ランドセルを探そう

October 24 [Mon], 2005, 19:55
明日は息子の就学児健診色々な不安を抱えての入学だけど、だからこそ希望をこめたひとつひとつの支度を整えてあげたいと心から思う。最初に思い浮かぶのはランドセル。娘の時には迷いがなかった。数人のお友達から「もうどのランドセル買うか判ってるわ」と笑われた通り、娘は迷いなくメゾピアノのピンクのランドセルを選んだ。それまでの娘の人生を通して貫いて来た主義主張にあまりにふさわしかったので、私とオットはもとより贈り主の義父母さえ反対は一切せず。今だとシャーリー・テンプルのピンクのランドセルにも心が揺れるけれど、外側に苺のアップリケ、内側に苺の布張り、蓋の鋲も何気なく銀色の苺なインパクトを思えば、やはり娘はこれを選んだことでしょう2年後の息子には同じメーカーの鮮やかなブルーのランドセルをと当時は思っていたけれど、いざとなると心は揺れる。男の子のおしゃれってただでも難しいけれど、特に鞄関係靴関係は、なにげにこだわりがあると絶対おしゃれこんなのはどうかな かなり胸にドキュンと来ました ちなみにオットはこれと似たタイプのキャメルカラーの鞄で通勤しています。お揃いっぽくなっていいかも。     カジュアルだけれど、こんなのもいいかもでも一番心惹かれているのは

男の子の買い物って難しい

October 07 [Fri], 2005, 23:00
朝、軽く役員の仕事をこなして一旦帰宅してそれからまたすぐ街へとびだして色々買い物。息子の通園用に使っていたリュックサックが破れてるのだ何事にもこだわる性格の私は、当然子供達の持ち物ひとつひとつにもこだわっているのだけれど、選択肢が広くさまざまな商品展開がある女の子ものと違って、男の子グッズって難しい無難でまとめたらみんな地味で暗〜くおさまっちゃうのが男の子ファッションだ。シックっちゃあ、シックなんですけどね…つまらないと言えばまたこれがとんでもなくつまらなくなるのだ結局ネットで検索してブーフーウーのバッグパックに心惹かれたので決定してしまいました。色々迷ったけれど、決めてみるとかなり納得。私が選んだのは右下のカーキ色のもの。9月に息子の靴で黒白市松模様のスリッポンを写真アップしたけれど、実はあれからまた一足別柄も買った。これが渋く可愛い四葉のクローバー柄なのだポツポツと苦しみつつ息子の可愛いファッションの為に頑張る私。レインコートなんかはこうだし、普段かぶらせているキャスケットにもこだわっています(鼻息)こんな溺愛する息子に毎日持たせる新しい水筒も悩みの種………。ワンタッチでポン!と上にストローが出てくるタイプが息子には使いやすくさんざん探すもその形式で気に入るデザインのものがな〜いなんというか、自分の長靴を探すにしろ子供のものを探すにしろ、そのたびに私は日本のメーカーのデザインセンスの貧困という壁にぶち当たってよろけてる気がする

エスペランサ

September 18 [Sun], 2005, 23:57
暑い昨日も実に暑かったけれど、今日もまたかなり暑い。まだまだ夏が踏んばって居座ってる感じだ。蝉もうるさく鳴いてるしさ。そんな中、少し買いたいものがあって新宿へ連れて行ってもらうことにした。そこでまたしてもサンダルの紐が切れる。昨日と同じサンダルをある覚悟をもって履いてみたのだ。これで駄目なら本気で冷たいクレームの手紙を書こう、と。そんなことにならなければいいなあと願っていたのに、昨日,縫い直して補修したほうとは反対の靴もまた紐が切れた、というより底部に接着されていたものが見事にすぽんと抜けた。笑ってしまった。とりあえず近場で靴を買う。とっさに一番近いお店が「エスペランサ」だった。懐かしい。まだまだ私が乙女だった頃…そう考えるともう20年も前くらいですが私は神戸三宮のこのお店でしょっちゅう靴を買っていた。神戸は靴屋さんがたくさんある街でもある。当時は派手な靴がはやっていて私はいろんな靴をいろんなお店で買っていたけれど(シックなものから派手派手愉快なものまで)圧倒的にエスペランサに頼っていたところがある。どういうわけだかものすごくはき心地がよく、大変足にしっくり馴染むからだ。他の誰かがそう褒め讃えているのを聞いたことが無いから、たぶん私が特にこちらの商品に合う足形なのでしょうでも最近はとんとご縁がなくなっていたわけで、数十年ぶりに敷居をまたいだ店内は目もくらむような若い女性達(かなり派手で露出度高い)でいっぱい、場違いなことおびただしい。そそくさと本当〜に店先の棚に並んでいるセール品から一足まだしも地味なのを選んで試着(靴でもそういうのだっけ?)…とたんにそう、思い出したのだ、驚くほどの履き心地感を…しっくり足に馴染むそれをその場で買って履いて、今日1日を過ごしましたとさ。これでも地味。でもフェイクファーな地にラインストーンが貼付けてあるところがとっても好み!かかとは透明でクリスタルな感じ。ついでながらこれは最近息子に履かせている靴。彼にはスリッポンが一番で、適当に選んだのだけど案外かなりオシャレに見えるのでもう一足買い足してもいいかな、と思案中。

チョコホリックのお店

August 25 [Thu], 2005, 23:58
先々週、サファリパーク内で乗馬体験をしたときの娘。

台風が迫って来てるというのに、代官山に行って来た。オットが私のためだけにとスローガンを掲げて休みをとり、連れて行ってくれるというのである。ところが台風が近付いて来ているため結構な雨が降ってるじゃないですかこんな中、子供達を連れてはただでも歩きにくい気がする街に強行軍しても最終的には私がつまらない気がするkara
朝起きるなり予定を却下。が、オットは予定変更、ということをなかなか受け入れられない性質な人。結局、なんだかんだ言って雨の中連れ出されてしまった。
でも,行ってよかった!
私が代官山にこだわっていたのはいつも大好きな雑貨、チョコホリックのお店があるからである。今までに2回、前をとおりかかったけれど今よりもっと子供が幼く暴れん坊で、とても中にはいる勇気が出なかった。けれど、最近ますますチョコホリックの雑貨は素敵になる一方だし、子供達も分別がついてきたから夏休み中に是非行きたいと願っていたのだ。期待の店内に一歩はいるなり胸がたちまち雨の憂鬱を忘れます。早速ラグジュアリーなコットンケースとキラキラのジュエルストーンが素敵な壁時計とフックを色違いで2個購入

可愛い薔薇のキッチン雑貨

July 22 [Fri], 2005, 21:32
薔薇のキッチンツール 私のお料理意欲を高めるための必需品。メラミン樹脂(耐熱120度)でできています。                                                                                     どうなることかと不安だったけれど、奇跡的に息子が回復。おかげで午後から5時間もシッターさんのお宅に預け、娘と二人で表参道まで出掛けることが出来た。バレエ学校に集合して、発表会のための通し稽古をみっちり3時間。親が付き添えるのは集合場所までで、あとはお姉さん方とお友達同士の助け合い、である。もちろんお世話役のお母様方も数人いらっしゃるのだけれど、それにしてもこういう面でもバレエっていいなあと思った。お姉さん達が小さな女の子の面倒をかいがいしくみてくださる様子はとても微笑ましくて美しい光景なのだ。

クラシカルホワイトドレッサー

July 21 [Thu], 2005, 21:06
素敵クラシカルホワイトドレッサー 娘用にと思わず買いたくなったドレッサー。今、セールでこんなに可愛いものが¥19800元が¥29500だからかなりお得。 内心はシンプルモダンが好きだけれど、新婚当初そういうインテリアにしていて飽きた私…シンプルは飽きがこない、というのは私の場合キッパリ当てはまらなくて、ずっと生きてていつも好きなのはクラシカル&エレガントでありました。なので終生、もうそういうインテリア方向で行くときめたので、これはかなりツボ。 でももう一件家を持てるなら、ミッドセンチュリーなインテリアにもかなり憧れているし、純和風な家も建ててみたい。お金持ちになったら、あちこちに家を建てて遊ぶ…壮大なスケールをの夢を暖めている私。ま、せめてドールハウスでも作って生きましょうか            昨夜、突如息子が発熱。あっという間の39度の高熱に、これがもしや噂のプール熱というものではないかしらんと青ざめる。こうなるとインテリアどころではない。

梅雨が待ち遠しい!?

June 07 [Tue], 2005, 18:05
実際はもっと渋めのブルー。一目惚れして衝動的に買ってから、chocoholickさんのものだったと気がついた。水色チェックや苺柄、ストライプに水玉などもありました。
こちらは輸入もの!写真で見ただけでどうかなと思いつつ買ったけれど、実物は写真より全然素敵だった

もともと、自分一人で歩くなら雨の日だって嫌いではなかったその昔,私はお気に入りの傘を何本も持っていて,それらは本当に折々に色々な場所で見つけた私なりの逸品で自慢のだったので,雨の日にその中のどれかを気分や着ている服に合わせて選んでさして歩くのが本当に好きだったのだ。(大荷物でさえなければね)
俄然,雨が負担で気が重いものになりだしたのは出産してからである。もはや傘を楽しむゆとりなどない。傘どころか普段の服装すら楽しむゆとりがなかったのだもの
子供が幼稚園入園するまでは雨の日はとにかく外出しない、という信条で生きるようになって数年。娘の入園で致し方なく苦難の旅に出る日が続くようになる。娘がもうとんでもなく雨嫌い。傘をさし,赤ん坊だった息子を抱く私に手をつないでもらえなくて泣きながら歩くから,私も本当に憂鬱だった。日本の梅雨を恨み、忌み嫌って来た。この数年はとても長く感じられたと思う。いつの間にか自慢の傘は古びて(ささないで放置していると質感が変わる)ひたすら私は雨の日の足元の不快さに気を向けるようになった。
一昨年は無難なレインシューズを買ってみたがときめかず,浅めタイプだったのも災いして川沿いのぬかるんだ道を歩くのには最悪だった昨年、これは絶対長靴、本気で膝ちかくまでカバーしてくれる長靴がいると心に誓った。いつしか子供達は泣かずに雨の中も歩いてくれるようになり、ようようにして私も僅かずつながら心のゆとりを持てるようになって来たらしい。魚屋さんみたいなのじゃない、おしゃれな長靴を見つけたいと思うようになる。が,中々そういうものがない。なんとこの娯楽大国、オシャレ大国日本は長靴業界において大きく遅れをとっていることが判明!おしゃれな女達を満足させる長靴を作っているメーカーが日本には本当にないのだ探しているうちに昨年の梅雨は終わった…。。。
■プロフィール■
■語り手:かりん■
■趣味:着せ替え人形の収集■
■家族構成:オット、娘、息子■
■住処:東京■
■招待:人形姫
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最大の、信頼できる

ネットショップ

人形も取り扱っています!

サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ

ご存知

ロボクリスさんの

楽天ショップ

Click Here!

マザーグースの

可愛い雑貨屋さん

エレガントな雑貨店

Click Here!

ネット通販手芸店としては

最大手

ニットに強い手芸店

ホームページ開設を

お考えなら

オシャレ&オチャメな子供服

ベビー服と雑貨が充実!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ningyouhime
読者になる
Yapme!一覧
読者になる