶作ってみたーその2・萎凋〜完成

2019年05月23日(木) 23時40分
家に持ち帰った、摘んだ茶葉。



行く前に「自宅での紅茶の作り方」をネットで調べて手順は確認しておきました。
茶葉は摘んですぐ揉むわけではなく、一晩ほどかけて萎れさせる(萎凋)といいます。
なので茶葉は摘んだ後、家に持ち帰る間に蒸れたりもみくちゃにならないように気を付けないと。
そんな風にイメトレしていたのにウッカリしてたのです。
摘んだ翌日仕事だった。なんで休みにしなかったのか。

確認した紅茶作りの手順は
1・摘む
2・茶葉を広げておいて一晩ほど萎凋させる。重さが元の65〜80%になるまで。
3・30〜1時間ほど揉む
4・発酵止めの作業(120℃のオーブンで10分ほど)
5・乾燥

家に帰ってすぐ茶葉を広げて萎凋作業を始めたら。
揉む作業に入るのは翌日の昼間というタイミングになってしまう。
その時間は仕事に出かけてます
というわけで邪道だろうなと思いつつ摘んで帰った茶葉をいったん多少湿らせたキッチンペーパーで包んでビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存。時間調整。

摘んだ茶は118グラムありました。
その茶葉は翌日の作業に入れる時間を見計らって、寝る前に広げて萎凋に入りました。



葉と葉が重ならないようにするのが良いということなので
実直にそのように。

紅茶作ってみたーその1茶摘み

2019年05月23日(木) 22時20分
強風の吹き荒れた日にお出かけしてきました。
ずっと前から一度行ってみたいと思っていたイベントがあったのです。
向かった場所は日本3大名園の一つ後楽園。
お城に隣接する大名庭園であります。



広い広い園内には水路が巡り松の巨木あり梅林あり。
桜、ツツジ、杜若に八つ橋。蓮、紅葉、築山に能楽堂、和風建築。




そんな園内の一画には田んぼもあります。茶畑もあるのです。





その茶畑で「茶摘みまつり」が行われるのです。
茶畑の横で茶摘み娘さんたち(茶どころの中高生さんらしい)による踊りが披露されたあと、茶摘み娘さんたちが茶畑に入って茶摘みをします。

その様子を囲むのはアマチュアカメラマンのおじさま方。
一大撮影会になってましたが、一般参加者の茶摘み体験受付の列にすでに並んでいたワタシには茶摘み娘さんたちの茶摘みは遠くからチラリと見える程度。



暑いしかなりな暴風の日でしたが雨は降らなくてよかった。
茶摘みしたい人ってどのくらいいるんだろう?と思いながら向かったのですが
受付けにはあっという間に列ができ、あっという間に定員に。少し早めに向かってギリギリで間に合いました。

時間が来てさあいよいよ茶摘みです♪
人生初茶摘みなのであります。一芯二葉で摘むのです!





青空の下イベント-2

2019年05月14日(火) 22時38分
この白い小箱の中身は。



週末のイベントのお目当ての一つはワークショップでした。
クラフトイベントの会場で、いろいろなワークショップが開催されます。
ワタシが参加したのはガラス作家さんのワークショップ。

途中の写真は無くて、完成はこちらの箱の中。





作家さんの作られたガラスパーツのお花10個を摘んでお花ブローチ。
どーしても入れたいお顔パーツを一つ。
大好きな形のお花、好きな色。
選んでも選んでも他のパーツのかわいくて色も全部気になって、ウッカリしたら1日さ迷えます!!が!
次の方も待たれているのです!
のーんびり選びすぎても申し訳ないしキリがないのである程度思い切って
ええい、これだあ!!!

で、出来上がったのはこちらでございます♪



青空の下のイベント

2019年05月12日(日) 22時36分
すごくいいお天気で初夏のようだった週末。
お出かけしてきました。
毎回楽しみにしている大好きなイベントがあって。
欲しいものが多すぎてどれ買えばいいのか、どれは買わずにガマンするのか
考えすぎて迷いすぎてどうしていいか分からなくなって疲れてくるほど素敵なものがいっぱい。


で、連れて帰ってきたのはこちら。









今回は全て小皿。
大きいお皿にも心惹かれたのですがいろいろ考えているうちに
今回小皿ばかりになりました。
小皿が好きだし楕円のお皿も好きでここ数年、やたらと楕円のお皿が増殖。

ND★ルルド

2019年05月10日(金) 23時30分
10連休で配達の無かった郵便物。
連休前にお願いしていたお買い物があったので連休明けが待ち遠しかった。
今週のはじめにまずは一包み、イタリアから届きました。開けるのもソワソワ。

お買い物は小物が2点。
聖母子の額入り御絵(手のひらサイズ)と



ルルドのND(ノートルダム)のブローチ。




それ以外にオマケで付けて下さった小物たちもいろいろ入ってました。
え?!いいの?!ってビックリするほどのオマケでした。
そのうちの二つは大好きなルルドグッズ。
ハンカチと聖水。うれしすぎです。



NDのブローチは以前同じデザインの物を別のネットショップさんで見かけたことがあったのです。
その時にはもう売り切れていて、いつかまた会えたらいいなーと憧れていたもの。うれしいなあ。
パソコンの画面で見たので、すごく拡大された画像を見た状態でのお買い物。
手元に届いた実物は、なんとなく思っていた物よりももっと繊細で丁寧な優し気な雰囲気のあるものでした。

花の季節

2019年05月10日(金) 21時22分
去年の夏以降枯れこみが広がって、株の半分が枯れてしまっていた蔓バラ。
残っているほうの枝は今までと違って葉が茂らないから心配で心配で仕方ない。
最後の力を振り絞って最後の花を必死で咲かせているのだとしたら・・・と思ってしまう。
それでも蕾はたくさんついてかなりお花が咲きました。
なので株全体の体力が心配。そして栄養は上に上に向かうので、少しでも体力的に楽になるようにと、数日前にさらに枝先を切り詰めました。
さみしくなってしまったけど、無事今年を乗り越えてまた体力付けてくれるならもうそれでいい。



咲いてくれた花は部屋の中でも見たいし、体力保持のためにもと思って切って部屋に。





大好きな蔓バラ。


ラ・レーヌ・ヴィクトリア




紫の大きな花はトムトム。
深い赤のオールドローズはフランシス。







グラニーバッグ

2019年05月06日(月) 20時19分
GW中はとにかくお庭のお手入れがんばった。
何しろバラが心配で。
でも気がつけばいつものにぎやかな庭になってました。



野バラは元気。ピンク色の野バラに白い野バラ。
ビュンビュン伸びてお隣にはみ出すので、伸びたところをバッサバッサと切った。



野バラの枝ぶりって結構株ごとに違っています。
こちらはほっそりしていて茎もきれいな黄緑色。





それから手芸・・・って程でもない。
すごく簡単に作ったグラニーバッグ。



ちひさきものはみなうつくし

2019年05月03日(金) 20時55分

先日、手工芸作家さんが出展される露店イベントに行ってきました。
出会った茶碗。



色がすごく好き。



何となんと小さなもの。



ちゃんとろくろで、作家さんの本気で作られているのです。
ポッコリとまあるい形で外側が黒釉のお碗、内側は銀彩という贅沢さ。
体験コーナーではガラスの小物作りにも参加。
そちらは仕上がり後の郵送待ち♪

今年のバラ

2019年05月03日(金) 20時47分
庭の花の花束。薄ピンクなのはメインの蔓バラ。
濃いピンクはラ・レーヌ・ヴィクトリア。



いつもより小さいけど香りはそのままの蔓バラ。



開き方も変わらず。
カップ咲き風の花もあるしクシャクシャの花もある。
*プロフィール*
HN・のばら
小さい物と古いもの、
お裁縫、工作、お庭大好き。
お気軽にコメントくださいね♪
2019年05月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像あや吉
» 今までこれから (2019年09月18日)
アイコン画像のばら
» 今までこれから (2019年08月25日)
アイコン画像モタモ
» 今までこれから (2019年08月21日)
アイコン画像nobaracocon
» 1人飲み (2019年06月28日)
アイコン画像MILK_bar
» 1人飲み (2019年06月28日)
*好きをいろいろ*

*ほんとお気に入り*
月別