つよがりは いつだって 夢に続いてる。

May 27 [Sun], 2007, 22:47
名古屋やら横浜やらで盛り上がっている今日この頃、
一足先に大阪公演に参加してきましたよっと。
そう、大阪は大阪でも浜崎さんではありません。


2007.05.25(金) @NHK大阪ホール
YUI 2nd Tour 2007 "Spring & Jump"
〜CAN'T BUY MY LOVE〜 追加公演
18th Street


に参加してきましたよ。

もうね、この日は開演に間に合うか心配で心配で…。
仕事終わった後、速攻で地下鉄に乗り込み、いざ会場へ。
「本命のあの人の大阪公演の時も、こうして急ぐんだろうなぁ…」
なんて思いながら、会場に着いたのが18時20分。
ライブ前から息が上がっていたのは、言うまでもない。

ちなみに、開演時間が18時30分。
ギリで間に合った!と安堵した私の目の前に広がっていた光景…。


  あ、あれ? 何でまだこんなに人が並んでるんですか?


どうやら、建物の4階に位置する会場に行くには、
エスカレーターを使わなくちゃいけないらしく。
そのエスカレーターを昇るための列が出来ていたみたいです。

ワタシがその列の最後尾に並んだ時点で、18時25分ぐらい。
もうこれ、確実に開演が遅れますね…(汗。
お客さんの殆どが会場に入れていないみたいですし。


で、ここで恒例となった(のか?)ファン層チェック。

6:4ぐらいで男性のほうが若干多し。
年齢層的には、高校生・大学生あたりがメイン。

ってな感じですね。 ま、だいたい予想通り。
同世代の若者たちから支持を得ているというのも、
あながちウソではないなぁ、と実感。
かく言うワタシはYUIさんよりも2歳年上という微妙なラインに居ますが(爆。

とは言え、思ったよりも幅広い年代の方が
集まってたように思います。


そんなこんなでようやく会場内へ。
席は1階席ステージから見て右より。前から17列目あたり。

うん、思ってたより近いし、思ってたより見やすい。
ホール万歳!などと思っていたところで、開演!
その時の時刻、18時50分でした。



(以下、ネタバレ含みます)
(っていうか、かなーり長いです 爆)


このライブの感想を一言で言うとするならば、
YUIさんの魅力を再確認できたライブでした。

時に鋭く突き刺さり、時に優しく包み込む歌声。
こう言っちゃなんですが、彼女って歌が特別上手いわけではないと思うんです。
だけど、伝えることを伝えるための声・聴く者の心に響く声をしているなぁ、と。
何だか偉そうなこと言ってますが、要は彼女の声がツボだってことですよ。


そして、バンドメンバーと呼吸を合わせながら、ギターをかき鳴らす姿。
じっくりと前を見据え、そして時には目を閉じながら歌う姿。

…何ていうんでしょ、独特の存在感がありました。
正直、カッコよかった。


その一方で、MC時には相変わらず(爆)のたどたどしさを見せる彼女。
うん、これがいいんですよ。このギャップがいいんですよ。
要は彼女の素の喋りもツボだってことですよ。


そんなライブ中、
双眼鏡で彼女をガン見していたのはこの私ですが何か?

何を拝んでいたかって、彼女の眼差しですよ。
もうね、あれはヤバイね。完敗だね。
真っ直ぐに前を見つめるその視線の先には、一体何が映っているんだろう…?
何の狂いもない彼女の瞳には、一体何が映っているんだろう…?
…なんて、クサイことを言ってみるテスト。


あと、ギターのコードを押さえる左手ね。これもポイント高し。
本命のあの人が腹筋と足首なら、YUIさんは左手だ!
…って、そんな所ばかり見ている私はキモイですか、そうですか。



そして、実際にライブ行ってみて驚いたのが、
思ったよりゴツいサウンドだったこと。

彼女の楽曲って、シンプルなサウンド・アレンジが多いからか、
生バンドを従えて歌うとこんなにもゴツくなるんだなぁ、と
イイ意味で裏切られました。

とは言え、アコギ一本で聴かせてくれた「TOKYO」「Thank you My teens」は、
これぞYUIさんの原点と言わんばかりのステージでした。

結局、そのどれもが彼女の音楽であり、
譲ることの出来ないモノなんでしょうね。
まさに、“CAN'T BUY MY LOVE”(これが言いたかっただけ)。


まぁ、そんな難しいことばかり考えていたワケではなく、
楽しむところは楽しませてもらいましたよ。
ハッピーダンスとか、ビリーズブートキャンプとか、アフラックとかね(謎。


…終演後、会場内で流れていた「It's happy line」のオーケストラver.で、
ちょっとウルッと来ちゃったのはココだけの話。
この曲、歌って欲しかったなぁ。



いやぁ、今回のライブに参加出来て良かったですよ。
初めて参加したYUIさんのライブ。
あの眼差しにヤラれたYUIさんのライブ。

ただ、未完成な部分が少ながらずあったのが正直なところ。
だけど、それは言い方を変えれば発展途上、まだまだ上へいけるってこと。
これからも、その音楽にかけるひたむきさを失わずに
リラックス&マイペースで歩んでいって欲しいなぁ、と思った金曜の夜でした。




と、ここからは余談(なのか?)。


ツアーグッズは、以下の4点を購入。
ストラップ、缶バッチセット、マフラータオル、バッグです。
浮気ライブでもグッズをちゃっかり購入しちゃうのが私の性分(爆。





これだけ買っても、合計3500円ですから驚き。安いね。
…って、それで安いと思ってしまう私の感覚がおかしいですか、そうですか。
個人的には、パンフを発売して欲しかったなぁ、なんて思ったり。



と、もひとつ余談。

こちらの記事をご覧下さい。

  マイクテストで
  「ワン、ツー、スリー、フォー、エイトフォー、セブンイレブン」
  とおちゃめな小ネタを披露。


…って、そんなこと言ってましたっけ?(爆。

言われてみれば、そんなワンシーンあったような、なかったような。
でもこうやって文字にされると、何ともさむ(ry。
…あ、これは褒め言葉として言ってるんですよ?(笑。



と、最後の余談。

ちなみに、ドラムス担当はあの牟田さんなんですよ。
A museum時のドラムスを務めたこともある、あの牟田さんですよ( ̄ー ̄)ニヤリ




以上、ここまで付き合っていただきありがとうございます。
ホントはもっと書きたいんですが(まだ書くの?)、
とりあえず、今回はこの辺で。
  • URL:https://yaplog.jp/noayu-nolife/archive/472
P R
はじめに…
「no ayu , no life」な生活を送る社会人一年生の裏日記。
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
https://yaplog.jp/noayu-nolife/index1_0.rdf