チャーリーとチョコレート工場

September 23 [Fri], 2005, 23:25
念願の「チャーリーとチョコレート工場」を観に行った。ティム・バートン監督だからと期待した通り、色彩コントラストのはっきりした映像、細かいところにも凝った道具立てがまずとても楽しい。登場人物全員がとにかく台詞より顔の筋肉で演技するのだ…つまり表情が豊か、ということだけれど回りくどい説明的な台詞がなくてもまず最初に役者がする目つき(鋭かったり、ぼんやりしていたり)口回りの微妙なこわばり方緩み方でまず大まかな性格が視覚的にさっと察せられる。狡猾な人、人間的に品がない人、厳しい人、慈愛の人、というように…それがあって言葉でさらに登場人物の性格が肉付けされていく感じである。ファンタジーとウィットに満ちた内容はただただ楽しい。ウンパルンパの歌と踊りには本当に魅了される。魅了といえば当然ジョニー・デップ。ああ、ここまで変になれるなんてとにかく変、髪型が変本当はこんな感じの人なんですが。ウィリー・ウォンカは私にはマイケル・ジャクソンに思えた。チョコレート工場はさながら彼専用のテーマパークでその中に住んでしまっている。傷ついた想いでいっぱいの心を抱えてナイーブに美しいものを愛おしみ、醜いものを憎みながら生きている。そして少し高い声で落ち着きなく、時にはすがるように喋る。私を魅了した「パイレーツ・オブ・カリビアン」のデップの演技がキース・リチャードをモデルにしたとのことだからというわけではないのだけれど、それでもこのウォンカ氏はマイケル・ジャクソンそのものじゃないかと映画の中盤前から思ってしまった私だが、最後にウォンカが彼の心の傷の源である父親と向き合う選択をするところで、ますますそう思ってしまった。(これは原作にはないエピソードでバートン監督があえていれたオリジナルだそうだし)ちなみに父親役がクリストファー・リーというところもなにげに豪華でよかった。
楽しい映画はいつどこで観ても楽しいには違いないけれど、やはり環境も大事で本日も相棒は気の合う友達。彼女は美しい着物姿で登場、せっかくなのでいつも行く近場の映画館ではなく六本木ヒルズのヴァージンシネマに足を運んだのだ。子供をおのおのオットにあずけ、いつものように幼稚園のお迎え時間を気にしない休日を過ごせるのって、本当に素晴らしい!大体この場所自体に子供が絶対数で少なく、あんまりチョロチョロしてなくてうるさい声もしないのがまた素晴らしくいいのだ(って、私って本当に子供嫌いなんだなあと実感)映画館の売店にはビールとグラスワインの赤、白がある。当然私はワイン、友はビールを確保して座席に座る。つまみがないことと(ポップコーンじゃいや)、映画が始まるまでの予告が長くて長くて、それまでにワインを飲んでしまい、お変わりを所望するにもその術がないことが残念でした(そこまで望むなって、ことですね)
カメラを持って行かなかったばっかりに友の美しい着物姿を残せなかったのが残念。うかつでした
Keita Maruyama,ANA SUI、ルル・ギネスのお店を覗いて楽しみ、毛利庭園を散策してから帰宅。心豊かになる休日でした。
  • URL:https://yaplog.jp/ningyouhime/archive/292
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
■プロフィール■
■語り手:かりん■
■趣味:着せ替え人形の収集■
■家族構成:オット、娘、息子■
■住処:東京■
■招待:人形姫
2005年09月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最大の、信頼できる

ネットショップ

人形も取り扱っています!

サーチする:  
Amazon.co.jp のロゴ

ご存知

ロボクリスさんの

楽天ショップ

Click Here!

マザーグースの

可愛い雑貨屋さん

エレガントな雑貨店

Click Here!

ネット通販手芸店としては

最大手

ニットに強い手芸店

ホームページ開設を

お考えなら

オシャレ&オチャメな子供服

ベビー服と雑貨が充実!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ningyouhime
読者になる
Yapme!一覧
読者になる