アイアンバロンのアシスタントバンド

2011年10月08日(土) 8時00分

お友だち犬が寝たきりになったり
介護中になると、決まってみんな‥

この、アイアンバロンの介護用胴輪
「着たままねんねのハニカム胴着」を着用し
そうして、看病されている姿を見てきました。

チェック柄やギンガムチェック、動物柄
いろいろな種類があるのですが‥

どうしても、これを着用させてしまうと
もう、後戻りできないような気分になって
悲しくてイヤだったのでした。

そんなへんな感傷で妨げられてしまい
現実が直視できなくて‥それで、

正しい評価が出来ていなかったのだと
今、まさに、そう思っています。


だから、こうした理由で、この胴着は
ニコラには着せたくはなかったのでした。

この、私のおかしな感傷が邪魔をして
一度は注文しようとしたブルーの動物柄は
最後のレジに向かうのクリックが出来なくて
ついに、買わなかったのでした。

それで、ウェッブマスターハーネスを使い
今までどおりでいればいいのだと、思って
いました。


ところが、ニコラを空中につりあげて
ハーネスを使うと、ベルトの部分がくい込み
ニコラの体に障ると感じました。

様子をみていた弟もおなじように思ったらしく
このハーネスはニコラの体に負担だと指摘を
受けましたが、私は今のままでいいと
言っていました。ところが‥

弟が検索して、アイアンバロンの胴着
夏仕様の「着たままねんねのハニカム胴着」
を、注文して、ニコラにプレゼントして
くれたのです。


ずっと、こちらのほうが楽だよ。
ニコラが苦しくないと思う。

と、言われました。
この、夏仕様の「着たままねんねのハニカム胴着」は
レビューなど見て、体重やニコラの胸囲などから

Mサイズを注文したのでしたが、体型的に
ニコラは胸板が厚いので、いつも洋服の類いは
難しかったのです。

アイアンバロンのニコラのサイズは、
SとMの中間のSMのような大きさなのですが
今回のMは、大きかったと思いました。

私の腰痛ベルトとおなじでした。
SMなんでしょう。
そういうの、売っていないのだけれど。


ですが、この、アイアンバロンのハニカム胴着は
さすが‥です。

侮れない、見くびれない素晴らしい設計だと
思いました。
レトリーバーの介護における日常生活の
細部に及ぶ考察によるデザインだと
実感しました。

この、2カ所の取っ手の扱い方で
もう、私の腰への負担もなく、いとも簡単に
ニコラを起き上がらせることが出来て

お控えなすって!の仁義ポーズも不必要で
ほんとうに、介護しやすい重宝な
「着たままねんねのハニカム胴着」だと
思いました。


  • URL:https://yaplog.jp/nicola-candb/archive/2109