ジョニー・デップが気になる

September 05 [Mon], 2005, 23:21
どうも好きになったらしい、と気がついたジョニー・デップ。来日したときいてときめきなぜ、ときめくのよ?と自問して「もしかしてかなり好きですか、わたし」と気がついた。小さな子どもが二人いるというのは知っていたし、彼がとてもいいお父さんらしいのも、何気なく小耳にはさんで来たコメントで知っていたからそれだけで好感は持っていたのだけれど、奥さんが誰かまでは気にしないできた。が、ふとそれがヴァネッサ・パラディだと知って、一気に「さすがジョニー」と思ったのだ。私はあのエンジェル・ヴォイスのヴァネッサが大好きなのだ。いいわ、いいわ、なんて素敵なカップルでしょう、美しいわと一気に気に入ってしまった私。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」のデップが素晴らしかったことは今更言うまでもない。娯楽映画でありながらアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたという事実が、いかに多くの人を魅了したかということを証明しているのだもの。私自身もそれまで侮りがたしと思っていた彼の魅力を再発見した映画だった。たいして期待せずに見た映画で感動できるとなんだかものすごく得した気持ちになる(その反対もあるけれど)。元々、私は彼を気にしていていたけれど、それは彼が選ぶ出演作が私の好みと一致しやすかったからに過ぎない。けれどいつからか、あ、ジョニー・デップが出ているならいい映画なんじゃないかな?と思うようになった。それで「ショコラ」も観た。ちょい役でも気に入らない映画にはけして出ないデップだもの。風変わりな空気感いっぱいの「ショコラ」の中に、ジョニー・デップは甘いロマンスのかけらを添えて楽しませてくれた。そんな風に、私の信頼にいつも答えてくれる俳優さんだとは思っていたのだ。たとえば綺麗な色のグラデーションをみせてくれるように、彼は微妙な表情や仕草で演技の深みを伝えてくれる。ぱっと見、ハンサムじゃないところも好き。観てるとだんだんかっこ良くなってくる…それが役者さんの真髄だとすればジョニーはまさにその真髄を魅せてくれる人。そう思っているからには私は確かにこの人を好きなのに違いない。たぶん、きっと。

■プロフィール■
■語り手:かりん■
■趣味:着せ替え人形の収集■
■家族構成:オット、娘、息子■
■住処:東京■
■招待:人形姫
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最大の、信頼できる

ネットショップ

人形も取り扱っています!

サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ

ご存知

ロボクリスさんの

楽天ショップ

Click Here!

マザーグースの

可愛い雑貨屋さん

エレガントな雑貨店

Click Here!

ネット通販手芸店としては

最大手

ニットに強い手芸店

ホームページ開設を

お考えなら

オシャレ&オチャメな子供服

ベビー服と雑貨が充実!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ningyouhime
読者になる
Yapme!一覧
読者になる