titlebegin マイク-ダントーニ50

July 19 [Wed], 2017, 16:50

オーナーの意思
チェンバレンの怪記録の多くはフィラデルフィア-ウォリアーズ時代に打ち立てられているが、これはゴッドリーブ球団オーナーの意思がチームの戦術に大きく反映されていたからである。ゴッドリーブはチェンバレンが点を取れば取るほどチケットが売れると考え、チームにチェンバレンがより多く点を取らせるよう指示していた。
評価
彼を「勝者」と呼ぶか「敗者」と呼ぶかは現在も意見が分かれている。個人としては当時獲得可能なタイトルは全て手に入れており、優勝も2度果たしているが、より多くの優勝のチャンスに恵まれていたことも確かであり、彼と同時代に活躍したラッセルはチャンバレンとの直接対決を制したのも含めて11回の優勝を成し遂げている。また彼はしばしば「利己的」と批判された。しかし同時代の選手が皆一様にラッセルとの対決を恐れたのも事実である。ラッセルもその例外ではなく、またウォルト-フレイジャーはチェンバレンを賞賛の意を込めて「狡猾である」と評価した。また殿堂入り選手で270ポンドの巨漢センターとして知られたボブ-レイニアは彼のキャリアで最も忘れがたい場面についてこう語っている。「それはチェンバレンがまるでコーヒーカップを自分の好きな場所に置くように、私を持ち上げて動かした時だ」
  • URL:https://yaplog.jp/nikeaj5/archive/353
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナイキジョーダン
読者になる
2017年07月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる