2009年09月27日(日) 20時06分
もう一週間も経ってしまいましたが連休は夫実家に帰省してきました。
みんなでウィーにはまって大笑いで盛り上がってしまった。
バランスをとるゲームいろいろとか、自分がするのも
人が妙な動きでゲームしてる所見るのも楽しかった
ウィー欲しいかも。


高速道路でも一般道でも幸い渋滞には引っかからず、気持ちのいい
旅でした。途中、浜辺にも寄り道。
お天気のいい日で海もすごくきれい。これが瀬戸内海?と思うほど
水もキレイな色で驚いてしまった。
わたしが子どもの頃から、瀬戸内海はあまりキレイな水ではなくて、
貝もそんなにキレイな物は見つけたことが無かったので、
あまり期待はしてなかったのですが!
かわいいきれいな貝をチマチマと発見
サンゴのかけらみたいな物も見つかりました。



愛媛の北条という所の浜辺です。ただあんまりにも整備された
きれいな感じの浜辺だったので、人口の砂浜っぽい・・・と
おもっていたらやっぱり人工的に整備された海岸らしい。
砂浜が波に浸食されて付近の道路が冠水したり、いろいろと
困ったことがあったために、整備されたのだそうです。
そんなわけで、もしかして見つけたキレイな貝殻は、浜に敷き詰められた
どこかほかの所から運び込まれた砂のなかに混ざってきた物かも??
なんて思ったりもしていますが。貝の種類ってよく分からないし
ほんとうにあの海に住んでいる貝かもしれない。
とにかくかわいい貝が拾えてうれしかった。



一番のお気に入り
「ウミウサギ」の仲間のような形の貝がら
ツルンとしていて、色はうすいうすいピンク色です。
もう一つ、同じような形で小さくて白っぽいのも拾った。



大好きなタカラガイっぽい貝の小さいものも好き。
小さいタカラガイ(?)はうちの砂場で拾える微小貝と似たな感じ。
でも海辺で拾えてうれしい。



巻貝とかいろいろもうれしい。
小さい小さい貝だけど、一つづつ眺めていたら大きさも時間も忘れて
見つめてしまいたくなるような、キレイで繊細な形です。



家に帰ってゆすいで乾かして何か入れ物に入れとこう・・・と
思って部屋を見回してこの入れ物にしまいましたよ。
この間の蚤の市で買ったフランスの入れ物。
アフタヌーンティーのティールームでもらってきた素敵な新聞の
上でパチリ






続きはテレビのことです(^-^)

「見ないふり」改善週間ー2

2009年09月22日(火) 22時28分
今度はカテゴリを「家とか」にしてみました。照明のことなので。
連休前のことですがわたしの部屋の照明器具を交換しました。

わたしの部屋の中央についていたのは普通の天井にピタッと
引っ付いたタイプの大きくて丸くて平べったい蛍光灯。
明るくて日が暮れてから作業するときには実用的でしたが
好みじゃなーい(T-T)
でも取り外し方が分からないし、とりあえず明るくて便利だし
そのまま使っていました。その後いろいろペタペタ貼ってちょっと
デコってみたり(こんな感じ)。

外し方が分からない・・・と思っていた蛍光灯でしたが
「ぐるっと回せばすぐに外すことが出来て、外してしまえば、
天井にはよくある引っ掛けシーリングの根元が出てくるのだ」
と聞き、もういてもたってもいられず、ムラムラと
外そう!絶対外してあのお気に入りの電笠を付けよう
という気になりあれこれ作業。

作業は残っていたのですがとりあえず取り付け。
点灯〜。



ああやっぱりこっちのほうが好きですごくホッとする。
前の家で使っていて、こっちでは少しの間だけ玄関で使っていた
電笠です。玄関から外した後、ずっと押入れにしまっていました。
大好きなあの照明をつけるところがない・・・。と心のすみっこで
さみしく思いながら過ごしていたのでした。
やっとほんとにわたしの部屋になった・・・と思えました。

さてさてここから少々小細工。長くなったので畳みます。

「見ないふり」改善週間−1

2009年09月19日(土) 20時04分
またDIYネタです。
工作とDIYとの差が微妙なあたりですが。
テレビ台の扉が壊れたままホッタラカシだったのですが
突然やる気になって作り直しました。
元々は10年位前にだんなさんが作ったテレビ台。
土台はガッシリ作ったのですが、扉がね(−−;)
片方の扉が外れてしまい、そのまま放置。
どっちの扉も閉めちゃったらリモコンでDVDを
操作できないから、片方外れっぱなしでもいいや〜って(^-^;)

棚の作り的には両サイドはDVDを入れる棚になっていて、
真ん中は2段。上段にはDVDの機械、下の段には
やっぱりDVD、あとリモコンとか。
扉片方なし、と言うだらしない状態の上に、中身のDVDやら小物が
ゴチャゴチャ小物が見えて冴えないことこの上ない状態でした
いろいろ考えて作業開始。あれこれ失敗したり間違えたりで
思ったより手間取ったのですが完成〜



元は真ん中で観音開きの、左右一枚づつの扉でした。
今回は真ん中の上段をオープンにして、両サイドと真ん中の下段に
扉を作りました。
扉、今度はめっちゃシンプルです。色はまた白。
とりあえず前に比べてすっごいスッキリ
部屋が広くなった気がするほどです(^-^)
見てみぬふりをせず、もっと早く直しとけばよかった〜。


木工一段落したあとは、物置と工作スペース(車庫の一角)の整頓。
余った端材や買い置きの資材、パーツをゴチャーっと突っ込んだ
ままになっていたと物置と、あれこれ突っ込んだままになっていた
小物いれを整理整頓。
材料の在庫がなんなのか、探すだけで時間かかっていたので
これで作業効率もアップするはず
それに庭の端っこのゴチャゴチャスペースも配置換え&手入れ。
自分の部屋に、お気に入りの電笠も取り付け。
これも、付けたいな~・・・と思いながら、ずっとそのままにしていた所。
キチンと片付くと気持ちもすっきりします〜。

焼き菓子と無花果

2009年09月17日(木) 23時02分
少し前、i久しぶりにパウンドケーキを焼きました。
週末に実家の両親が遊びに来ていたので、お土産にも
持って帰ってもらおうと思って。母がいつも喜んでくれるので。
助手さん(子ども)と一緒に作業。



パウンドケーキを作るときはバターの分量の3分の1を
オリーブ油にして作ります。
バター少なめ・・・と思うと食べるとき少し気楽。


コクのある焼き菓子になるといいな、具を入れたいけど
何を入れようかな、と思いながら冷蔵庫を見て
夏に作っておいた「桃のシロップ煮」を入れることに。
それと無花果。無花果は生だったので、そのまま入れようかな、
とも思ったけど軽く焼いてからお砂糖をかけ、お砂糖が少し
焦げてから果実酒をジュワッと回しかけて準備。

具は生地に混ぜ込んじゃうと焼き上がりには底の方に
沈み込んでしまうので、生地を少し流して→桃のシロップ煮を並べて、
また生地→桃のシロップ煮→生地一番上に無花果、
と並べて焼きました。
果実酒とシロップ煮のシロップも少し混ぜた。


ほんとは1日2日と経った方がシットリおいしくなるのだけど
朝から雨が降っていて肌寒い日だったし、焼きあがったケーキを
まだ熱いうちに切って食べてもらいました。
フンワリして甘くて、端っこはカリッと香ばしくなっていて我ながら
おいしく出来てましたよ(^-^)

母からは葡萄と梨をもらった。ああ、もう秋なんだと思った先週末でした。
そしてケーキはきのう完食。
次は無花果ぎっしりで焼いてみるつもりです

できた~♪

2009年09月15日(火) 23時15分
作っていた棚が週末に完成しました〜〜


ツヤありペンキを刷毛でコッテリ目に塗りたくりました。
日曜日に何とか塗り終えて、夜に玄関に運び込んで設置。
ムスメと二人で「やった〜〜素敵〜〜」と大喜び。
なぜか??ムスメがすごい気に入ってくれて「わたしの部屋にほしい・・・」
と言ってくれました。でもあげない~。やっと出来たんだもん(^-^;)
ふたりでウキウキしながら靴もしまって、拍手〜〜

と、していたのでしたが、ムスメが寝たあとでちょっと手直し。
どーしても扉部分の蝶板の付け方が気に入らなくていったん外して、
開けてたネジ穴には爪楊枝突っ込んで埋めて
あれやこれや悪戦苦闘しながら付け直し・・・。夜中の12時半くらいまで
かかっちゃった(T-T)で、玄関に再設置。就寝。
実際見た感じは大差ないんだけど、それでもね。下手は下手なりに
どーしてもここはちゃんと仕上げたい、と言うこだわりもあるんです。
でもやっぱりがんばってよかった。朝起きて朝日のいっぱい入る玄関で
靴箱を見てニ〜ンマリ&う〜っとり♪



何しろ木工はあんまりしたことないのであちこち適当なんですが
ペンキコッテリ塗ったからパテ埋めとか間違えたとことかも
わかんなくなったし(^-^;)わたしが作ったにしては上出来〜。
機能も大きさも見た目も、買ってくるよりも一番ピッタリ
そして家で余っていた木材も消費!
やっと木工が楽しい、って思えました。
夏休み中、何も作ってなくてウズウズした落ち着かない気分だったけど
すごーくスッキリ晴れ晴れした気分です。
眺めたり、靴を出したり入れたりして何度もニンマリ。
ムスメもすごーく喜んでくれて、うれしそうにちゃんと靴をしまっています。
作ってみてよかった(>▽<)

棚がほしくて

2009年09月11日(金) 23時06分
矢印の位置の隙間にピッタリな小ぶりな棚があったら・・・。
普段履く靴をササッと置くための棚があったら玄関も片付くし
便利なんだけど~と思い続けて1年半。



なかなか思っているのにピッタリな棚には出会えません。
なので思い立って棚を作っています。久しぶりの木工してました。
今回はミニチュアではなくてリアルサイズなので
わたし的にはかなり力作な木工です(>_<)


リアルサイズ作業中・・・。なんともゴッチャゴチャです
後ろのほうにあるのは工具用の棚(だんなさん作)。



いつもは家にある端材を組み合わせて何とか作る、を
目指しているし、今回もなるべく家にある材料を
駆使して作ってはおりますが。でもね、今回はちょっと楽しちゃった。
こういう棚の場合、同じ幅の中板をビシーっと切る、と言うのが
わたしには一番苦手、無理です。
なので最初にサイズを決めてザザッと設計図を書いた。必要なパーツと
どれだけ木材がいるかを確認してホームセンターに行き、
中板のためのコンパネを購入、それを考えたサイズにカットしてもらいました。
カットは無料サービス!!早い!そして何よりも正確!!!
なんてありがたいシステムなんだろう~~~と大感激。
カットしてくれたお兄さん、ハキハキしていて親切で感じの良い人で
それだけでも楽しい気分


もちろん家にある材料をメインで使うので今回もカット作業はあったし
いざ作業をはじめると、結局「あれ、ここはもう少し短いほうがいいな」と
言う所も出てきてカットし直しをしたりとか、あれこれ不手際続出。
二度手間なことを繰り返しつつの作業でした。
毎日グッタリですがワクワクしてます。
今日、何とかすべて組みあがりました!



夕方には色も塗りましたよ。明日もう一度、コッテリポッテリ目指して
重ね塗りします。あちこちずれてたりおかしいんだけど
自分ちのだもの。十分十分。

剪定

2009年09月04日(金) 22時55分
バラの剪定作業を進めてあと一鉢を残すだけになった。
一番よく咲くフランシスが今咲いているところ。このバラは
かなり早咲きなのでたぶん10月の秋のバラシーズンに
間に合うんじゃないかな〜〜と思って欲張って、蕾が
咲ききるのを待っています(^-^;)
9月10日ごろには思い切って剪定してしまおうとは思っています。

先日はお花のついてたヘリテージと桜貝、思い切って花も蕾も
切ってみた。そして花瓶に生けました。



↑の写真だと色味が似ているようですが、コロンとした丸っこい方が
ヘリテージでヒラヒラしたのが桜貝。

桜貝はこちらに来てすぐの頃に一目ぼれして買って帰った。
よく咲くし丈夫です。それに何より樹形が乱れにくいみたい。
直立性の株でまっすぐ上のほうに向かって枝が伸びるので、
支えも要らないのでお世話も楽。

色と形が好きで好きで仕方ないヘリテージ。
ヘリテージも今年、よく伸びました。
そして若干枝がしなるので何箇所かだけ支柱も立てた。
太いシュートも出ていて秋が楽しみです。
ヘリテージは花が開いたらあっという間に散ってしまう。
コロッとした形にたくさんついている花びらがバサ~~っと
落ちてしまう。
花びらがついたまま、変色しショボショボとしてしまうバラも多いけど
ヘリテージは花びらが汚くなる時間すらない。
咲いてから2日もしたらバサーっと落ちちゃう潔さ。
でもすごくさみしい。
わたしはショボショボになってもいいから引っ付いていてくれる
しぶといバラが好きです。
桜貝はしぶといタイプ。どこまでも心強いバラです。



残念ながら香りがほとんど感じられません。
最近の品種は香りの薄いものが多くなっているらしい。
前の庭のバラの香りが恋しいです。これぞバラ、といいたくなる
甘くてすっきりした幸せな匂いがした。
ヘリテージのような花が咲いて
桜貝のしぶとさと扱いやすさがあって
前の庭のバラの香りのするバラがあったら最高なのにな〜。

前の庭のバラ、ニュードーンと言うバラだったみたい。
また植えたいなあと思うのですがとにかくかなりな大株になる
つるバラなのでどこに植えるか・・・。決めかねたまま。

ガラス

2009年09月03日(木) 12時03分
この間、いつもの骨董市に行ってきました。
戦利品(戦ってないけど〜)はこちら。
今回はガラスばっかり買っちゃった。ガラス祭りです。




一個だけ、こちらはプラスチック。フランスのもの。
お気に入りのぷちサンプルの小物と一緒に♪



直径5センチほどの入れ物です。
いつも楽しみにしているお店屋さんのブースで見つけて
買っちゃいました。優雅な模様でシックなベージュ。軽くてかわいい。
こんなに素敵なのに安かった・・・。
古いものだと思い込んでいたのでお店の方には
聞いてみなかったので分からないのですが、もしかしたら
今の物なのかも??
フランスの薬局などで売られている甘味料の容器らしい。
昔からあるものみたいですが今でもこのパッケージで
売られている様子。
書かれている文字を検索してみたらいっぱいヒットしたのです。
ああ、フランスに行く機会があったら薬局に行っていっぱい
買い込んじゃうのに〜〜。

↑の容器は、左下の所に模様がなくスペースが空いていて
ちょっとバランスが悪い??・・・と思っていたのですが
検索したとき、同じこの甘味料の容器の画像を見ることが出来た
のですが、そのあきスペースの所に「PARIS」とか他にも
文字がチマチマっと入ったものがあった。他の模様は一緒。
模様がギッシリな感じで濃厚な感じでした。アルミ缶バージョンも
あるらしい。いつかほしいかも〜。

ガラスちまちま

2009年09月03日(木) 0時10分
その2です。

ちまちましたガラスの小物たち。
ガラスの瓶はもういくつもいくつも持っているのに
新しいものでも古いものでもとにかくガラスの瓶には
どうしてもフラフラと吸い寄せられます

それからチマチマしたガラス小物たち
それぞれお気に入りです

この瓶のラベルには英語が書かれているのですが怪しい。
なんか日本人が割りあい適当に綴った英文みたいな感じ。
こういう和洋折衷な雰囲気のラベルもすごい好き。
色もキレイな青緑色。




こちらもお化粧品の瓶。日本のものです。
「LAIT」と言うクリームの瓶。
ミルクガラスにカサカサになって風化していくアルミの蓋が
ツボでした♪



寒天のゼリーの型もまた3つほど。ピンク色のポッテリした
ガラスに黒い蓋のお化粧品の瓶も。
夏休みの終わりの
楽しい日でした。

秋のバラにむけて

2009年09月02日(水) 21時25分
先日、「バラの育て方・夏剪定と秋の花に向けてのお手入れ」に
ついての講座に参加してきました。
本は読んでいてもよく分からなくて疑問に思っていることもあるし、
バラ栽培のプロの方から剪定などお世話の仕方をうかがえる機会!

行ってみて剪定や肥料について細かく丁寧な説明もあって、そのあと
実際に剪定作業もしました。
肥料の配合とか、夏の肥料をあげる時期、剪定の時期、いろいろ
勉強になって、家のバラにもワクワクと肥料を入れて剪定も
はじめています。
どうもね、今まで、秋の花のためにやるべき肥料が少なすぎ
だったみたい。冬も少なすぎたみたい。
今年は肥料しっかり入れてみました。
今年の秋、10月のバラは今までよりもいっぱいキレイに
さいてくれる・・・といいな。





夏の剪定。
9月の1日前後に剪定すると、ちょうど、秋の気候が良くて
良い花が咲きやすい気象条件の時期ぴったりに
蕾があがってくるので、いい花が咲くらしい。
「今までの3分の2くらいの丈になるように」が大体の目安らしい。
今年の「2番花が咲いていた、充実した枝の充実した芽の上」
で剪定する。

9月1日前後にはそのときに蕾がついていたとしても
思い切って剪定したほうが10月に見ごたえのある花を
咲かせることが出来る。


のだそうです。
講座での実際の剪定のとき、これから咲きそうな蕾もいままさに
開きかけた花も全部切った。
家のバラだったら・・・もったいなくて絶対切れない
と言うことでかわいそうでもったいなくて、剪定したバラの蕾を
いくつかもらって帰っちゃった(*−−*)


細い枝を何本も残しておいても、その枝から伸びてくる「花のつく枝」は
その元の枝よりも細い枝しか出ない。
あんまりにも細い枝からはチマチマッとした花しか咲かない。
なので細い枝は切ってしまうほうがしっかりした花が咲く。
病気予防のために株の風通しを良くするためにも
弱小枝は切ったほうが良い


とのこと。なるほど。今まで秋の花はそれほど充実して
咲かなかったのは肥料と剪定が足りなかったんだ〜と
目からウロコでした。
今年は思い切って剪定していってます。あと2株で選定完了。

この間、よく行く園芸屋さんに、程よく華奢でいい雰囲気の
ミニフェンスが入荷していたので買ってきた。
冬には地上部はいろいろ枯れこんでいくし、構造物も
足したほうが、お庭のアクセントになりそうと思って。



続きは虫の話なので苦手な方はパスしてくださいね〜〜。
*プロフィール*
HN・のばら
小さい物と古いもの、
お裁縫、工作、お庭大好き。
お気軽にコメントくださいね♪
2009年09月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像あや吉
» 今までこれから (2019年09月18日)
アイコン画像のばら
» 今までこれから (2019年08月25日)
アイコン画像モタモ
» 今までこれから (2019年08月21日)
アイコン画像nobaracocon
» 1人飲み (2019年06月28日)
アイコン画像MILK_bar
» 1人飲み (2019年06月28日)
*好きをいろいろ*

*ほんとお気に入り*
月別