近視の視力矯正にレーシックを行う

2012年10月18日(木) 13時15分
普段の生活の中で見えにくいという状態はあります。


近くを見ていて急に遠くを見る、遠くを見ていて急に近くを見るという時瞬間的にぼやけて見えることがあります。


ただしそのまま見ていると次第に正常に見えるようになってきます。


この場合は特に問題はないと思います。


でも人によっては見えにくい状態が続くということです。


これでは生活をするときに問題が出てくるので何らかの矯正をしなければならないということになります。



近視は近くを見るのには特に問題はないが遠方を見るときにぼやけてしまうというものです。


新聞を読んだり勉強をしたりという場合それほど苦にはなりませんが、授業中の黒板であったり、歩行中の標識をうまく認識できないことがあります。


メガネ等でで視力を矯正して生活しやすくすることになります。


ただし日常的には大変になるので別の方法で矯正します。


それはレーシックという手術になります。


これによりメガネなしで生活することが可能になります。




【全国健康保険協会】健診のご案内
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/7,0,21.html
協会けんぽの保健サービス、生活習慣病予防健診を紹介しています。